Post image

酒蔵通り

有明の町を福岡へ帰る途中に興味深い町を発見。古い町並みが見えてきました。「肥前浜宿」というようです。肥前浜宿とは浜川河口に作られた在郷町で室町時代には町として成立していたと考えられています。江戸時代には長崎街道の宿場町として豊かな街並みが作られたそうです。壁土造りの酒蔵が多く残る醸造町は全盛期には十数件の造り酒屋があった事から通称「酒蔵通り」と呼ばれています。燕が巣をつくる家は栄えると言いますね。...

Post image

有明海の住人

竹崎の宿「平浜荘」さんで癒されて出発。周囲を少しドライブして福岡にボチボチと帰ります。綺麗な紫陽花に誘われて辿りついた所は竹崎城跡展望台実際にお城があった場所はもう少し手前の様です。展望所からの眺めは靄ってて全然でしたが芝生の所をお散歩出来ました。妖しげなキノコも生えてたしお父さんは、「白トリュフじゃなかろうか!!」とバカな事を採って食べさせてあげようか展望所の中に入ってドッキリ有明海で取れる「た...

Post image

物騒です(ーー;)

昨日はジムでのお友達が集まってネイルの日でした。大好評のネイル、先生に無理を行って日にちを都合付けて頂いてジムのお友達も大喜びですそのネイルのさ中、慌ただしくパトカーがマンションの横を通り過ぎていきますそれも何台も・・・・おまけに覆面パトも出動してた海刑事、久々の出動じゃないでつか!!(頭が大きく足がチミッと写って「ガキ刑事」に見えるのは私だけ?)皆でなんだろうねぇまた発砲事件??(以前に極近所で...

Post image

みんな元気!

先日の父の日は決算の前日だと言うこともあり父の面会に行く時間がとれずに2日ほど遅れての父の日になりました。私の実家の紫陽花も茂りすぎててちょびっと道にはみ出して迷惑じゃないの????お休みだった息子君も爺ちゃんに会いに行くと言って母も誘い父の施設へ。孫の顔を見ると途端に華やいだ顔になる父です。息子クンの訪問が1番嬉しいようですね。来月は誕生日を迎える父です。少しだけでも外出、出来て家でささやかなお祝...

Post image

竹崎の宿

佐賀県の竹崎と言う地域は渡り蟹が有名です。有明海の海の幸も豊富で冬時期は牡蠣小屋なんかも沢山オープンしてます。福岡からだと十分日帰りコースなので、今まで泊る機会などなかったんですがたまには近場でノンビリとって言うのも良いもんですよね。調べたらちゃんと海クンが泊れるお宿もありました。今回お世話になったのは「平浜荘」さんとても小奇麗なお宿です。漁師宿の民宿の様な感じを想像してきたので(失礼)ロビーも中...

Post image

お疲れ様。

ハウステンボスは夜には花火が打ち上げられるようですが花火嫌いが若干1名おりますもんで早々に引き揚げて宿に向かいます。その途中に大村湾が見えてきました。この大村湾の沖合でハウステンボスの帆船を使って龍馬伝や今話題のJINの撮影もあったようです。大村城、玖島城とも言うようです。丁度、菖蒲祭りが開催されてました。お散歩も兼ねて少々見学と立ち寄りましたがお疲れの海クンカートから降りようとしないのよ場内の湧...

Post image

情熱の・・・・

イベント盛りだくさんのハウステンボスの観光。チョコやチーズ・ハムなどのお土産屋さんが立ち並ぶパサージュ広場までやってきました。大きな木靴、海クンがそっくり入ってしまいそうです。普通に履けるサイズも売ってあり履いてみたんですが痛くて歩けないですよ本当にこれ履くんでしょうかねぇ~海クンも反応してますが軽快な音楽が聞こえてきました。イベント広場ではイタリアフェア―が開催中変わったパスタやパスタソースなど...

Post image

麦わら一味登場♪

香りに癒されながらローズガーデンを後にして園内を進むとアレキサンダー広場に出ましたギヤマンミュージアム、ガラスの博物館の中には世界最大級のシャンデリア一見の価値がありますよ右がハウステンボスのシンボルタワー「ドムトールン」展望台になってますがここも海クンが居るとNGです。以前に来た時に見たからいいか!!そして、今ハウステンボスではアニメ「ワンピース」の特設アトラクションが開催されています砂で描かれ...

Post image

花の王国

今回は海家には珍しくテーマパークに行ってきました。去年からワンちゃんも入場できるようになった長崎ハウステンボス福岡から2時間弱で行けると言うお手軽さです。100万本のバラが見れるとTVで言ってたのでちょっと遅いかなぁと思いながら出かけましたよ。駐車場に付いたら早くも気分はヨーロッパです。ホテルも素敵でしょ~~入場ゲートでワンちゃんの誓約書を記入して海クンも入場料¥500お支払しました。アトラクションやシ...

Post image

爽やかです

梅雨だから仕方のない事ですけどね毎日雨続きでそろそろお日様が恋しくなってきますね。朝晩は少し肌寒くて過ごしやすくはあるんですけどこれで湿気さえなければ・・・・・土曜日は月に一度のお楽しみネイルの日でしたお友達からの差し入れの「クラブハリエ」のバームクーヘン。少し温めて食べるとフワッとしてて美味しいんですよね~。皆さん大喜びでした!!さて今月のネイルからご覧くださいね。ハイビスカス柄やサクランボ上品...

Post image

似合ってます♪

今月は会社の決算で大忙しの海家です。その忙しさに重なるようにリンパドレナージュと言うお顔のリンパを流し小顔になるエステの勉強もしています。毎回最低10回の宿題が出されるんです。先日はサラママのお顔を貸して頂きました。サラパパも出張でいないのでウチで夕食食べて折角だからお風呂に入ってもらって練習はじめますよ。サラちゃん、ママがお風呂入ってる間はお風呂の前から動きませんよ。こっちで待ってようね~~と連れ...

Post image

運動会それぞれ。

福岡は台風の影響で大雨だった先月末の日曜日市内の小学校はほとんどの所が運動会の予定でしたが勿論中止になりました。振替は水曜日。甥っ子の運動会の見学へ。。。。。2年生と今年が最後の6年生です。ピカピカの1年生と2年生の合同玉入れ。お尻フリフリする踊を踊って音楽が終わるとダッシュで玉入れに向かいます。みんなひよッコちゃんで可愛いの~~見てるこちらまでお尻がフリフリしそうですよ。右は沖縄民謡での踊ですよ~~...

Post image

海クンにも・・・・・

先週の海クンお風呂ディの事お顔もきれ~~に洗おうねと顔を私の方へ上げてゴシゴシしてたら何だか目が????瞳の奥に微かな濁りがあるように見えたんです。翌日、1番に病院へやっぱり・・・・白内障の初期症状が現れていましたお友達のサラちゃんは同じ年、去年の夏に始まりました。サラママからも十分気を付けて!!と忠告頂いてたんで先生もよく分りましたね。と言われるぐらいの初期でした。何時か来るであろうと覚悟はして...

Post image

フェリーの中で

港へ向かう途中にこんな目が痛くなるような建物見ました。何故にここまで目立たないといけないのかそれは警察だから????港で海クンのおトイレを済ませて九州に向けて出港です名残惜しそうに四国の地に別れを告げてこれから3時間10分の船の旅です。来るときの様に貸し切り状態ではないですが人は少なめです。船内で飲み物を買に客室から出たところでこんな光景に出くわしました。とてもお利口さんに飼い主さんに寄り添う姿に...

Post image

古いギャグ(^_^;)

パワースポットで思いっきり走り・探検した海クン車に乗るなりお疲れモードです。帰りの宿毛港に向かう途中に中浜と言う地区に差し掛かりましたこの中浜とはジョン万次郎さんの生誕の地なんですね。去年の10月には成果も復元されてるとこのことで見学に立ち寄り、その漁師町で見かけたニャンちゃんのコメントですよ。生誕150周年の記念碑綺麗なお花に囲まれています。本当に小さな漁師町ですよ、この小さな漁師町から広い世界...

Post image

パワースポット

足摺の旅も最終日、帰りのフェリーまでは時間があるので何か、見学するところはないかとブラブラしてたらこんな気になる立て看板を目にしました。「旦那さんの墓」どこの??誰の?奥さんの墓は無いのだろうか(笑通りすがりのお爺ちゃんに聞いてみたところ昔ここら辺松尾地区と言うのだそうですが鰹節の製造発展に携わり貢献された方(名前は忘れました)の事を親しみを込めて旦那さんと呼んでたそうです。なるほど・・・・・そし...

Post image

こんなネーミング。

ホテル足摺園に帰ってきてに車を預けたら昨日はお休みだったホテル前の足湯が空いてるのに気が付きました。「万次郎の足湯」(無料)劇場の様な足湯ですよ。太平洋を眺めながらノンビリと足湯を楽しめます。お湯は入ってなかったけどペットの足湯もありましたここに座ると丁度こんな感じ白山洞門が上から見る事が出来ます。岩肌をよ~~く見てみるとチョッと気が付いたことがありました。大きくしてみますとよく分ると思いますがま...

Post image

カツオのたたきならここ!

四万十から土佐清水への帰り道有る看板が目に付いたので矢印のさす方へ言ってみた。場所は、幡多群黒潮町小さな漁港が見えてきたわけですがその漁港に「黒潮たたき一番館」とありました。ここではカツオのたたき体験ができるんだそうです藁でカツオのたたきを作るんですよ~~。でも、要予約との事終わってました。カツオのたたきは食べれると言うので取りあえず注文しましたが今まで食べた中で1番の美味しさ。藁の慰撫した香りが...

Post image

再び川へ

翌日も土佐清水を観光します。この日の目的は鯨ウォッチングだったんですが聞くところによると所要時間4時間半ほどおまけに船は漁船をチャーターするのだそうでお値段も1人1万円かかるとの事室戸で聞いた時はそんなに掛からなかったのに・・・・・それでも見てみたいと言うお父さんだったのですがさすがに漁船で4時間半は船要するに違いない訳で同じ船でも四万十川を船で見学する事に変更しました。四万十は今年の初めに初めて...

Post image

海に浸る宿

雄大な空と、海の蒼に包まれて身も心も癒される足摺温泉郷ここ足摺にも数件のワンちゃんと泊まれるホテルや民宿があります。その中で今回、海家がお世話になったのはホテル「足摺園」さん。目の前に太平洋が望めますよ。でも遮るものが無い分台風の時はさぞかし荒ましいんでしょうね歴史があるホテルの様ですが綺麗にリニューアルされています。小説「足摺岬」にも登場するホテルです。田宮虎彦さんもここに滞在されて取材されたよ...

Post image

自然が織りなす

足摺灯台から宿へ戻る途中に四国霊場88か所巡りの第38番札所になる金剛福寺があります。札所間の距離がもっと門外ことから修行の道場と言われています。第37番札所岩本寺から金剛福寺までの距離は約90㌔歩いて3日次の第39番札所光寺までは60㌔2日間も掛かるそうです。全行程歩いていくとどのくらいの日数かかるんだろう。。。。この方々は観光バス組ですが車で来る途中に大きな荷物を抱え遍路道を歩かれてる方も見か...

Post image

サスペンス劇場

黄色い半被の売れない演歌歌手らしきオジサンの事を気になりながら宿泊先の足摺方面へ移動しました。車と荷物を旅館に預けて、ここからは灯台まで歩いていけるとの事夕食の前にう~~んとお腹空かせておかないとね。5分ほど歩くと灯台への入り口がありました。椿の木がトンネルのようになってる遊歩道を進みます木漏れ日がとても気持ち良くて爽やかな風が心地よいです。海クンここでも栄養補給に余念がないです(爆この椿のトンネ...

Post image

ジョン万次郎

デンジャラスな見学を終えて昼過ぎ下調べもしないままの旅(何時もの事ですが)道の駅などでパンフレットなど収集してから何処に行こうかと決めます。土佐清水の町から傍にある真新しい感じの建て物ジョン万次郎資料館日本人初の国際人となったジョン万次郎(仲濱万次郎)蒸気機関車・蒸気船に乗りジーンズをはいたのもネクタイを締めたのも日本人初だったんでしょう。ブーツだって龍馬よりも早く履いてたんですね。大河龍馬伝では...

Post image

見残しで見過ごさなかった事

昨日の険しい竜串見残し奇岩パークに行ってからなんかトラウマになったのか2回も夢でうなされましたのよ。その夢と言うのが海クンと凄い高い吊り橋を歩いててハーネスからスルリト海クンが抜け橋をどんどん走って行くの。歩いてる人に捕まえて~~~と叫んだ瞬間に海クンが下に落ちるんです落ちてく海クンが今でもリアルに脳裏に焼き付いてます。そこではまだ目が覚めない。私は、靴を脱いで上着を脱いで数十メートルはあろうかと...

Post image

見ぬ振りだと・・・・

海底館から地上に上がると丁度グラスボートの出発時刻です。でも・・・・ママは正直言ってっこのグラスボートがあまり得意ではありません。昔、天草で乗った時に非常に気分が悪くなった思い出があります。船に乗り込むと船長さん、と言っても労使のオジサンのような人が案内のテープを流します。ご覧と通り説明を聞いて海の中を覗き込んでるのは海クンだけです(爆乗船時間15分目指すところは竜串・見残し奇岩パーク。ママの苦行...

Post image

黒潮の町へ

今回訪れた地域は高知県土佐清水市です。昨年から引き続き人気の観光地高知ですが土佐清水は・・・・イマイチ人気度には欠けてる感じですが黒潮と温暖な気候が育む山海のおもてなしを堪能しようと思います。土佐清水と言えば何年か前に放送された長瀬君と相武沙季ちゃんのドラマ「歌姫」を思い出しました。最初の観光地は奇石奇勝と日本初の海中公園「竜串・見残し」と言うとこです。海岸沿いの遊歩道を歩いていくと足摺海底館が見...