春先からバタバタ続きだった我が家ですが

夏になり少し時間にも余裕が出てきました

また9月になると忙しくなるんですけどね。

その前にお盆も取りたてて何処にも行く予定もないので

月初めにぶらりとお出かけ。

行先は熊本、阿蘇です

震災後初めての阿蘇入り、どういう風になってるんだろうか??

どのルートで行けばいいのか?

余震もあるのかなぁ?と不安も抱きつつ出発です




IMG_4144_convert_20160807214132.jpg



隈もtまで行き大津を通る道は遮断されてるので

時間もある事だし八女で高速を降りて

菊池の方面から旭志と言うところを抜けてのルート

途中、八女の道の駅ではメロンが大量に並んでてお宿へのお土産に。

夏休みの子供ちゃん達がプールで気持ちよさそうですね~




2016-08-061_convert_20160817210901.jpg



「あとざき」とは「後を閉める」という意味(笑

ソフトクリームを食べてると見る見るうちに空は真っ黒になり

雷に雹まで降る豪雨で40分程足止めとなりました。




IMG_4147_convert_20160807214227.jpg



阿蘇内牧、大きな本震の爪痕が痛々しく残っていました

この下の集落もブルーシートの家が目立つし

断層近くであろう家は傾いてて住む人もいない様子

墓石も倒れてるところ多かったです。


お宿に行く前に、まだ時間があるんで



2016-08-06_convert_20160817210840.jpg



内牧温泉で立ち寄り湯

お宿でも入りますけどね(笑





IMG_4167_convert_20160817211842.jpg


4月の地震で親戚の事も心配でしたが

被害が大きかったと聞いた阿蘇内牧の地域

我が家の大好きなお宿「僕のお宿・風の音」さんがある土地

オーナーさん達はどうだろうか宿は壊れてないだろうか??

心配したものですが

最初の地震の時はグラス一つわれなかったらしいけど

2回目のおきな地震ではキッチンの食器棚は倒れてしまい

食器もかなり割れたとか

それでも被害は少ない方で「GW「営業で来てたんですよ~キャンセルばかりでしたけど」と

おっしゃってました。



2016-08-064_convert_20160817211326.jpg


建物も全然壊れてなくて本当に良かった

お怪我も無くてそれが1番よかった。




2016-08-063_convert_20160817211305.jpg



お部屋は何時ものように私の大好きな桧の香り一杯

すこしお部屋で休憩してお食事です




DzVS8p1brwRKE7k1471435487_1471435534.jpg





2016-08-068_convert_20160817211744.jpg






2016-08-069_convert_20160817211803.jpg


阿蘇の赤牛の炭火焼きに夏野菜

地元の食材を沢山使ってある前菜に舌鼓です。



IMG_4191_convert_20160817212201.jpg



もう一組のお客様も福岡からお越しだとか

こうじ君、もうすぐ16歳とビックリするほどの元気なご長寿さん

動きもピンピンしててお目目だってしっかりしてる

羨ましいほどのお元気ワンちゃん。

お食事が済んでからも皆さんとの楽しい語らいの時間は続きました。

一足お先にお父さんとお部屋に戻ってた海くん




sNWtv5bzz7cJ8RT1471435571_1471435614.jpg


お腹一杯で大満足なお顔してますね

この後はお風呂でマッタリとして

ゆっくり流れる阿蘇の時間を楽しんだ夜でした

かなり涼しいのに驚きでしたよ。
















スポンサーサイト
 2016_08_18


お宿についてユックリとお風呂を楽しんだ後は

お食事の時間です

お部屋食でなく、1階の広間での食事になるので

残念だけど海君はお部屋でお留守番です



nEKqqNa0H_PFumW1457442413_1457442471.jpg



1番にご飯を食べて後はお部屋でウトウトするだけの海くん

小さい頃は苦手だったお部屋でのお留守番も

いつの間にか慣れっこになった海くん。。。お利口だね。


ワン!もキュン!も言わない、勿論イタズラもしないんでフリーで安心

むしろゲージに入れられると嫌がります。



IMG_2350_convert_20160308222746.jpg



お食事の広間には囲炉裏がありました



2016-02-0610_convert_20160308222130.jpg


囲炉裏のすぐ傍のお席でとても温かい。




2016-02-075_convert_20160308222101.jpg



里山で取れた山菜や熊本のメインは赤牛の焼肉

阿蘇の溶岩の上で焼きますよ




2016-02-0611_convert_20160308222227.jpg


山菜の天麩羅や焼きたての山女魚が最高



2016-02-0612_convert_20160308222505.jpg



イノシシの角煮、癖が無くてとろける美味しさでしたよ。


2016-02-0613_convert_20160308222527.jpg



お子ちゃま用にもお食事頼めます

たこさんウインナーや唐揚げ

もって食べやすいくるりんなおむすび。




IMG_2355_convert_20160308222828.jpg


IMG_2359_convert_20160308222858.jpg


二人共沢山食べました。

お父さん達はお酒が進み、更にお部屋の戻ってからも二次回。

みんなで夜遅くまでのお喋りは楽しいですね

仕事の話や会社の話でも盛り上るんだなぁ(笑

お風呂は午前1時までは入れると言うので寝る前にまたひとっ風呂。

ちらちら降る雪を眺めながらの温泉は最高ですね。










 2016_03_10


焼き物の里で冷え込んできたんで早く温泉に浸かりたくなって

目的地まで一直線に進みましたよ

我が家も初めて訪れるお宿があるのは

熊本県の阿蘇・小国の涌蓋山の山麓に広がるわいた温泉卿、岳の湯。

山間を抜けると目の前に広がった



IMG_2313_convert_20160308222635.jpg



モクモクの湯けむり。

小さな集落が包まれるほどの温泉の蒸気ですよ

道から側溝から田んぼの畦からモクモク

道歩いてるだけで蒸気で乾燥から守られてる感じですね

15件ほどの集落にある一軒宿


2016-02-007_convert_20160308221214.jpg

「清涼荘」にお世話になります




2016-02-067_convert_20160308221242.jpg


上品で優しそうなお母さんのような女将さん

都会の喧騒から解き放たれてゆっくりしてくださいね!と

素敵な笑顔で迎えて下さいました。

実はこの日の泊は私達だけ・・・ちょっと心配な気もしたんですが

その心配はすぐに吹き飛びましたよ。



IMG_2326_convert_20160308222712.jpg



こじんまりしたお部屋ですが

どこもかしこもピカピカとお掃除が行き届いててとても綺麗です

それは館内も同じ。



・選MG_2365_convert_20160308222602



葉っぱに書かれたメッセージで心が温かくなります。

女将さんのお人柄まで分りますね。




3RwAoJAoJ2iDOZx1457442345_1457442384.jpg



海くんも早速お着替えして温泉気分を満喫。



2016-02-068_convert_20160308221307.jpg



お部屋には洗面コーナーはありますが

おトイレとお風呂はないです。

でもお部屋のすぐ前がおトイレでした。

そして、お風呂なんですが・・・・

お部屋の前のくつろぎコーナーのような場所に暖簾が掛かったとがありますね

この戸を開けると



2016-02-069_convert_20160308221346.jpg



思わず「わぁ~素敵!」って言っちゃうほどの雰囲気満点の階段

そこを上がると5つのお風呂があるんです

男女の内湯と露天に家族湯。

泊り客は我が家だけなんで男女関係なく全部入って下さいと。

なのでせっかく早く着いたんだからとお食事までの間い温泉三昧です。



2016-02-071_convert_20160308221439.jpg


女湯の内風呂は桧風呂

厳選かけ流しの湯は私好みのツルンとした湯質。

お湯の温度も丁度いい。



2016-02-072_convert_20160308221616.jpg



二つの露天。

食事前に入り夕食後に入った時は雪が降りだして

露天風呂は最高でしたよ。



2016-02-073_convert_20160308221645.jpg



こちらは男湯。

石のお風呂です

家族湯はお子ちゃま達が入ってて撮り忘れちゃいました。


2016-02-074_convert_20160308221705.jpg



それぞれのお風呂を楽しんだら冷えてた身体もポカポカ。

お食事の時間も迫ってきたので

素敵な階段を下りお部屋に戻ります

週末に貸し切り宿なんで贅沢!

と、この時点で大満足ですがこの宿の素晴らしいとこはこの後の食事も。

次回お楽しみに











 2016_03_09


くじゅう花公園をユックリと散策してお宿までは小一時間

途中でお買い物したりしながらでも夕方には到着




kZJ4mvDMvAJOKYh1447342130_1447342165.jpg





一人とワンコでの宿泊でも快く受け入れて下さったのは

やはりお気に入りの阿蘇の宿「僕のお宿・風の音」

半ば諦めてたとk路をお父さんが電話して聞いてくれて良かった。




IMG_0388_convert_20151113001749.jpg



平日だし、私達だけかなぁと思ってたら

もう一組、ワンコ連れのお一人旅の方が

名古屋からぶらりといらしてる男性でした。




IMG_0390_convert_20151113002144.jpg



こちらがお連れのコロンちゃん。

阿蘇には3泊・この日が最終日だそうです

翌日からは由布院に3泊されるとか

それもあの高級な「一壷天」でですってよぉ~さん!

3泊もじゃ御幾ら十万円だ???




2015-10-059_convert_20151112235603.jpg



2015-10-060_convert_20151112235621.jpg




お気に入りのデッキでお疲れ様のコーヒーの一杯

少し冷えて来た体が温まりますね。



2015-10-007_convert_20151112235539.jpg




オーナー様も、「どうしたのぉ~一人で」なんて言いながらの世間話。

ごはんまで少しゆっくりしててね~と

お友達の家に遊びに行ったような気さくさでホッとします。

桧のベッドの香りにも何時も癒されます。




2015-10-061_convert_20151112235841.jpg



2015-10-063_convert_20151113000023.jpg




2015-10-062_convert_20151112235943.jpg




お夕食は楽しみにしてた阿蘇の赤牛の炭火焼き他

地元野菜をたくさん使った前菜やパイ・霜降りの馬刺しが凄く美味しいの。

これは海君と山分け。

もうひと方のお客様とテーブルは離れ離れとは言え

黙って食べるのもねぇ・・・・

ワンコの話題から今迄に行った地方の旅の話

この方、ワンコと沖縄から北海道くまなく旅してらっしゃる

特に東北・北海道の旅の話は興味深くて参考にもなりました

お食事も終わりがけにはオーナーさんも一緒に加わりお喋りタイム

お酒飲みながらのゆっくりとした時間が流れて行きました。

海くんはソファーで爆睡してしまってたの。

少し遅め、寝る前に猫足のバスタブで旅の疲れを取って

デッキで振って来そうな星を眺めてから静か過ぎる夜を満喫しましたよ

しかし・・・・阿蘇は寒かった

10月の始めとはいえ朝晩は暖房器具も要りますし

早朝の気温は8度でした。





uZZq4Rk_T5oyyR51447342191_1447342230.jpg



IMG_0389_convert_20151113001911.jpg



炊き立ての新米朝ごはんを食べて

ノンビリとデッキで遊んだりしてから出発です



IMG_0391_convert_20151113015503.jpg



帰りは阿蘇のお気に入りの雑貨屋さんを覗いたりパン屋さんでお買い物したりして

高速は使わずに熊本から荒尾・大牟田へ抜け

友人宅にも立ち寄っる事も出来ました。

海くんとの一泊二日の短い旅でしたが

とっても楽しいく癒された時間だったなぁ

また行こうね。






IMG_0354_convert_20151113001940.jpg















 2015_11_13


夜の帳が下りる頃、美味しいお食事にお酒もちょっぴり入って

お宿のお客様方もほろ酔い気分

お食事の後のお楽しみがあるのがこのお宿の名物だったんです



IMG_8962_convert_20150831002128.jpg



大広間には宿泊の方が集まって来て




IMG_8964_convert_20150831003837.jpg


女将さんをはじめ仲居さん達で30分程のショータイムが始まります(爆




2015-08-028_convert_20150831001917.jpg



日本舞踊を嗜む女将さんの踊は本格的で上手です。

お爺ちゃんお婆ちゃん大喜び。

お昼も団体さんが来るとやるそうですよ~。



2015-08-274_convert_20150831001940.jpg



20代から50代までの従業員の方も頑張ってます(爆

女将さんの司会のお喋りがまた楽しいの。



2015-08-275_convert_20150831002021.jpg


お宿のお爺ちゃんも頑張ってます!って

最後にお面を撮ったら女将さんでした(驚

おじさんの動きを相当研究したらしいです



そして次は・・・・・


お客さんも参加型の出し物

女将さんから指名されて嫌々ながら出演する人

ノリノリで出演する人様々です

で・・・・私にも白羽の矢が

一度は辞退したものの隣にいたオジサンが出ろ!出ろ!とあまりにもおっしゃるんで




IMG_8979_convert_20150831004558.jpg



そのオジサンを道連れに(爆

手を引いて連れて行ったの。



旅の恥はかき捨て

えぇ・・・・・誰も知った人はいないし(Mちゃんがそう言うの




G3hEZ0e6115HoHN1440947434_1440947477.png



出てみたらノリノリでセンタ取ってる私(恥



SXDWMRazGsUWJ5_1440947508_1440947524.png



金髪のズラを被らされたおじちゃんはもっとノリノリでした。

客席見たらサラママとMちゃんが涙流して笑ってた。

でもね~凄く楽しかったよぉ。

これで天草に住んだら仕事先も見つかったわ(爆



PZML3KydipCYioT1440948397_1440948444.jpg



他にもねちょっとお見せできないMちゃんやサラママのお写真もあるの。

それを息子クンにラインで送ったら

「ひどい!」と返事が帰って来た





2015-08-030_convert_20150831003349.jpg



翌朝はお楽しみなお刺身漬けのお茶漬け




PGPbFDbFbJjPOBN1440947574_1440947645.png



旅先の朝ごはんはどうしてこんなに美味しいんでしょうかね~

普段は絶対にしないお代わりちゃうんですから。

本当にお腹の底から笑った騒いだ!楽しい宿でした

今度はお父さんも連れて行こう!!












 2015_09_04



01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

maomao955

Author:maomao955
シーズの海君13歳になったでつ、海の日に生まれたから、海(かい)という名前でつ!うちべんけいの男の子で、おもちゃが大好きで、亀公園で散歩するのが日課でつよ。

みんなのLOVEパワー

1 Click Animalsへ

海家お奨め☆

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




pagetop