Post image

感謝をこめて♪

お節作りもピークを迎えております。昨日は応援隊のお友達も東京から帰省中にもかかわらず駆けつけてワリワリと働いて下さいました本当にありがとうね。そして大物も到着天草よりはるばるやって来てくれた天然ブリちゃん親戚が毎年送ってくれます。さて・・・・・これの始末が大変だ・・・・とお思いでしょう。ご心配なくご近所の焼肉屋さんの大将。大の魚釣りがお好きなの、仲良しのよしみで綺麗に拵えてくださいます。これもまた...

Post image

おせち・なう!

もうスッカリと恒例になってるお節の準備が着々と進んでおります。本当に猫の手も借りたい!もう海クンの手でもいいのよはぁ~~~海クン。。。。そんな事願っても何もできないのよね。それでも海クンが応援してくれてると思うだけでママ頑張れます今年も黒豆、上手に煮れました金柑もこれからコトコトします。菊花カブも数の子も味が馴染むまでタッパー暮らしです。これからも立て続けに作りますよ応援部隊早く来てくれないかな~...

Post image

下仁田ネギ

今日で会社も無事に仕事納めすることが出来ましたこの厳しい不況の中、どうにかまた1年お仕事させていただきました。来年もまだ明るい話は聞かれそうにもありませんが細ーい・細ーい糸を渡るようにでもお仕事が出来ればいいのでしょうね。そして、お父様方、今年最後のパトロールに出動いたしております。今年のお疲れ・ご苦労を美しい蝶や可憐な花に癒してもらうとよかろう・・・・・家に居てもママもお節の準備に忙しくお構いで...

Post image

高台寺

東山の山麓、八坂神社の東北に高台寺はあります。京都のお寺の中でもっとも私の好きなお寺です。豊臣秀吉の死後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所(ねね)が1606年に開創したお寺です。造営に際して徳川家康から多大な援助があったようです。お寺に入るとこの大きな「夢」という字が迎えてくれます。さすが、秀吉の妻ねねさんのお寺ですね。四季の花で彩られるんでしょう、美しい庭園ですここの枝垂桜も美しい物ですよ。...

Post image

クリスマスネイルとサプライズ♪

もぅ~~幾つ寝ると~~お正月今年も残すところ数日になりましたねクリスマスの25日は今年最後のネイルとなりましたお正月にピッタリの素敵なデザインが揃いました。新春らしく和柄が人気です。和柄は細かい繊細な柄が多くて先生の技術がキラリト光りますよ今回も、ウランちゃん、来てくれましたよ。凄く大きくなりました~~お転婆の甘えん坊さん、やっぱりここを覚えてる私の声に凄く反応してくれます初めてのクリスマス生まれて...

Post image

絶景かな!

京都の旅も最終日になりました。少し早目に宿を出て「南禅寺」を訪れました。結構早く行ったつもりでしたがすでに駐車場は満タンです少し離れた場所に停めてお散歩ついでに歩きます。観光バスが続々と着いていました。南禅寺はワンちゃんもお散歩できるんですよよくパンフレットなどになってるアングルをまねてみました。少し残念だったのがこの南禅寺は紅葉がだいぶん終わってました。歌舞伎の「楼門五三桐」の二幕の折り返しで石...

Post image

聖なる日に・・・・

今日はX’mas皆さんはどんな予定ですか~~。海家のクリスマスは。。。。。。息子君もおデートだし~~ お父さんとディナーって感じでもないし~クリスマスのケーキだってここ数年買ったことございません。去年も・その前も お父さん酒場へと「歳末助け合い運動」のようにパトロールに出勤したてらっしゃったわ甘~いクリスマスとは無縁のそんな海家何時もの様に夕食を済ませたらジムに行くだけですせめてブログだけでもクリ...

Post image

厄払いへ

ええっと・・・・・忘れてた訳じゃないのですが先日厄入りした息子君の厄払いに行った記事がありました。博多区にある若八幡宮厄払いの神様として博多ではよく知られています。普段はひっそりと静まる帰っていますが年末年始は人が入りきれない程に賑わいますよ分りやすい厄年表が掲げられてます皆さんも今一度お確かめくださいませ。厄の方はお祓いを。この本殿の中で御祈祷していただきますが中は撮影してはいけません息子君一人...

Post image

いにしえの宿 晴鴨楼

青蓮院のライトアップを見学したので到着がすっかり日が暮れてしまいました。京都での宿は「晴鴨楼」 (せいこうろう)晴れた鴨川に建つ楼閣と言う意味からそう名付けられたそうです。京都では何時もここと決めているんです。天保2年より五つの時代を見つめてきた古い旅館です。京都らしい佇まいはそのままで古都のありよう和の建築と温かいおもてなしで外国のお客様の利用も多いんですよ。お部屋もユッタリとして海クンも伸び伸...

Post image

青いお寺へ

京都での宿に辿りつく前にライトアップが人気だと聞いたお寺を見ることにして向かった先は天台宗 青蓮院しかし・・・・問題発生青蓮院の駐車場は関係者と観光バスせんようで一般の駐車場が近くにないのです海クンは勿論入る事とが出来ないので車でお留守番。管理者のいない目の届かない駐車場に置くことは出来ません。仕方なく諦めないと・・・・と門前で車をUターンしようとしていたら青蓮院の関係者の方らしい男性が車の近くに...

Post image

嵐山散策

醍醐寺で降っていた雨も上がり回れるうちに嵐山に来てみました嵐山と言えばそう!渡月橋ですよね。少しずつ気温も下がり寒くなってきました。 最後の紅葉見物に賑わっていますがさすがに・・・・舟遊びをする人はいませんね。ここで海クンのカッコ良く撮れた写真を1枚海クンのお散歩を兼ねてお土産屋さんを覗きながら。。。。。。以前に来たときは改築中だった美空ひばり記念館  中高年の観光客の人気スポットです。嵐山電鉄も...

Post image

今年話題の

今年の大河「龍馬伝」の影響もあり龍馬に縁のある場所はどこに行っても大人気です。京都にも沢山の足跡を残した龍馬。ここにもエピソードを残しています。京都伏見の寺田屋は大阪と京都間の通船「三十石船」の京側の発着地の1つ南浜に「寺田屋浜」と言う船着き場を持つ大きな船宿でした。パンフレットの説明を織り交ぜながら説明してみます。今は宿の前は道路になっていますが当時はこの川に船を横付けして宿に上がってたんですね...

Post image

醍醐の紅葉狩り

世界遺醍醐寺真言宗醍醐派の総本山 874年に理源大師・聖宝により創建された。皇室をはじめ貴族や武士の支援を得て三宝院をはじめとする諸院や種々のお堂が建立され真言密教の中心的寺院として多くの信仰を集めていいます。今回は初めての試みにチャレンジしてみました。お時間があればご覧ください醍醐寺と言えば豊臣秀吉が1598年3月15日の春の宴北の政所・寧々さん 側室の淀君その子秀頼らを引き連れて大掛かりな花見...

Post image

小野小町縁の寺

昨夜は雲が多かった福岡でしたがその雲の隙間から、ふたご座流星群の流れ星見れましたよそれも2個も立て続けに・・・・・今夜ぐらいまで見らるそうですので今日も暖かくして観察!!全国的に不安定ない天気ですが皆さんの所でも見れたらいいですね。そして、京都は・・・・・・・心配していた雨もどうにか治まり京都に向かう途中はお日様も見え隠れしていましたが何だか不安定な空模様になってきました。京都に戻って訪れた場所は...

Post image

忠臣蔵

今日は、京都の旅はチョットお休みしてホットな話題から・・・・12月14日は大石内蔵助以下、四十七人の赤穂浪士が吉良上野介の屋敷に討ち入りし、主君浅野内匠頭の遺恨をはらしたと四十七士は武士の鑑、武士道の精華として語り継がれ「忠臣蔵」として親しままれドラマや映画になっていますね。その赤穂浪士は東京の「泉岳寺」に祭られて供養されてるんですがなんとも、我が町内、目と鼻の先にもこの赤穂浪士の墓なるものがあったん...

Post image

里の宿

急な出発で泊まりは天橋立の近くそんなところにワンちゃんの泊まれる宿なんてあるんだろうか?出る前にPCで急いで探してヒットしたお宿が数件ありました。その中から、今回選んだところが「民宿旅館 川尻」さん民宿???なんて思いながら着いてみると何だか、立派な旅館の佇まいなかんじです。今回この宿を選んだ理由としては、お風呂と料理でした。元々が農家をされてるご家族での経営ご飯を昔懐かしい釜戸さんで炊くそうです...

Post image

天橋立散策

天橋立の展望所から降りてきたらもう夕闇が迫って来ていました。日暮れが本当に早くって少し驚き知恩寺と言うお寺がありました文殊のお寺だとか・・・・雪舟筆の「天橋立図」にも描かれているようです。海クンのお散歩も兼ねて松林の方へ入ってみました。駐車場のオジサンが端まで行くと3キロはあるからいい加減で帰ってくるんですよ~~~とアドバイス。途中でお父さんが遊覧船を見つけましたがもう暗くなるしどうも、終わりみた...

Post image

天橋立

いったん京都から離れて車を走らせる事2時間日本3景の一つ天橋立にやってきました。思い切って行かないともう行く事も無いであろう・・・・お父さんのそんなたっての願いでこんな遠くまで来てしまいました。海クンが一緒なためにモノレールには乗れませんがリフトで抱っこしていくならば展望所に行く事は可能です行きはお父さんに抱っこされて上ります撮影しながら段々と天橋立が見えてきます。展望所には小さな可愛い遊園地が作...

Post image

産寧坂(三年坂)

京都観光と言えばやはりここは外せませんね~。お土産屋さんが立ち並ぶ清水の産寧坂(三年坂)です。この産寧坂で転ぶと3年以内に死ぬと言う言い伝えがありますがこれは昔、子供がこの坂で走って転んで怪我をしないようにという事から大人が言って聞かせた事だそうです。清水の舞台は観光客や修学旅行生で相変わらず一杯門前まで行って写真だけ取りました。暫く歩くとお父さん急に「リヤカーに乗ろう!」と言い出しましたリ・リ・...

Post image

もみじ参道

山深い善峯寺を後にして西山の麓に広がる浄土宗「光明寺」に向かいましたここは秋になると鮮やかな紅に染まる楓の木が沢山あると聞いていました。入山1時間前にここに来たときは近所の方たちが朝の散歩の途中に山門の前で手を合わせてらっしゃる姿を見る事が出来ました。特に印象に残ったのが80歳位のご夫婦が連れだって手を合わせてらっしゃる姿がとても微笑ましくて・・・・毎日朝のお散歩でこんなに素敵なところを歩けるなんて...

Post image

日本一の松

京都で最初に訪れたお寺は比叡山も望める西山に建つ天台宗の「善峯寺」松の寺ともいわれるお寺です。春の桜・秋の紅葉の名所だそうです。竹林におおわれている乙訓の里は11世紀の前半に源算上人がこの地に小堂を建て自作の十一面観音を祀られたのが始まりだそうです。応仁の乱の時に兵火を受け1度焼失したが現在の小堂の多くは江戸時代に徳川五代将軍綱吉の母桂昌院の援助により再建されました。桂昌院と言えばドラマ大奥でもお馴...

Post image

また、突然の・・・・

その旅はこんなフレーズから始まりました。昨日・今日・あ~~すう 変わり行くわ~~たしと谷村新司さんの歌声が聞こえてきそうですが出た出た、またお父さんの突然病です。しかし…京都とは数日家を空けるとなると家を出発するまでが大変です。帰ってきた時の事を考えて、家中、綺麗にお掃除をしないと出掛けられない性分の私です。海クンが泊れるお宿の手配もしないといけません荷作りも結構大変だし!!紅葉はまだ見れるんだろ...

Post image

今年初の忘年会!(^^)!

京都の旅から戻った夜に早速忘年会の予定がありました。メンバーはネイルで集まるお友達と先生。折角の美女揃いですが、皆さん恥ずかしがり屋さん-352]中々お顔出しのOKが出ませんので・・・・・20代・30代・40代と年代も幅広く賑やかに始まりました。写真もファンタジーモードでフンワリと・・・決してアラフォーのシワ隠しではございません(笑今回のお店は、皆さんの大好きな「よしむら」さん。有機野菜をたっぷり使ったメニ...

Post image

無事に戻りました(*^_^*)

急に出発した京都旅行でしたが昨日深夜に帰りつきました。早速写真の編集に掛かりたいのですが今夜、女子会の忘年会に出掛けますんで綺麗な京都の珍道中はもう少しお待ちください予告編・・・・・・・真っ赤な紅葉の絨毯で海クンの足やお尻も心なしかピンク色に染まって見えました...

Post image

息子君本厄(ー_ー)!!

24回目のお誕生日を迎えた息子君どうやら厄だという事で、実家お母がお祝いをしてあげると言って日曜日にサラ家もお付き合いいただいてのお祝いです。今の実家は10年ほど前に引っ越してきた場所。子供の頃育った所は道路拡張で引っかかり移る事になったんです。実家に向かう途中にこんな建物がありますかつて炭鉱が盛んだった頃の竪坑跡です。ここで黒いダイヤ、掘った石炭を上げていたんですかね~。旧志免鉱業所竪抗櫓櫓と言うの...

Post image

メジャーへの挑戦!

え~~~実は私、1日夜より出掛けています今回もまたお父さんの突然病です。この頃休日返上で仕事だったお父さん、数日空いたそうで思い切って今年最後の旅に出かけています。記事は昨日から予約投稿してる分がアップされますんで遊びに来てください今回の行先はそうだ!京都に行こう!です。    遠いわ~~そして今日の記事は嬉しい出来事の事です。私には年の離れた従兄弟がおりましてウチの息子クンよりも年下なの。彼は松...

Post image

お歳暮発注!

毎年、この時期は年末調整の準備とか(税理士さんにやってもらうけどね)おせちの品物の注文とか あと、年賀状とかでつい忘れちゃってるお歳暮の注文です。よそ様から頂いて初めて我に返りバタバタしてきました。今年は出遅れないように張り切って早めに済ませましたわ不景気で絞りに絞って以前よりは随分少なくはなりましたが会社と個人と合わせるとやはり大量ですねお歳暮コーナーは人で溢れてて見た途端に今からの長い道のり…...