海とママの秘密

<< | 2017-04 | >>2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ミステリアスな石

奈良の明日香地域には幾度か訪れたけど

今回紹介するのは初めて見た物

石舞台から北へ向かうと小高い丘の上にある竹やぶに突如現れる謎の石があります。




IMG_6711_convert_20170420214618.jpg



2017-04-007_convert_20170420221707.jpg



その史跡へ行く途中に復元された石垣

さらに竹林を進むと「酒船石」と書かれた石の下に

大きな大きな石


IMG_6712_R.jpg


IMG_6713_convert_20170420223011.jpg



IMG_6714_R.jpg




石の長さは5m、幅2.3m、厚さ1mの花崗岩のこの石は酒船石と呼ばれています。

宇宙人のメッセージを思わせるような模様が特徴です。

昔お酒を搾(しぼ)るのに使ったとか、

薬を使うのに使ったとか色々な説があるようですが実際の所は謎です。ただ、

この石の近くで水を引く土管や石棺が発掘されていることから、

この石に水を引いていたのは確かなようです。側面には石を割った跡があり、

近年他にこの石を流用したようです。

(HPより)

ナスカの地上絵を思い出させるような溝が掘られた石

これを加工するだけでも凄い技術だったんでしょうね

何か液体を流したんだろうとは思うけど

本当の所は何に使われてたんだか。。。。

長い時間この竹やぶで野ざらしにされてたのね。



もう一か所は竹藪を下りた所



IMG_6705_convert_20170420214413.jpg



 2000年にこの酒船石から北西約75メートルのところに発掘されたのが

小判形石造物と右の亀形石造物です。



IMG_6706_R.jpg


最初にこの2つの石が発見された為、

丘の上にある酒船石から水を引いていたのではないかと推測されたのですが、

このすぐ横から湧水施設が発見され、

酒船石とは別の遺構ということが確認されました。

この辺は水が豊富で地下から水が湧き、

その水が小判形、亀形、そして北に伸びる溝に排出されていたようです。

しかも小判型から亀形に流れる水の穴は小判形の底下から8cmほど上にあり、

不純物が沈殿し綺麗な水だけが流れるように工夫されていたようです。


(HPより)


これもねぇ、何だかとてもユニークなデザイン

これも、位の高い人が何かの儀式に使ったとかも想像してみたり。

明日香の地にはまだこういう謎の巨石がゴロゴロしてるみたい

少しずつ、回ってみたいなぁ。

海くんは出番が無かったけど

お知らせがあるらしいですよ



F0umnoRrffwXI1B1492691284_1492691356.jpg


言わんのか~~い!(爆




スポンサーサイト

夫婦仲良く



奈良観光はお昼ご飯を求めて移動します

途中でケロママさんが見てみたいとおっしゃってた

天武天皇・持統天皇陵へ立ち寄ります


IMG_6700_convert_20170419230559.jpg


こちらも田園の道路沿いに小高い山として存在しています



「天武天皇と持統女帝の合葬陵です」

律令国家の形成という壮大な夢を夫婦で成し遂げ、

いまは同じ陵に眠っています。

文暦2(1235)年に盗掘にあったと記す『阿不幾乃山陵記』によると、


全長約7.5mの横口式石槨の中には、

金銅製の棺台の上に置かれた漆塗り木棺と、

金銅製の外容器に銀製の骨蔵器があったといわれ、

前者が天武天皇の棺、後者が持統天皇の火葬骨を納めたものと考えられています。

(ガイドブックより)

天武天皇と持統天皇は亡くなってからも一緒のお墓に眠ってるなんてねぇ

夫婦仲が良かったことがわかります。

昨今は別べtのお墓に入りたいと言うご夫婦も多いみたいですが




IMG_6701_convert_20170419230644.jpg


こちらのご夫婦はいかがなんでしょうねえ(爆

うちの場合はただいま検討中という事にしておきます


そして、たどり着いたのは朝に待ち合わせした石舞台

駐車場に併設してる物産館と農村レストランへ入り

パパさんチームは古代米カレー



IMG_6702_R.jpg



ママチームは古代米定食



IMG_6704_R.jpg



お野菜やお豆腐の小鉢がヘルシーで

鹿も美味しい!

時間も無い事なので次に移動です

明日香村にはまだミステリアスな見どころが沢山ありますよ。



おまは昨日の日本語教室

ただいま16名の実習生がいて大所帯。

20代のヤングな方々のパワーに振り回されていますよ

4月生まれの実習生が3人来たのでお誕生会。

何時もは4~5人なんでケーキを買ったりもしますが

16名となると中々のお値段になります

なので!!経理のF女史とパンケーキケーキを作ろうと言う事で



IMG_20170419_172810_870_convert_20170419225439.jpg



即席ケーキの出来上がり。




IMG_20170418_151710_convert_20170419225502.jpg


一瞬で消えてしまいました(笑




PHPMXZAK6GJgb661492616395_1492616451.jpg



パンケーキを焼く間

いい香りに海クン、ソワソワだったよね。






古墳パワー(*^^)v

今日はとても良い報告からです

煌ママさんのお宅から脱走していた来楠ちゃんですが

昨日無事に保護されました

ご心配・応援いただいた皆様には心より御礼申し上げます



KOdfnlcKixVfYm01492527018_1492527085.jpg


来楠ちゃんが彷徨っていた期間は

福岡、悪天候でしたが怪我もなく元気でいたようです。

本当に良かった~~


これで安心して奈良の旅の続きに行けます。

飛鳥寺でお勉強をした海くんは

高松塚古墳公園でお散歩に向かいました。



IMG_6699_R.jpg






IMG_6695_R.jpg



綺麗に整備された遊歩道を足取りも軽く歩く海くん。

よほど調子がいいのでしょうか

久しぶりに、楽しそうに「あっこ~」も言わずにズンズン歩きました

こちらの方が心配になるぐらいに元気です。

皆を誘導して先頭さんを歩いてますよ。



IMG_6693_R.jpg



菜の花が見事!

これで桜が咲いてると言う事無いんですけどね。



IMG_6698_R.jpg




7世紀末から8世紀初頭にかけて築造された終末期古墳で、

直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳です。

当初は、盗掘を逃れて残っていた銅鏡などから7世紀末から8世紀初めの

終末期のものと推定されていましたが、

2005年の発掘調査によって、藤原京期(694年~710年)の間と確定されました。

被葬者は特定されておらず、

1.天武天皇の皇子説、

2.臣下説、

3.朝鮮半島系王族説

の3つが主な説です。

1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目され、その壁画は教科書等でもお馴染みです。
(HPより)


img_02b1_convert_20170419001854.jpg
(参考資料より)


この資料館にも海くん達も一緒に入れました(凄い!

中はレプリカの壁画ですが教科書で見て記憶にしっかりと

焼き付いてるお馴染みの画ですね。



WBkeEpEIdzEKEZH1492527114_1492527162.jpg


いっぱい歩いた海くん、

石のベンチでクールダウンです。

ボチボチお腹の虫が騒ぎ始めてきたところで

ランチをするところを探して移動です。


勉強家・海くん

飛鳥路からのスタートでしたがちょっと間が空きました。

ボッチラと再会(汗

石舞台から移動して日本最古の大仏があると言う「飛鳥寺」へやってきました




9gr3EqSilH7uTFK1492444745_1492445394.jpg



こちらのお寺はバッグに入ってるとワンコも一緒に見学できます

奈良は世界遺産でもワンコが入れるような所も多くて

とても寛大な土地だといつも感心させられますね


ZACein5EqOhh8Cu1492446178_1492446238_convert_20170418012531.png



咲ちゃんも新アイテムに格納されて準備できたようですね(笑




IMG_6660_R.jpg


IMG_6661_R.jpg



やはりこちらも桜は蕾が多くて花は期待できず。。。。



IMG_6681_R.jpg

飛鳥寺に着いて少しお勉強です

 飛鳥の代表的なお寺の一つに飛鳥寺があります。

ここは596年蘇我馬子が発願して創建された日本最古のお寺です。

寺名を法興寺、元興寺、飛鳥寺、で現在は安居院と呼ばれています。

奈良市にある元興寺は平城遷都と共にこのお寺が移されたものです。

このお寺はひっそりと建っていますが、近年の発掘調査では、

東西200m、南北300m、金堂と回廊がめぐらされた大寺院であったようです。

現在の建物は江戸時代に再建した講堂(元金堂)のみを残します。

(HPより)

このお堂の中にも海くんも入れます




2017-04-04_convert_20170418013236.jpg

(右の図が元々のお姿らしい)

 講堂の中には、本尊飛鳥大仏が祀られています。

606年に推古天皇が中国渡来した鞍作止利仏師に造らせたそうで、

東大寺の大仏よりも150年年上で、顔を比べると東大寺大仏よりもきつい感じがします。

又、飛鳥大仏の特徴として手の指と指の間には

水鳥の足のようにひだがついていて繋がっています。

これは、何人たりとももらさず救い上げるという仏の教え表しているそうです。

この飛鳥大仏は2度の金堂消失と一時期雨ざらしにされていたことによりかなり破損し、

頭と指しかなかったのですが発掘により、

様々な部分を見つけ修理していきました。つぎはぎが見えるのはその為です。

(HPより)

大仏様もお堂の中も撮影OKなのも親切ですね

少し人が集まれば飛鳥寺のご説明をしてくださるんですが



TMlxkOFFOn5zsiB1492445578_1492445760.png



だれよりも真剣にお話を聞く海坊ちゃま。

その真剣な眼差しにお話しされてる方も

途中から吹き出すし、他の観光のお客様も大爆笑



MDRrzangTWut_nx1492445790_1492445820_convert_20170418012459.jpg


社会見学の鏡のようなか行くんです

良い子は真似してみましょう!(爆


2017-04-005_convert_20170418012102.jpg




_te94Rse1guzPxc1492445897_1492445985.png


皆で大仏様と記念撮影

咲ちゃんの首がオカルトチックだわ(怖

そう!聖徳太子像もいらっしゃいますよ

IMG_6680_R.jpg



小さめなお庭もとても綺麗。



IMG_6670_R.jpg


IMG_6669_R.jpg



創建当時はこんなに大きな敷地だったんだそうですよ。



IMG_6682_R.jpg

ここは大化の改新を起こした中大兄皇子と中臣鎌足が蹴鞠会で最初出会ったと伝えられています。

蘇我入鹿を天皇の前で暗殺して大化の改新となるわけです。

蘇我氏のお寺ということもあってお寺のすぐ横に、

入鹿の首塚がありました。当時は蘇我氏の立派なお屋敷が多くあったそうですが、

現在は田んぼの中にひっそりとしています。

(HPより)


入鹿の首がここまでとんだと言う伝説はちょっと怖い


2017-04-046_convert_20170418015747.jpg





2017-04-045_convert_20170418012146.jpg



2017-04-044_convert_20170418012125.jpg


最後に梵鐘を打たせていただいて

海くんの飛鳥寺の社会科見学は終わりです。

優しいお顔の大仏様に優しいお寺の皆様に感謝ですね。

まだまだ明日香路の観光は続きます。



そして引き続き

来楠ちゃnの捜索をしています

何か小さな情報でもよろしくお願いいたします


来楠ちゃん、無事に保護されました

有難うございました





明日香からスタート

海トラベル2017春のお花見編の最初の舞台は

奈良の飛鳥路からです。




IMG_6622_R.jpg




到着したのは石舞台

ケロちゃんファミリーと待ち合わせ。

先に到着したケロ家に送れる事約1時間



IMG_6619_R.jpg



お寝坊海くんも目が覚めた様子です。




pHHqno0uEKi4aVN1491920817_1491920880.jpg



明日香のシンボル石舞台を見学する前に

お勉強熱心なくるみちゃんと咲ちゃん(笑

桜を期待して行きましたが、やはり今年は遅いとかで





IMG_6624_R.jpg


今にも開きそう・・・なんですけどね~な桜です






2017-04-04_convert_20170411235026.jpg



蕾もピンクであと1日、だったら開花したかも



IMG_6630_R.jpg



IMG_6627_R.jpg



IMG_6626_R.jpg




朝一番の石舞台は貸し切り。

石舞台は3回目の我が家ですが

ケロ家は初めての訪問だそうです



日本最大級の横穴式石室を持つ、飛鳥を代表する古墳のひとつです。

築造は7世紀の初め頃と推定され、

元々は1辺約55メートルの方墳だったとされていますが、

早い時期に古墳上部の盛土が失われ、現在は巨大な石室が露出した姿となっています。

その形状から『石舞台』と呼ばれるようになったと言われていますが、

昔々狐が女性に化けて石の上で舞を見せた話、

旅芸人がこの巨石を舞台に演じた話などもあります。

大小約30個の花崗岩が使用されており、一番大きな石で約77トン、

総重量は2,300トンと推定されています。

この石舞台古墳に埋葬された人物は不明ですが、

6世紀後半にこの地で政権を握っていたという蘇我馬子の可能性が高いと言われています

(公式ガイドより)



飛鳥には沢山の古墳もあり日本の心の故郷とも言われてますね。



2017-04-041_convert_20170411235244.jpg



古墳などの歴史が大好きなケロママさん

石舞台の内部に潜入して何か感じる物があったのでしょうか(爆



IMG_6640_R.jpg




2017-04-042_convert_20170411235309.jpg



とても温かい優しい日差しでくつろぐ咲ちゃん




IMG_6641_R.jpg



海くんの横顔と石舞台は形がよく似てます(爆


IMG_6650_R.jpg



桜はまだだったけど

なんと!紅梅が見頃だったんですよ



ojfDgVfvyUiTDyb1491921025_1491921081.jpg



IMG_6653_R.jpg


IMG_6654_R.jpg




咲立てに桜、多分夕方には随分と咲きそろうんでしょう。

時間が許せば翌日も来てみたい・・・と思いながら

次の観光地へ。

 | HOME |  »

プロフィール

maomao955

Author:maomao955
シーズの海君13歳になったでつ、海の日に生まれたから、海(かい)という名前でつ!うちべんけいの男の子で、おもちゃが大好きで、亀公園で散歩するのが日課でつよ。

みんなのLOVEパワー

1 Click Animalsへ

海家お奨め☆

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad