海とママの秘密

<< | 2012-10 | >> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

Halloweenでつよ♪

今日で10月も終わりですね~~

秋深くなってきたと言うのに・・・我が家はまだ扇風機が出しっぱなし

ファンヒーターを出さないと片付ける場所の確保が出来ないもんで。



さて!今日はハロウィンですね




・搾シ撤9085903_convert_20121028233900



海クンもおやつ欲しさに名モデル役頑張ってます  




海家の近所の人気スイーツ屋さんもハロウィン仕様




2012-10-272_convert_20121028234257.jpg



店員さんも総出でハロウィンの仮装での接客です。

皆さん思い思いのスタイルで凄く可愛いけど

その中でもピカイチのお嬢さん





・搾シ捻A276776_convert_20121028234415


白雪姫に変身。

よくお似合いで可愛らしい事です。




PA276775_convert_20121028234438.jpg



こんなスタイルで出来た方。

子供が無き叫ぶ(爆






2012-10-271_convert_20121028234231.jpg


ウランママとのおやつタイムのスイーツは

秋らしいこの2点ですよ。






そして・・・・我が家のピカイチ海クン

今年のハロウィンコレクションは





・搾シ撤A276779_convert_20121028234342



スーパーモデルですが契約金は

お馬さんのジャーキー1本で承諾して頂きました。

安上がりなモデルさんです。







・搾シ撤A276782_convert_20121028234357



プププッ・・・・・魔法使いのつもりですが

何だか大学の卒業式みたいな感じ。


いや、こんな偉人を学生時代に教科書で見た事ありますが

どうしても名前が出てこないのよ

誰だったっけ






・撰シ撤A276783_convert_20121028234325



後ろから見たら魔法使いに見えますよ(笑




スポンサーサイト

瀬戸内の景色を眺めて

海トラベル、山陰から次の目的地四国へ向かいます

この日の観光は境港のみ、長い長い移動に入りますよ

大体このパターンなんですけどね

四国は高知を目指したかったんですがなんととても残念な事に

今まで四国での常宿の「城西館」ペットブーム以前よりいち早く

ペットも受け入れる宿をやって来てたのに・・・

6月よりそのペットと泊まれるプランをお止めになったらしい。。。。


大型老舗旅館だけにペットが苦手なお客さまからの苦情とか

あったのか、マナ―な悪い飼い主でも居てトラブったのか分りませんが

本当に残念でたまりません

なので高知はやめて松山を目指す事にしました。

松山にはお父さんのお気に入りの温泉があるんですよね

遠いよ・・・・・お父さん。

広島!とも言う意見に別れたんですが広島はこの時期

修学旅行でどこのホテルもいっぱいだったしね。

と言う事で高速をひたすら四国方面へ





2012-10-0317_convert_20121022213151.jpg



お昼も過ぎてお腹空いた頃に蒜山SA(ひるぜんと読みます)に差し掛かりました。

最初この字が読めなくて・・・ニラと言う字に似てる気がするし(恥

雨も上がって来てましたから海クンも休憩です。

そして、ここにありました

B級グルメで有名になった「蒜山焼きそば」




IMG_0370_convert_20121022214226.jpg



これ!食べてみたかったんですよね~

おみそ風味のソースの焼きそば、そして鶏肉。

初めての味でした麺がモチモチしてて美味しかったですよ。

そしてひたすらまた走る

四国に入る頃まで寝てたからねよくわかんないけど

ウトウトして目が覚めた時には




2012-10-0318_convert_20121022213215.jpg


確か・・・伯方あたり

お塩が有名ですよね。





2012-10-0319_convert_20121022213247.jpg



2012-10-0320_convert_20121022213313.jpg



穏やかな瀬戸内の島を繋ぐ沢山の橋。

これが無い頃は船の移動だけで大変だった事でしょうね~。





IMG_0385_convert_20121022214541.jpg


IMG_0386_convert_20121022214604.jpg



・搾シ的MG_0387_convert_20121022214407



海クンもおトイレタイム。

私もしっかりと目が覚めたところで熱いコーヒーがに見たくなって

素晴らしい景色を眺めながら休憩です

(あ~~私はタップリ過ぎるほどの休憩してたんですけどね)






2012-10-0321_convert_20121022213333.jpg



このカラフルな蜂の巣の集合体みたいなものは

来島大橋を支えるケーブルなんだそうです

小さな物が束になってて直径60センチもあるんですってよ

橋に架かるところ見てるとただのロープみたいに見えるけど

間近で見ると太いもんだね~~。


















秋空の下でBBQ

土曜の夜は恐ろしいほどの強風だった福岡。

最近は台風でもあんな風が吹く事は珍しい風でした。

翌日曜は、ブログでのご縁で仲良くさせていただいてる

煌ちゃんのお家での恒例「秋のBBQ]へお招きいただきました。

去年までは良いなぁ~なんて憧れてた煌家のBBQ

春から参加させていただいてますよ。




PA286816_convert_20121028223513.jpg


2012-10-28_convert_20121028222811.jpg



パパさん自ら施工した煌ちゃん御殿の横で

ターフを張ってのBBQです。

この日はパパさんの妹さん二家族のホームBBQだったのに

海クンと私までお招きいただきました。

水入らずの中お誘い有難うございました




2012-10-282_convert_20121028222839.jpg


女子中高生のお姉ちゃん達はみんな優しくてワンコ大好き。

そして、従妹さん同士凄く仲がいいんですよ。


パパさんの妹さん達も凄くお若くてまるで子供さん達と姉妹の様な

美人さん姉妹





2012-10-030_convert_20121028224457.jpg



何時ものように焼き場担当のパパさんがお肉を焼く始めたら

煌ちゃんも海クンも目がランラン・ソワソワし出しました。




・搾シ娠A286799_convert_20121028223018



煌ちゃんはパパさんの助手を務めようと

焼き場から離れません(笑





2012-10-281_convert_20121028222632.jpg



煌ママさんのお手製サラダやバラエティにとんだ中身のおにぎり

モチモチフワフワのお好み焼きまで用意して下さって






・搾シ撤A286803_convert_20121028223141


2012-10-285_convert_20121028224524.jpg



プププッ、煌ちゃんも海クンもちゃんとお塩無のお肉の

分け前貰って食べてるんですよ~。






2012-10-029_convert_20121028223659.jpg



お姉ちゃん達もモリモリ食べてお腹も落ち着いたら

煌ちゃんと海君を連れて町内のお散歩に出掛けてくれました。

海クン大好きな煌ちゃんと滅多に触れ合う事の出来ない

女学生(古い)ギャルたちとお散歩に出掛けて行く姿

心なしか足取りが軽かった気がしたんだけど・・・あたしの気のせいかねぇ







2012-10-284_convert_20121028222923.jpg



暫くしたら今度は部活に出掛けてた甥っ子ちゃんも合流

サッカー部だそうですよ。

パパさん、食べさせ甲斐のある男子を焼き場の目の前に座らせて

ガンガン焼いて行く

給仕のついた贅沢ひとりBBQの第二ラウンドです。

落ち着いてた煌ちゃんと海クンもまた参戦しに行ってます。




2012-10-283_convert_20121028222901.jpg



甥っ子ちゃんさすがね~~~

見てて気持ちの良い食べっぷり。

そして、休憩が終わったギャル達も第二ラウンド開始(笑






・搾シ撤A286824_convert_20121028223259



あのね・・・ちゃんと食べたでしょうが!







・搾シ撤A286830_convert_20121028223439


夕方の肌寒くなってきて

大人のギャルたちは家の中でコーヒータイム。


そして・・・・・キッチンに立つ煌ママさんが

気になって仕方がない海クン。

何か美味しい物が出て来やしないかと民生委員に変身して監視中(爆


毎回とても楽しいBBQにお招きいただいて

と~~っても幸せな海クンとママでした。





・搾シ捻A286829_convert_20121028223325



・搾シ撤A286809_convert_20121028223238





煌家の皆様本当にお世話になりました。

これからの季節我が家でもお鍋パーティなんか開催したと思ってますから

その時はお声掛けさせてくださいね~

秋のお洒落ネイル

今週になってグッと冷え込む日が出て来ました

山の紅葉も見ごろを迎えてるところも出てきた感じですよ

先週、毎月のお楽しみのネイルの日でした。

最近、1番楽しみにしてるのは誰あろう海君ではないでしょうか。






・搾シ撤A166530_convert_20121028033944





先生、今月も最新の素敵なデザインを診なさに施して下さいました

早速お洒落なネイルご覧くださいね




2012-10-201_convert_20121023153945.jpg



お鼻の少ないこの時期はデザイン性の高い柄が人気です。

秋にふさわしいシックな幾何学模様なんて素敵ですよね





2012-10-20_convert_20121023154224.jpg


片方ずつの色を変えた凝ったデザインは

今年の流行色でまとめてあります。





2012-10-202_convert_20121023154142.jpg




螺鈿細工のようなネイルは見事としか言いようがないですよね

私はハローウィン近しなので

黒猫ちゃんを大胆に描いて頂きましたよ

凄く目立ってて何よりも可愛い~~




2012-10-205_convert_20121023154259.jpg


ウランちゃんもママと一緒に参加です。

お転婆ウランちゃんも海クンが見張ってる為に

海家に来たら凄く大人しいんですよ。

海クン、意地悪でゴメンネ。。。ウランちゃん。






IMG_0708_convert_20121023154351.jpg


IMG_0707_convert_20121023154333.jpg



ママの職場復帰に伴い保育園児になって

頑張ってる祐馬クン。

最近はお喋りも上手になったんですが

祐馬クンが初めて覚えたママ・パパ以外のお名前は

なんと!!「海クン」なのです

この日、「海クン居た…」と何度もお話してくれました

海ママとても嬉しかったよ~~。





2012-10-203_convert_20121023154203.jpg



祐馬クンとママのお揃いの靴下

凄く可愛いでしょ~~






IMG_0705_convert_20121023154425.jpg


そして今年の5月に生まれた「優菜ちゃん」

先日お食い初めも終わって可愛いお写真を

見せに来てくれましたよ。






IMG_0725_convert_20121023154447.jpg



プクプクのホッペが大福餅みたいに弾力があり

スベスベで食べちゃいたいぐらいです(笑

最近はママにも似て来たね~




2012-10-204_convert_20121023154245.jpg










IMG_0732_convert_20121023154506.jpg


若い若いママさん、奮闘中です

優菜ちゃんママが大好きであやすと声を上げてキャッキャと笑います

何やらお喋りも上手ですよ~






・搾シ的MG_0712_convert_20121026021321


ドチドチの海くん

境港を満喫した海家

雲行きが怪しくなってきたのもあり移動しようと

駐車場に向かう途中で遂に出会ってしまいました。




・搾シ的MG_0320_convert_20121022213547



「ねこ娘ちゃん」です。

海クン初めて見る大きな物にちょっと驚いていますが

好奇心もありヘッピり腰ですが近づいてみてます

でもその後に登場したこのキャラクターには






・搾シ的MG_0321_convert_20121022213605


「砂かけ婆さん」この異様さに微動だにしなくなり

ひたすら見つめる・・・食い入るように見つめる(爆

その後鬼太郎も合流してスターキャラ勢揃いですのに・・・





・搾シ的MG_0322_convert_20121022213635



まだそのままの状態でガンミしてる海クン

何だと思ってるんでしょうか

鬼太郎なんか眼中に無しですよ

もしかしたら気に入ったんでしょうか。

この後、「海ク~ン・こっちよ~」と必死で呼び続けてやっと

記念写真らしいものがとれました




IMG_0323_convert_20121022214033.jpg



・搾シ的MG_0324_convert_20121022213656



ちょっとビビってたのでしょうか

迷惑そうな海クンでした




・搾シ的MG_0301_convert_20121022234116




そして境港を後にして次の地へ向かう海家

米子方面に戻り高速に乗る前に立ち寄ったのが




IMG_0360_convert_20121022214137.jpg



豪華な佇まいのお菓子屋さん「壽城」

米子城をモチーフに作られてるそうですが天守閣まであるんですよ

ここはトチ餅が名産なんです。

柔らかくてとても美味しいトチ餅を買いに立ち寄りました。





2012-10-0315_convert_20121022212915.jpg


栗のようなトチの実を餡にしたお菓子。

実際のトチの実を見たのは初めてです。

トチ茶なんて言う物もありました。

ポリフェノールがたくさん含まれてるお茶で海家も買いこんで帰りました






IMG_0367_convert_20121022214206.jpg


米子ICに乗る前に見た大山は

残念な事に雲がかかってました

この後は次の地までひたすら走り続ける海家です。















水木しげるロード潜入

海クン昨日念願のカットに行き秋なのに

サマーカットにしてきましたよ。

おかげでもうちゃんちゃんこが必要になりました。

あっという間に伸びちゃうからいいよね~~~海クン




では境港から。。。。。。


IMG_0317_convert_20121022213921.jpg


2012-10-0313_convert_20121022192644.jpg



妖怪と会える街境港の水木茂ロード

午前中の早い時間ボチボチと観光バスも到着してくる時間です。

商店街の道には小さなブロンズでできてる

水木しげるさんが生み出したキャラクターが139点も点在しています。





2012-10-0316_convert_20121022213124.jpg



悪魔くん、これ知ってました。

鬼太郎親子と水木しげる氏ご本人みたいです。





2012-10-038_convert_20121022192504.jpg


目玉おやじが凄く可愛くてこれ、お気に入りになりました。





2012-10-039_convert_20121022192522.jpg




鬼太郎を後ろから見たらちゃんと妖気アンテナもくっ付いてた






2012-10-0314_convert_20121022192707.jpg



赤ちゃん時代の鬼太郎なんてのもあったり。






2012-10-0311_convert_20121022192607.jpg




この籐製の椅子!いったんもめんなんですよ~

遊び心があって素敵でした。

勿論売り物。

チョット欲しい気もしました。






2012-10-037_convert_20121022192444.jpg



この街ではタクシーのランプも目玉おやじ

妖怪饅頭屋さんは人形焼みたいなお菓子

鬼太郎のお蔭でこんなに立派なお店構えになってます。







IMG_0311_convert_20121022213859.jpg


2012-10-0310_convert_20121022192548.jpg



目玉おやじのお饅頭はグロイです


マグロラーメンも鬼太郎とコラボ





2012-10-036_convert_20121022192424.jpg



ここはキャラクターやグッズの工房

「ねずみ男」制作中




2012-10-0312_convert_20121022192627.jpg


IMG_0351_convert_20121022232521.jpg



駅前の鬼太郎ハウスがある公園で一休み





2012-10-033_convert_20121022192333.jpg



雨が降りそうな曇り空で蒸し暑くなってきたんで

大山のミルクソフトが美味しい~

そして名物の「白イカ」の鉄板焼きはプリプリで新鮮。

が欲しくなりますね(笑


境港を後にする前に最後に海君が出会ったものは・・・・

次回に続きますよ~






何から何まで鬼太郎

皆生温泉で泊った宿のそばは日本海

歩いても100mも行けば気持ちいい海辺のお散歩ができます





IMG_0289_convert_20121022213732.jpg


2012-10-03_convert_20121022192116.jpg




同じお宿に泊まってたご家族も子供ちゃんとお散歩に出ていました。


この後はチェックアウトを済ませて観光に出発です。

皆生温泉から40分程の所に境港はあります



IMG_0359_convert_20121022214116.jpg





ここは「ゲゲゲの鬼太郎」の作者の水木しげるさんの出身地です。

それにちなんでアーケードの商店街も

水木しげるロードと名前を変えて町興しに立ちあがったんですね。





2012-10-031_convert_20121022192254.jpg



境港の駅も「鬼太郎駅」とか「ゲゲゲ駅」と言っていいぐらいに

水木しげるワールドですよ。




2012-10-0325_convert_20121022213456.jpg


IMG_0298_convert_20121022213808.jpg



勿論バスも列車も鬼太郎です。

子供ちゃんは喜ぶね。

そして・・・・






2012-10-032_convert_20121022192315.jpg



交番まで

電気が目玉おやじになってるし。






2012-10-034_convert_20121022192351.jpg


水木しげるさんの銅像が「なまけものになりなさい」と仰ってます。

なまけものになる日があっても良いと思います(チョクチョク怠け者ですが)

で、この銅像を見てよく知る方と似てるんで

お父さんと大爆笑


妖怪神社もありますよ。






2012-10-035_convert_20121022192408.jpg


水木しげるロードの入り口近くにも

キャラクターを売りにしてるパン屋さん。





IMG_0306_convert_20121022213839.jpg



まったく鬼太郎に頼り切ってるじゃないか!!

お土産のお菓子もすべて鬼太郎のキャラクターが入ってるし

グッズなんかも全てだよ


ロイヤリティどんだけ~~と下世話な事を考える海家夫婦






・搾シ的MG_0310_convert_20121022213527

(プププッ・・・海クンそれお父さんじゃないでしょ~)


境港、水木茂ロードの旅はまだまだ続く・・・・・













文豪の愛した宿 再び

出雲大社にお参りをして早速

良いご褒美をもらったような光景を見せてもらった気分で

お宿に向かいました。




IMG_0281_convert_20121013022114.jpg




宍道湖を横目に、少し急がなくては到着が遅くなりそうでした。

この日のお宿は米子の皆生温泉

出雲からは1時間半ほどかかります。

日本海に面した温泉郷です。






PA026353_convert_20121013022458.jpg

2012-10-0210_convert_20121013020648.jpg




到着したのは「海潮園」海家2度目のお宿です。

このお宿はお部屋でワンコもフリーで一緒に過ごすことができるんで

とても気に入ったお宿の一つです。





2012-10-031_convert_20121013020629.jpg



レトロな老舗旅館ですが落ち着きある趣で

畳廊下と言うのも洒落てますよ。





2012-10-0214_convert_20121013020822.jpg




司馬遼太郎などの文豪も愛した宿

廊下には原稿やお手紙が飾られててチョッとしたギャラリーみたいです。





PA026358_convert_20121013022519.jpg


PA026360_convert_20121013022539.jpg




お部屋も広くてレトロな雰囲気と反対に和モダンな内装です。





・搾シ撤A026359_convert_20121013021207



はい!海クンは付くなり早々にご飯の催促だったんで

1番に食べちゃいましたけど(笑


ママ達の夕食は日本海の幸が沢山並びました





2012-10-0211_convert_20121013020709.jpg



ププッ・・・海クン用の器じゃないですけど

この灰皿、チョット欲しいと思ったり(笑







2012-10-0212_convert_20121013020726.jpg


2012-10-0213_convert_20121013020757.jpg



のどくろのお煮つけ、やっぱりこれが出ないと!

蟹は嬉しい事に殻から出して食べやすく酢の物に。

オコゼのから揚げ・アワビの肝ソース

松茸の土瓶蒸しとお酒の進むものばかりで・・・

料理自慢のお宿だけありますよ

それでいてリーズナブルなお値段なんです!




・搾シ撤A026377_convert_20121013021223



お肉が無いのでテンション低い海クンです

心なしかドンヨリして見えました(笑





2012-10-0215_convert_20121013020840.jpg



お風呂は塩湯ですがホカホカツルツルの美肌湯。

熱すぎずぬる過ぎずの私好みの温度でした。


寝る前にもお風呂に入り上がると

海クンもイビキかいて寝てました






2012-10-004_convert_20121013021008.jpg



翌朝も早起きしてお風呂気行き

帰ってきたら海クン何故か自分のバッグに引きこもってますけど(笑


朝食は別のお部屋に移動してからになります

この時は海クンはお部屋でお留守番です。






2012-10-03_convert_20121013020859.jpg




お庭を眺めて食後のコーヒーを頂いたら出発です。






・搾シ的MG_0284_convert_20121021233536



海クンも忘れられない様に準備万端だったんですね~

くつろぎの「海潮園」。

また来たい宿になりました。




























神様サミット会場

昨夜は久しぶりの雨になった福岡

風も強くておまけに季節外れの雷さんまで大サービスでした

この雨でまた秋が深まるんでしょうかね~





お参りも済ませて駐車場に戻りながら門前町を

ぶらりと見学してみました

予定の時間より少しオーバーしてるのであまりゆっくるする暇はないんですが

この日のお宿までもうしばらくかかりそうですしね。






IMG_0223_convert_20121021224541.jpg


社までの通りを神門通りと言うそうです





IMG_0275_convert_20121013022026.jpg



ププッ・・・・海クン大国主命に変身してみました

海大黒様ご利益お願いしますよ~


出雲の神門通りは昔風のお土産屋さんから観光化して現代風のものに

移り変わってる最中なのか改装中・新規準備みたいな店舗も多かったです。


出雲蕎麦が有名ですがおそばを食べるような時間でもないし

かといって少し小腹も空いて来てて

丁度目に入ったのが






2012-10-022_convert_20121013020339.jpg



「ぜんざい屋さん」 神門通りにはとても多いんですよ

なぜ「ぜんざい」かと言うと



出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因。

出雲地方では旧暦の10月に全国から神々が集まり、

「神在祭(かみありさい)」と呼ばれる神事が執り行われていることは有名ですが、

そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在(じんざい)餅」。

その「じんざい」が、出雲弁(ズーズー弁)で訛って「ずんざい」・・・、

「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われているのです。

「ぜんざい」発祥の地は出雲であるということは、江戸初期の文献、

「祇園物語」や「梅村載筆」(林羅山筆:儒学者)、「雲陽誌」にも記されています。

(HPより)


ぜんざい発祥の地の物ならばこれはいただいてみなくては。






2012-10-028_convert_20121013020530.jpg


・搾シ的MG_0280_convert_20121013021147




お餅も2個入ってるしお父さんと半分こで良いオヤツになりました

海クン・・・お餅好きなんですよね。

小さくしてあげるとよく噛み噛みして食べます(笑





IMG_0277_convert_20121013022049.jpg





お土産屋さんの中にはトンボ玉を作ってる工房もあったりで

私もやってみたいトンボ玉作り。

休憩も終わって向かうは「稲佐の浜」





2012-10-029_convert_20121013020610.jpg



日本のなぎ100選にも選ばれてる美しい浜辺です

浜の反対の山も少しだけ紅葉が始まって来てる感じでした






PA026343_convert_20121013022251.jpg



稲佐の浜(いなさのはま) 稲佐の浜

天照大神(アマテラスオオミカミ)より、

国譲りの使命を受けた建御雷神(タケミカヅチ)が

大国主神(オオクニヌシノカミ)と対面した場所です。

また旧暦の10月10日には、出雲大社に集まる全国の神々が

この浜から出雲へ上陸すると伝えられ、

今なお神迎えの神事が行われる出雲のパワースポットの一つです。

冬は荒れ狂う日本海の厳しさが感じられ、夏の穏やかな表情とは異なり見応えを感じます。






PA026346_convert_20121013022310.jpg


PA026341_convert_20121013022212.jpg




弁天島 稲佐の浜に一際目立つ丸い島があります。

古くは「沖御前」といい、遥か沖にあったといわれています。

昭和60年前後までは、島の前まで波が打ち寄せていましたが、

近年急に砂浜が広がり、現在では島の前まで歩いていけるようになりました。

神仏習合のころには、「弁財天」が祀られていましたが、

今は豊玉毘古命(トヨタマヒコノミコト)が祀られています。

(以上HPより)




砂浜を海クンも歩いてみました

夕暮れ時まであと少し、次第にカメラを携えて集まってくる人も

チラホラ集まってきて





PA026352_convert_20121013022438.jpg




綺麗な夕日の浜辺に姿を変えて来ましたよ


毎日ここで写真を撮ると言うオジサンがここから今撮ってごらんと

誘ってくださいました

すると







PA026339_convert_20121013022149.jpg



いいタイミング

神々しいとはこの事だなぁ~って感激です。

ダイヤモンド弁天島が見れました。

神様の会議場にふさわしい場所に間違いないですよね。





PA026350_convert_20121013022404.jpg



素晴らしく美しい物を見せて頂いたので

お礼に海君、足跡を残して行く事にしました。

海クンと沢山のお友達に幸せのご縁・健康のご縁をお願いするでつ。

それがオデのお願いでつ。




















大きなしめ縄見たでつよ

神聖なる出雲大社のお参りの続きです。

出雲大社は今平成の大遷宮が行われてて

平成20年から5年間かけて本殿の改装をおこなってるんです




IMG_0255_convert_20121018000348.jpg


なので、これは仮神殿。

この次に海家が来るころには新しい立派な本神殿が見れるかなぁ。





2012-10-026_convert_20121013020453.jpg



白いシートのかぶさってる後ろに立つのが本神殿です

本殿に祀られる御神体は西向きで稲佐の浜の方角を向いておられ

本殿の正面から参拝すると、神様の横顔を拝んでいる事になります。



お参りを済ませたら神楽殿のほうえと進みます。

結婚式などを執り行う神殿です。




IMG_0262_convert_20121013021749.jpg



IMG_0265_convert_20121013021832.jpg



威風堂々たるスケールの大きさには毎回ため息が出ます。

この神楽殿の大しめ縄は日本一を誇る大きな物。

長さ13、重さは4.5tもあるそうですよ。




IMG_0264_convert_20121013021808.jpg




最強のパワースポットで海クンもパワー注入してもらえたかなぁ






2012-10-005_convert_20121017225255.jpg



神話の中の「因幡の白うさぎ」の話が有名で、

『サメを騙したため全身の皮をむかれた白うさぎが

大国主大神の兄たちに助けを求めたところ、

海水につかり風にあたるとよいと言われた。

うさぎが言われた通りにしたところ、塩水がしみてよけいにひどくなった。

兄たちに荷物を持たされ遅れてやってきた大国主大神が

痛みで泣いているうさぎを可哀想に思い、真水で塩を洗い、

がまの穂にくるまると良いと教えたところ、

うさぎの傷は治りました』というお話で、大国主大神の優しい性格がうかがえる一幕です。

(HPより)




2012-10-027_convert_20121013020511.jpg



神社の中での海君を見てて気が付いたんですが

海クン、絶対に砂利道を歩かないんですよ

歩道をきちんと進みます(笑




・搾シ的MG_0271_convert_20121013021128



海クンの歩道を行く訳はこういう事でした。


神様が沢山集まる場所で何事にもいいご縁をとお願い出来たところで

次の神聖な場所へと向かいましたよ





・搾シ蝕MG_0273_convert_20121013021042






海クン大喜び!航大君再び♪

先日体調を崩してお預かりしてた

フェレットの航大君が2週連続で遊びに来てくれました

経過は随分と良いそうなんですが

やはり、長時間のお留守番は不安との事でこの日まで

我が家でお預かりしたんです。

朝早くから深夜までのお留守番は心配ですからね。




・搾シ撤A176535_convert_20121018010919



と言う事で航大君、前の週と比べたら

見違える元気でやって来ました





・搾シ撤A176569_convert_20121018010953



バタバタと煩いなんて事は無いんですが

前回来た時よりも動きも元気でご飯もモリモリと食べてくれます。


何よりも航大君が大好きになった海クンは

嬉しいばかりみたいです。







・搾シ撤A176554_convert_20121018010936



・搾シ捻A176567_convert_20121018011029



海クン、一緒に遊びたくてウズウズしてます。

バスケットの蓋を開けておくと

航大君は勝手に出たり入ったりしますよ。

暫くしたら探検が始まりました。






2012-10-17_convert_20121018010650.jpg



航大君とにかく狭い所を好みます。

海クンはまず入らんね~~

追っかけては逃げられて出てこない航大君に向かって

キュンキュンと切ない声で呼びかけますが







・搾シ榔A176551_convert_20121018011045




実は航大君、もうすでにゴミ箱の中に隠れて知らんふりです(爆





・搾シ撤A176574_convert_20121018011009



出て来たらこの通りストーカー状態。

海クン航大君の事を動くオモチャだとでも思ってるんでしょうか

引っ付きもっ付の1日でした

航大君、前立腺の病気ですがホルモンのお薬などで

順調におトイレもできるようにはなってます

でもこれも一時的なことで

いずれまた同じようにオシッコが出なくなって

苦しい思いをする時も来るかもと言う事。

早かれ遅かれ手術しないといけないようです

なので、体調が良く若いうちに手術する様にしたそうです


フェレットではとても信頼のおける病院も見つかったそうなんで

近々手術の予定です。

航大君、頑張って来てね~。

そしてまた海クンと沢山遊ぼうね。






・搾シ単A176563_convert_20121018011316



海クンも無事に手術が済むの祈ってるからね。







そして今週は私も久しぶりに昔馴染みのお友達に会う事が出来ました

今はご主人のお仕事の都合で遠く出来たすお友達

ご実家に帰省してきた間に遊びに来てくれました




2012-10-16_convert_20121018010511.jpg


PA166529_convert_20121018013059.jpg



やっと購入したバーニャカウダーポット、大活躍!

冬瓜も美味しい時期、鳥団子と炊き合わせて

身体に良いゴボウも掘り立で柔らかい

大きなイサキは息子クンから伝授してもらった

アクアパッツアに変身しましたよ。

深夜までお喋り弾む楽しい夜になりました


神集いし社

10月、出雲では日本中の神様が集まります

出雲大社はワンちゃんも一緒にお参りできますよ








2012-10-023_convert_20121013020358.jpg









海君のお散歩にも最高の環境です。





2012-10-024_convert_20121013020416.jpg


IMG_0245_convert_20121013021557.jpg



社までは気持ちの良い道のりです

彼岸花がとても鮮やか。






・搾シ露MG_0248_convert_20121013021250



海クン、ご機嫌な顔で張り切って好きなように散策中。






2012-10-025_convert_20121013020435.jpg



参道を5分程歩いて行くと大国主命の大きな象が目に入ります


主祭神の大国主大神は須佐之男命の子孫、多くの兄弟の末っ子として出雲に生まれました。

そしてこの神様は多くの女神と結婚し、多くの子供をもうけます。

縁結びの神様というのもうなずけます。

大国主大神は出雲王朝を繁栄させるという偉業を成した王ですが、

大きな袋を肩にかけ、ずきんを被り、右手に打出の小槌を持って米俵の上に立つ、

あの人懐こいお姿の大国(だいこく)様もまた、大国主大神なのです。

(観光ガイドより)






IMG_0253_convert_20121013021621.jpg



IMG_0254_convert_20121013021652.jpg



神の集う地の象徴のようにそびえ立つ神殿。

神域に森厳なる空気が流れてます。





IMG_0256_convert_20121013021726.jpg



出雲大社での参拝は二礼四拍一礼で行います

神殿のしめ縄は長さ6.5m重さは1tだそうですよ。


海クンのお参りはまだまだ続きます。








お父さん、good job!

海トラベル出雲の旅、まだまだ始まったばかりですが

昨日とても嬉しい事があったんで。


それはお昼過ぎの事

お父さんからからの電話でした

「ワンコを保護して中央署に預けてるから夕方仕事が終わってから引き取りに行く」

と言う伝言でした。

また後で電話するからと言って切れたんで

????と思いながら待つこと2時間程して説明の電話がかかってきました。

お昼にお弁当を買って現場事務所に戻ってる時に

ヨボヨボと足取りもおぼつかない老犬を発見したそうです

今にも大きな幹線道路に出てしまいそうでこのままでは事故に合うと思い

保護作戦に出たら近づくと逃げる

逃げる方向がやはり大きな道

お弁当のおかずで釣るけど近くまで来たらやはり逃げるの繰り返し

警察に電話して来てもらいウィンナーでおびき寄せ囲み作戦で

40分後に保護出来たそうですが

これは多分・・・・飼い主は見つからんだろうと思ったそうです

保健所=お迎えが来ないまともに歩けない老犬=処分 と言う事は常々教えてますから。

せっかく事故にも会わせずに助けたワンコが処分対象になるのは忍びなかったのか

我が家で預って飼い主を探す、見つからなければ責任もって飼うと言ったらしい。

それで私に電話してきたと言う事でした。

それからが私も忙しい

ミックスの中型犬と言う情報だったんで取りあえず会社にでも置かないと

その準備もしないと・・・・

夕方には警察にお迎えに行くからリードとシニアご飯とかも

買っておかないとと家の家事を済ませてお買い物に出ようとした夕方近く

我が家にとても上品な初老の御夫婦が訪ねてらしたんです

なんと!!保護したワンコの飼い主さんとの事





・搾シ撤A186577_convert_20121019012947






あまりの早い解決に え~~っていうか嬉しいと言うかホッとしたと言うか。

我が家にみえる前にワンコをお迎えに行って警察で

我が家の住所を聞いて尋ねてこられたんですよ

その日は大きな法事があった日で関東やら遠くから親戚の出入り激しく

何時もはきちんと閉めてる門があいててその隙にチョロッと出て行ったらしい

14歳のジョン君だった。

だけど高齢で少し痴呆も出てきててパニックになり家に帰ろうと

不自由な足で必死で彷徨って家と反対方向に行ってしまったみたいです

法事の合間に近所を親戚一同で探すがどこにも姿ななくて

保健所に問い合わせをしたら保健所からお住まいの区域の警察所に問い合わせてくれたらしい

そこで警察に保護されてる事が分り一件落着となったんです。

警察署で「このワンコを飼うからと言って預けていかれた」ときいて

飼い主のお父さんがこんな老犬の面倒を見るなんて言う方がいるなんて!!と

とても感動して御夫婦で泣きながら我が家を捜してこられたんです。

私もよく引き取りに探して下さったと、嬉しくて

皆で涙で手を取り合いましたよ。。。。。って私は何もしてないんですけどね。

ただ・・・・迷子札は付けてきださいね!とお願いしました。




・搾シ撤A166531_convert_20121019013134




その14歳のジョン君も元々は保護犬だったそうです

足は小さな頃から悪くてこれじゃ誰も引き取らないだろうと言う事で

この素敵なご夫婦の元に来たそうです

「また助けられた命ですもう少し私達と一緒に頑張ってもらいます」と

最後まで泣きながら仰ったお言葉が忘れられません。

お見送りに外に出たら驚くような高級欧州車に乗り込み

お帰りになりましたよ~(笑

その一連の事を帰ってきたお父さんにも報告。

そんなお金持ちのお宅のワンコだとは思っても居なかったと言ってました。

私もそのジョン君に会ってみたかったですけどね

昨日はお昼ご飯も食べ損ねてとても頑張ったお父さんでした。

お父さん・・・大変よく出来ました



神在月

お天気のいい日中はまだ汗ばむ日もありますが

お出掛けするにはとても快適な季節になりましたね。

そうなると、ソワソワし出すんですよ~~

誰が?・・・・・決まってるじゃないですか!

お父さんですよ。

税務調査も無事にとは言えませんが済んで

身体の力が抜けちゃうぐらいにぐったりとしてた時です。

3日ほど時間があるらしい素振り。

あ~~~どこか行くんだ~~と察したら、やっぱり!

その日の夜に発表されました。

「出雲にいこう!!」だそうです

なのでこの秋の海トラベルは出雲からですよ。




IMG_0218_convert_20121013021306.jpg


夜のうちに出発準備して朝早くから掃除して

少し寝不足での出発です

お父さんはよく眠れたみたいですが

広島の「安佐SA]で昼食。

お昼でも「あさ」です・・・・・お粗末






2012-10-02_convert_20121013020141.jpg


広島のSA、広島カープのグッズも売ってます

ニャンコ駅長のグッズも沢山見かけました。

広島にニャンコ駅長いるんでしょうか。





PA026337_convert_20121016031235.jpg




更にに中国道を進むみます。


そして、出雲到着





IMG_0221_convert_20121013021453.jpg



青い空に向かって大きな白い鳥居がそびえ立ってます。






2012-10-021_convert_20121013020322.jpg




参道を通り社へ向かいます。

参道は以前来た時よりも色んなお店が増えてた気がします。

昔ながらのお土産屋さんが改装したのか

新しいお店になったのか・・・・・



真ん中の写真は老舗旅館「竹野屋」さん

出雲大社の真ん前にあるお宿ですが

竹内まりあさんさんのご実家だそうです。





IMG_0233_convert_20121013021536.jpg



IMG_0232_convert_20121013021518.jpg



暦の上では10月は神無月といいます

それは神様がこの出雲の地に集合するから

他の土地はお留守になるという言い伝えからだそうです

この出雲の地で年に1回ご縁の話し合いをされるとか・・・

恋愛の良縁・お商売の良縁・お金との良縁様々でしょうが

とにかくいいご縁付き出来ますように、と言うお参りに来た海家です

ここ出雲では神在月なんですね~~。








・撰シ的MG_0239_convert_20121013021109



海クンも沢山の神様にどんなお願いをするんでしょうか。


写真が多いんで続きは次回。
























偶然のこんにちは!

昨日はお仕事がお休みだと言う息子クンに来てもらい

まずはお昼から海君の病院にお薬貰いに行ったんです。

そしたら緊急手術が入っていて夕方からの診療になってたんで

他の用事を済ませるために移動してたら

ブログで仲良しになった煌ちゃんの通う病院前を通りかかったんです。

「あ~~ここ煌ちゃんが通ってる病院だなぁ~」なんて一人で思ってたら

チラッと見えた病院の駐車場に煌ちゃんらしき姿






・搾シ的MG_0696_convert_20121016010626



引き返してみたらやっぱり煌ちゃんでした

海クン!愛しの煌ちゃんとの再会で嬉しそう

煌ママさんもお元気そうでよかったです~~。





・搾シ蝕MG_0700_convert_20121016005931




ちょっとスリムになった煌ちゃん、

今年の夏は暑かったからね~

食欲も落ちてたんだね。

最近は少しずつ食も進んできたそうです

食欲の秋だからね。


海クンも沢山遊びたさそうだったけど

月末に煌ちゃんの家に行くお約束ちゃんとしたから

その時にユックリと遊ぼうね。





・搾シ的MG_0694_convert_20121016010609



偶然だったけどこんな事もあるんですね~~

煌ママさんと煌ちゃんのお顔拝見で来て嬉しかったです。

今日の海君見てて思ったけど

煌ちゃんの事忘れてなかった。。。。

この分じゃまたストーカー(爆




あ!それとね、それとね、




IMG_0702_convert_20121016010706.jpg



ある人を見てたら何気に書きたくなって

メモ帳に落書きしておいてたら(書きながら自分でくすくす笑ってたあたし)

お父さんは一目見て分かったそうです(爆笑してました

この絵心の無い私の落書きでも分るんですよね~

今話題の渦中の疑惑の研究者。。。。(爆

こんなんでごめんねぇ~~。





・搾シ捻A156506_convert_20121016010642



風呂上の一本(人間ならビールよね)を貰って

木枯らし紋次郎のような海クンです。





こころさんありがとう

ブログを通じて仲良くさせていただいてる


チクチクトントンのまるママさんの愛しい「こころさん」が

虹の橋に旅立ちました。




201007_12_06_b0138506_22201889 kokoro
(まるママさんお写真お借りしました)



こころさんは保護犬でした。

まるママさんの家族になった時にすでに高齢(推定10歳)

心臓もかなり弱っていた状態だそうでした。

それから3年、優しいご家族やミトさんやトビたんと言う

仲間にも恵まれて穏やかな日々を過ごしてきたこころさん

穏やかに緩やかに病気が進行していったのも

とても幸せだったからじゃないかと思います。

心臓にとても負担のかかる今年の酷暑を乗り切り

やっと涼しくなって体調も安定してるとお聞きしてた矢先の事で

私も信じられない思い出今はただ悲しいばかりです。

ご家族はもっとお辛い事と思います。

最後の日も何時もと同じ様子で過ごしてたと言うこころさんの

旅立ちはある意味、潔さも感じました。カッコいいよ・・・


美人で穏やかで本当に可愛いこころさん。

みんなに沢山の笑顔や幸せ、思いでを残してくれたこころさん

本当に有難うね。

13歳で病気と闘いながらも頑張ったこころさんを

沢山褒たいと思います。

虹の橋では寧々ちゃんと仲良くしてね

海ママも何時かそちらで会える事を楽しみにしてるから。

まるママさんご家族のお気持ちが少しでも癒えますように

こころさんこれからも見守っていてくださいね。


ご冥福を心よりお祈りいたします。



・搾シ榔9186294_convert_20121015022408



珍しい訪問者(^_-)-☆

この間、海君くんの呟きコーなの所にチョコッと

書き込んだ珍しいお客様の事です。


フィットネスクラブでのエアロの先生

お昼はトリマーさんのお仕事もしています。

動物好き!と言う事もあり凄く意気投合して話も合うし。

海君が行く美容室ではやってくれない部分カットとかも御願いしたり

自宅に遊びに来て下さったりと

プライベートでもお付き合いがあります。

その先生もご自宅でヨークシャテリアとフェレットと暮らしてらっしゃるんですよ。


だけど、フェレットの「航大君」3歳が少し体調を崩してて

前立腺が悪いらしくてオシッコだ出ないんだそうです

気を付けてみてて、オシッコが出てないようだと病院で

出してもらわないといけない。

数日はお仕事もお休みして看病したけどそう休んでもいれない。

そこで!私が先生のお仕事中にお預かりする事になったんです。


大体のワンコ・ニャンコは大丈夫ですが

フェレットは飼った事もなければ触った事すらないんですが

微力ながらも協力できることは・・・持ちつ持たれつですもんね。


そして。。。。ある朝バスケットに入って、「航大君」がやって来ました

可愛い~~んです。




・搾シ撤A106452_convert_20121011211956



航大君は普段はワンコと暮らしてるから海君にも

驚かずにフレンドリーなんですが・・・

問題は海クンがどうかと言う事



しかし・・・私達のそんな不安もすぐに解決




・搾シ撤A106448_convert_20121011211941



何時もの好奇心を発揮して追いかけまわして

遊びたがるんですよね。





2012-10-072_convert_20121011231452.jpg



縫いぐるみと間違って襲わないかと思ったけど

そう言う事もなく。

一生懸命に匂いを嗅いだりして引っ付きもっ付しています



・搾シ的MG_0560_convert_20121011211829




絨毯やマットの下なんかに潜るのが大好きで

気を付けて動かないとうっかり踏んでしまいそうです


以前に知り合いがフェレットを飼ってたんですが

凄く凶暴で触ると噛みつくらしくて、息子クンマジ噛みされてた事もありますが

航大君は穏やかでとてもお利口さん

フェレットにも性格があるんですね~。





・搾シ的MG_0564_convert_20121011211909



オシッコはワンちゃんと同じでシートを部屋の隅に敷くとそこでします。

元気もあるし、心配してたオシッコもちゃんと出てきた感じ






・搾シ単A106453_convert_20121011211812

(威嚇じゃないよ!大きなあくびが出だしました)


・搾シ撤A106454_convert_20121011212010


ひとしきり探検して海クンと遊んだら


自分でバスケットに入りお休みモードに突入

知らない所で緊張もしたんでしょうね


上からフワフワのお布団を掛けてあげると揺り起こすまで

掃除機かけても爆睡して起きないんですよ








・搾シ撤A106458_convert_20121011212030



この日、他所のスタジオレッスンで夜遅くのお迎えだったけど

ちゃんとお利口さんで海君とも仲良しになった航大君でした。

海クンも新しいお友達が出来て良かったね~


私も何事も無く無事にお返しで来てホッとした日でした。




おまけ





PA076445_convert_20121011223552.jpg



お茄子を沢山頂いたんで

今年最後の義父のミョウガと中華風蒸し浸しにしてみました。

叩いたニンニクを入れるのが良いんだよ!


作品発表♪

日中も少し気温が下がって来て

薄い長袖も活躍しだした福岡です。

先日の小浜の旅の帰りに見つけた佐賀の「志田焼きの里」

そこで陶芸体験をしてきた時の作品が焼き上がり

無事に我が家に送られてきましたよ。


どんな風な出来上がりかドキドキしながら箱を開けると

我ながらの満足の出来



まずは、試行錯誤したお父さんの作品から。




IMG_0528_convert_20121011211312.jpg


2012-10-071_convert_20121011210905.jpg




お湯のみは口の部分が少しへこんでしまってるけど

これが持つ時に引っかかり意外にシックリとはまるんですよ。


お茶碗の釉の色が艶やかで良い出来上がりでしたよ。


そして、私の作品





IMG_0529_convert_20121011211339.jpg


私はどちらも同じ「青磁」の釉。




2012-10-07_convert_20121011210728.jpg



お茶碗は平茶碗っぽく浅めに仕上げてみました。

薄さもとても良い感じです。


もう一つは湯冷ましなんでが

ドレッシングを入れたりするのにも良いサイズになりました。






・搾シ的MG_0541_convert_20121011211416






早速使う自分で作ったお茶碗には



PA076446_convert_20121011223732.jpg



秋のおご馳走栗ご飯をよそってみました。

ホクホクの栗が甘くて最高です



そして、久々の登場のスパンキー



NEC_0112.jpg



なんかスッキリと痩せたように見えたんですが

なんと!この夏にサマーカットをしてんですよ

この写真ではちょっと伸びてきた所なんですがね。

今年の酷暑の中重ねて凄い毛玉が胸からお腹に出来てて

お隣のおばちゃんも来れには程々手を焼いてたんです

綺麗にブラッシングしてあげようにも嫌がってさせなかったんだって

それで、「極悪飼い主」に美容室に連れて行ってもいいかとお尋ねしたら

翌日に飼い主自ら美容室に連れて行ってたんだそうです

おかげで今年の夏は爽やかに気持ち良く過ごせたスパンキーでした。

男前になって良かったね~~




・搾シ撤A106459_convert_20121011211440



そうそう!海クンも随分とモフモフしてきたから

綺麗にしに行かないとね~~




海クン探検隊・・・だけど。

長距離ドライブのお彼岸参りの目的も終えて

五木村の外に白滝公園とうキャンプや渓流釣りが楽しめる公園があります

ここは以前から是非真夏に来てみたいところの一つでなんです。






2012-09-2110_convert_20121008204259.jpg



2012-09-2111_convert_20121008204339.jpg





小さな吊り橋を渡ると阿蘇神社がお祀りさてれています。

夏はこの公園に来ると清流のいお蔭でヒンヤリとした空気が

漂うんですよね。


それに、この澄みきった川の水。

ここで泳いでみたいのが夏の夢なんです

海クンもここなら水遊びした後も綺麗ですしね。

親戚の子供ちゃん達も皆ここで泳ぐんだそうですよ。

来年こそは、トライしてみたいです。




夏休みなどは賑わってただろうこの白滝公園も

季節外れの時期。

ヒッソリとしててちょっと不気味な気配がするんですよ


お父さんは車で少しだけ寝たい!と言うので

海クンと二人、静寂の森に行ってみました。





・搾シ祢MG_0198_convert_20121008205746



海クン、こういう人気の少ない所って苦手みたいなんです

何か感じるものがあるんでしょうか

なんと言っても「江原 海クン」ですから(笑



この公園、川沿いを進むと公園の1番奥には珍しい場所があるんですよ






2012-09-2112_convert_20121008204401.jpg




この綺麗な川の水が流れて切れる源。

「白滝鍾乳洞」という大量の水があふれ出す小さな鍾乳洞があるんです。


左の写真の手すりの道を進むんですけど

この奥が真っ暗なんです

なので、鍾乳洞の入り口に100円入れる所があり


お金を入れたら20分間照明が付くと言う仕組みになってます

この入口までカメラだけ持って後は手ぶらだったことを後悔しても遅いんですが

途中ですれ違った人がいてその人たちがお金入れて見学したらしいんです。

入口から見たら中はまだ電気ついてました。


そこで、ビビって固まる海クン抱き中に進んでみる事にしました





2012-09-2113_convert_20121008204417.jpg


怪しい青い照明が不気味な雰囲気を醸し出してますよね。

通路の下はお水がジャンジャンと流れてて

水音も凄いんですよ。

以前に一度奥まで行きましたが

中はそんなに長いコースじゃないです。

写真の通路がこの後階段になってるんです。

鍾乳洞の中に大量の水が落ちてくる滝みたいな物があり

そこが終点になってます。


途中で抱いてる海クンが怖くて暴れ出してから私まで怖くなってきた。

だって、電気も何時切れるかも分んないし

切れたら真っ暗じゃない


なのでバタバタと出口まで走って出て来ましたよ





・搾シ棚MG_0144_convert_20121008204946



それからは海クンも公園を走りぬけて

駐車場で待つお父さんの元までダッシュで帰ってきました。


やっぱりここは真夏に泳ぎに来るとこだよね~。

そんなお彼岸ドライブでしたよ。




















子守唄の里

長かった親戚の家までの道のり・・・・・

毎回思うんだけど遠かった~

お彼岸中という事もありお仏壇にお参りして

滞在時間小一時間。

こちらは義母のお里なんですよ。

も・も・もしかして、義母も平家に縁のある高貴な方じゃ・・・


世が世ならばお姫様だったりして。

今は姫とは程遠いですが


いぇ・・・・そんな心配は無用でした。

まったくの庶民じゃ・庶民!と伯母ちゃん(笑





IMG_0182_convert_20121008235050.jpg



お墓のある五木地区

ダム建設予定地で代替え地としてお寺も新しく

高台にお引越ししたらしいのですが

ダムの建設もストップになっちゃってるみたいです。

橋だけ工事が進んでた。




2012-09-218_convert_20121008204213.jpg



「五木の子守唄」でも有名な場所です。


その昔、山深い五木の里の暮らしは厳しく、

娘たちは幼いころから家を助ける為子守奉公に出されました。

娘たちは奉公の辛さや父母を思う気持ちを口ずさみ、

それがいつしか哀調を帯びた「五木の子守唄」になったのです。

全国に名高い「五木の子守唄」には、このようなエピソードが秘められています。





IMG_0188_convert_20121008205310.jpg




おどま盆ぎり盆ぎり 盆から先ゃおらんと
盆が早よくりゃ 早よもどる

おどまかんじんかんじん あん人たちゃよか衆(し)
よか衆ゃよかおび よか着物(きもん)

おどんが打死だときゃ 誰が泣(に)ゃてくりゅか
裏の松山ゃ せみが鳴く

せみじゃござらぬ 妹(いもと)でござる
妹泣くなよ 気にかかる

おどんが死んだなら 道端(みちばち)ゃいけろ
ひとの通るごち 花あげる

辛(つら)いもんだな 他人の飯(めし)は
煮(に)えちゃおれども のどにたつ





年端もいかぬ幼い娘達が家の為に親元を離れて行き

辛い奉公を我慢して努めたんだなぁ

子別れ峠なんて言う峠もあるんだそうです

その峠まで親に見送られて行ったんだなぁ。。。なんて

想像したら可哀そうで泣けてきますよね。






・搾シ祢MG_0184_convert_20121008205458






この子守歌には

いろんな伝承があるらしいですがどれが1番の歌詞とかは

特別ないんだとか

元々即興で歌われてたんでしょうから。

それが口伝えで今日に伝わってきたんでしょうね。





2012-09-219_convert_20121008204239.jpg




休憩所にもなってる古民家で

観光ボランティアのおじちゃんが昔のいろんなお話を

聞かせてくださいました。




・搾シ的MG_0191_convert_20121008205724



せっかくいいお話を聞かせて下さってるのに

海クンの頭は夕ご飯の事で一杯といった感じでした。

海クンもここはひとつ子守奉公にでも出てみてはどうでしょうか

意地悪も少しは治るんじゃないの~


お墓参りも済み、ボチボチと家路につく事にしましたが

最後に寄り道したところは・・・・・。





2本の吊り橋

ひっそりと佇む平家の里の傍には

見どころがもう一か所あります。

五家荘の中でも一段と山間に入った所にあるのが樅木地区です

ここにも険しい谷間にかかる樅木吊橋があります。

昔は地元の集落の唯一の道であり、藤のツルや丸太や竹で出来ていたそうですが

現在は観光名所となっており吊橋はロープで丈夫にできています。



IMG_0160_convert_20121008205018.jpg



駐車場から降りていくと小さな集落があります







IMG_0165_convert_20121008205155.jpg



こういう場所での海君は自由に散策できる事が嬉しいのか

終始ご機嫌さんのお顔ですよね





IMG_0161_convert_20121008205047.jpg


IMG_0163_convert_20121008205127.jpg



トンボや曼珠沙華秋の一コマですよね~





IMG_0166_convert_20121008234753.jpg



集落の先に見えてきた吊り橋の入り口。

先ほどのつり橋に比べてレトロな感じです。






・搾シ的MG_0176_convert_20121008204500



海クン・・・・危険を察知したのか

橋の方を見て動かなくなりました






2012-09-217_convert_20121008204155.jpg



■ あやとり橋
・形式:木製吊橋
・橋長:71.5m
・竣工:1988年

■ しゃくなげ橋
・形式:木製吊橋
・橋長:58.7m
・竣工:1989年

■ あやとり橋
最初は「つる」を編んで造っていたが

昭和49年に地元の人達の手で木材搬出用のワイヤーロープにより架け替えられた。

1988年に土木学会田中賞を授賞した。

なお近年は五家荘の観光名所となっており多くの観光客が訪れている。

昭和63年には再び架け替えがおこなわれた。

「しゃくなげ橋」はあやとり橋の下流30mに公園を回遊するた為に造られた、

やや小柄な吊橋である。

(観光ガイドより)



説明でお判りでしょうがここには2本のつり橋が掛けられてるんです

二つを合わせて樅木の吊り橋(もぎ)と言うそうです。




渡ったの「あやとり橋」です

このあやとり橋も「梅の木吊り橋」のように宙に浮いた感じの工法です。

しかも・・・歩くところが木で造られてるために

下の谷が丸見えでこれまた半分も行かないうちに引き返しました

さすがに海クンはスカスカの木の間から落ちたらいけないんで

公園でお父さんと待っててもらいましたよ。





IMG_0173_convert_20121009001027.jpg



あやとり橋から見た「シャクナゲ橋」です。

写真撮ってても凄くユラユラするんですよ~

ロープを握りしめて引き返す。


ここを超すと親戚の家まであと一息です

本当に凄い所に住んでるんですよ~~




IMG_0177_convert_20121008205237.jpg


IMG_0178_convert_20121009000956.jpg





少し離れた所から二つの橋が綺麗に見る事が出来ました。

確かにこの橋があるのと無いのとじゃ

昔の人々の交通の手段は2時間ほどは違うんじゃないですかね。








落人たちの桃源郷

連休最終日の昨日、重い腰をあげてやっと衣替え完了です。

毎回思う事ですが、どうしていらない物がこんなに出るんだろう






とてもスリリングな吊り橋をあとに更に山深い所まで行きます




IMG_0121_convert_20121008212837.jpg



行く道を遮る様に折り重なる山々を進むと

こんな所にも人が住んでるのか!!というような所に集落があります。

五家荘(ごかのしょう)この山里には「平家の里」と言う施設があります






IMG_0122_convert_20121008204532.jpg



IMG_0124_convert_20121008204616.jpg



1300~1700m級の九州山地の奥深い位置に点在する五家荘は

八代市泉町(旧:泉村)の中の旧村であった

椎原、仁田尾、樅木、葉木、久連子の5つの集落の総称であり、

五家荘という地名では地図に載っていない。

五家荘地方は平家落人伝説の残る九州中央山地の奥深い山間に点在する集落で

九州の秘境と言われている場所である。

五家荘にある「平家の里」の資料館には平家落人伝説の資料が展示してある

(五家荘観光ガイドより)






IMG_0127_convert_20121008204704.jpg


源氏と平家とが雌雄を決した源平合戦で一ノ谷の戦い、屋島の戦い、

壇ノ浦の戦いにおいて平家方が連戦連敗を繰り返した中で

発生した平家方の難民であり、残党の追捕から逃れた者が落人となって

各地に潜んだことから様々な伝承が伝えられるようになった。

武士に限っては平家の落武者と呼ぶ場合もあるが、

落ち延びたのは武士だけではないことから

平家の落人という言われ方をすることの方が比較的多い。

そうした平家の落人が潜んだ地域を平家谷、平家塚、平家の隠れ里、平家の落人の里などという。

(Wikipediaより)



人知れず慎ましく暮らしていた平家の日々を垣間見たような気がします。




2012-09-21_convert_20121008203755.jpg


2012-09-211_convert_20121008204003.jpg



少し山を上がると能舞台が作ってあります

古くからこの一帯に伝わる新楽などが行われるみたいですよ。




2012-09-213_convert_20121008204039.jpg



能舞台の横には平家の伝説館があります

平家の栄枯盛衰を美しいお人形で作ってあります。





2012-09-215_convert_20121008204119.jpg


五家荘の岩奥という所に隠れ住んでいた鬼山御前は、

屋島の合戦で源氏方の那須与一が、平家方が掲げた扇の的を弓で射たという、

その的になった扇を持っていたといわれる、

平家の官女・玉虫御前のことだともいわれています。

彼女は平家追討に訪れた源氏方の那須小太郎宗治(那須与一の息子)を引きとめているうちに、

恋に落ち、夫婦になったのだそうです。

(ガイドブックより)

そう思うと、この鬼山御膳、悲しい平家の物語の多い中

唯一のハッピーエンドなお話じゃないですかね





2012-09-214_convert_20121008204058.jpg



今低迷中の大河ドラマよりも面白かった平家の里

絶対に死んではならない!見つかってはならない!という

強い思いがこんなに山深い所まで導いてきたんでしょうね

幾日も掛かり道なき道を逃げ延びてきた平家の落人の事を思うと

悲しい気持ちにもなりました。

歴史の扉をちょっと開き

秘めた数々のロマンを見れた「平家の里」。



2012-09-216_convert_20121008204139.jpg






後になって親戚のおばちゃんに聞いた事

この平家の里、もう少し上に上がると

鹿園があったらしい

鹿さん・・・見たかったよ。。。。




2012-09-212_convert_20121008204021.jpg



空中散歩

連休の真っただ中

久しぶりにゆっくりとした休日を過ごせています。

初秋の風が気持ちいい福岡ですよ。




IMG_0398_convert_20121007160150.jpg


金木犀の香りも風に乗って漂ってきます。


山深い五木のドライブの続きです。

ロン毛のシェパードマックス君に見送られて親戚の家に行く途中

こんな場所に差し掛かりました。





IMG_0112_convert_20120930223259.jpg




IMG_0110_convert_20121007155442.jpg



渓谷の中に掛かる吊り橋です。

ここから見ただけでも足がすくみそうな光景。

どうしてこんな渓谷に吊り橋を架けたのでしょう?

それは、梅の木轟という幻の滝が橋の向こうにあるからです。

峻険な谷に阻まれなかなかお目にかかれなかったのですが、

平成元年10月、この滝周辺の自然の美しさを多くの人に知ってもらおうとこの吊り橋が架けられました。

全長116m、高さ55mの日本一の吊り橋は、

1本のロープも使わないPC(プレキャストコンクリート)床方式で作られているめずらしい橋です。

 「深い渓谷に白いリボンを張り渡したよう」と称されているように、

ロープのない吊り橋はぶらんと宙に浮いたような感じがします。

(観光案内参考)



IMG_0113_convert_20121007155501.jpg



一歩足を踏み出してみると谷の下は見えない

コンクリートのしっかりした足場でした

スケスケの下が見える足場だと怖くて私は渡れないです。

でも、進みだすと揺れるんですよ~怖い

なので渡り切る事無く途中で引き返す。

その先にあると言う滝も見ないまんまです。




・搾シ的MG_0115_convert_20121007155940



海クンもへっぴり腰で付いてはきますが、

危険な場所だと察知してるのか途中で足が止まりました

それでも一応下を確認する度胸はありますよ

リードを引っ張ってはいますが

この姿を傍で見てる私の方がぞくぞくしてきます。

海クンが見てる光景は






IMG_0114_convert_20121007155535.jpg



こんな感じです。

落ちないと分っていても足がすくんでしまいます。




IMG_0120_convert_20120930223350.jpg


・搾シ的MG_0063_convert_20121007163652



先を急がないといろいろ見れないからね~

今度は勇気を出して渡ってみたいね。





P8285643_convert_20120904130102.jpg




五木は紅葉スポットでもあります。

一月もしたら美しく彩るんでしょうね。







お帰り兄たん♪

暑かったり寒かったりと気温差の激しい日が続いてます。

朝晩は冷っと寒いんですが日中は汗ばむ陽気ですもんね

体調崩してる方も多いと聞きますよ。

温度調節、しっかりとやらなきゃね。

海クンのお散歩の時近所のお宅から金木犀の香りが漂ってきました。

秋を感じる一瞬です。


3日ほど前、東京に出張してた息子クンが帰ってきました

当初の予定より半月程長くなってた東京滞在でした。





・搾シ撤8155159_convert_20121006000146



まぁ・・・・男の子なんでそう詳しくは色んな話はしないんですが

初めての大都会暮らし、楽しかったそうです。






・搾シ撤8155174_convert_20121006000309



東京には福岡から出て行ってる友人も沢山いるみたいで

嬉しい再会とかもできたらしいです。

海クンも息子クンの姿を見た時は

一瞬、あれ??っつて顔してましたけど

珍しく激しく喜んでいましたよ。




そして・・・彼女ちゃんと一緒に

ばあたんの家にお土産もって行ったりと初日は忙しそうでした。

あ・・・・・実は私達いなくって、息子クンに会ったのは翌日だったんです



帰ってきた翌日。

夕方から久しぶりに皆で「螢」に行ってきました。






2012-10-005_convert_20121006000737.jpg



久しぶりの古巣ではお疲れさん、お帰りの心のこもった

ウェルカムカードが用意してありました。







・搾シ撤A046424_convert_20121006000644



お父さんと若いカップルと

あと、ゲストにこの夏に結婚した我が社の強面親方。

お嫁ちゃんが出産の為に里帰りしたんでお誘いしましたよ。

息子クンも兄のように慕う彼に初めて彼女を紹介出来ました。





2012-10-04_convert_20121006000404.jpg



2012-10-041_convert_20121006000422.jpg



旬の食材で美味しい物ばかり。

銀杏も初物です。

サンマとイチジクの揚げ出しなんて変わったメニューもありました。

これが中々美味しい

真似してみたいお料理です。


さすが居酒屋甲子園優勝店です。

相変わらずお客様も入れ代わり立ち代わりと言った様子ですが

息子君曰く・・・そんなに忙しくないと

麻布の「蛍」はどんだけ忙しかったの~~



そして、この日は彼女ちゃんのお誕生日でもありました





2012-10-042_convert_20121006000437.jpg



2012-10-043_convert_20121006000452.jpg




「螢」のお家芸とも言うサプライズでお客様もみんなでお祝いです。

ついでに息子クンのお帰りプレートも出て来ましたよ(笑


息子クンよりも1か月ほど早くお姉さんになっちゃった彼女です。

息子君が居ない時も遊びに来てくれたり

本当に優しい女性ですから

これからも息子クンと仲良くして行ってもらいたいなぁ。。。

これからは暫く今年の居酒屋甲子園に向けて

その準備にも追われる日々になる事でしょうが

2連覇目指して頑張ってほしいですね。

お店のスタッフさんも「お母さんとの約束果たしたけんね!」と

必ずや今年は応援に駆け付けたいと思います。


そして、息子クンが東京にいた間にお店に行って下さったお友達の皆様

休みの日を合わせて誘い出して素敵な所に連れて行って下さった

I夫妻や桐家さん。

本当にお世話になりました。

この場を借りて御礼申し上げます。





おまけ



・搾シ儕9256332_convert_20121006001208



お食事会に招待されなかった海クンは

いじけてお父さんお仕事の邪魔をしています(笑













EOS始動

仕事に追われる中の山鹿温泉逃亡。

PCまで持って温泉宿に居るなんて

ヤバい書類でも持ちだしたみたいですが・・・・・

悲しいかなそんな小細工をするほどに儲かってません




2012-09-211_convert_20120930222302.jpg



宿を出発してから山鹿の町を一回り、朝の散歩です。








2012-09-212_convert_20120930222358.jpg



これが「山が灯篭」

灯篭祭りには紙でできたこの灯篭を頭に乗せて

千人踊と言う盆踊りが行われます

私も1度見てみたいと切望してるお祭りです。




2012-09-20_convert_20120930221955.jpg





私がこの秋に心待ちにしてる立ち寄り湯「桜湯」の完成も間近です。

相当老朽化してたから取り壊されてね(以前は¥150でした)

もう出来ないのかなぁ~と悲しんでいたら

間の開く事2年程、やっと施工にこぎ着けたんですね~。

水汲みの帰りによる楽しみが出来ました。




そしてここからはもう一つの用事です

五木の親戚の所にお彼岸参りに向かいました。






IMG_0085_convert_20120930233132.jpg



「五木の子守唄」でも有名な山深い所です。

行けども行けども山道。

ここから峠を抜けてさらに奥に進みます。

五木には壇ノ浦の戦いで敗れた平家の残党が逃げ延びて来たと言う話も有名です。

それには折々触れていきます。





2012-09-213_convert_20120930222426.jpg




長々とくねった山道を進むともう少しで峠。





2012-09-214_convert_20120930222457.jpg



二本松峠というこの辺りでは一番高い所

もう夜には寒くてオコタを出してるそうですよ。

この峠の一件茶屋






・搾シ蝕MG_0100_convert_20120930223155



休憩がてらに寄りましたが

五木と言えばお蕎麦も美味しい所

「名物のヤマメの天ぷらそば」なんてメニューを見たら

食べずにはいられないでしょう。






2012-09-217_convert_20120930222619.jpg


ヤマメの開きが丸々天麩羅になって乗ってたよ

ダイナミックです。






2012-09-216_convert_20120930222556.jpg


この茶店のオジサンの一押しは手作りのこの商品。

山椒オリーブはその名の通り山椒をオリーブオイルで漬けこんだもの

これ!!お豆腐に乗せて食べても・クラッカー・パンにも相性いいです

買ってきて幾つか試したんだけどね

餃子につけて食べるのが1番美味しかった

もう片方の黄色いのは柚子をオリーブオイルで漬けこんだもの

こちらはドレッシング作るときに混ぜ混ぜしたら合いそうよ。







IMG_0105_convert_20120930223229.jpg



早目の休憩を峠の茶屋で楽しんで出発です。

お店の看板息子「マックスくん」4歳だそうです。

強面ですが凄く優しいシェパード??だって

毛、長いよね~~

おじちゃんが言うにはここは寒いからこんな風に毛が長くなってきたとか(爆

この後親戚の家までの道のりが長いのよ。

ここにきてまで・・・・(T_T)

小国のドライブとはまた別の日。。。。

我が家の水も乏しくなって来てた。

恒例の水汲みはわざわざ熊本と大分、日田の県境まで行くものだから

すぐには間に合わないと言う事。

お彼岸中のある日、仕事が一段落ついたお父さんが

また急に水汲みに行こう!と言い出したけど

例のあの調査前だしね~ 私だって忙しいのよね~と思ったけど

水は必要な物。

渋々重い腰を上げたのだけれど、今回はお泊りと言い出したんで

バタバタと着替えを持ち出発

それには訳があったんですよ。

今回はワンコと泊まれる宿からの始まり。





IMG_0063_convert_20120930225223.jpg



まずは何時もの山で水を汲んでから

山鹿温泉へ下りてきます。


途中は栗園やら梨狩り・終わりを迎える葡萄狩りも楽しめる所もあります

それでお父さん、お世話になってる方へ葡萄を送りたいと言い出して

葡萄園に入りいくつかの種類を味見。

今年は葡萄の当たり年ですかね

どれも凄く甘くておいしいんです。

送るお願いをして葡萄園を出る時にもう一粒だけ食べたくて

試食の葡萄をつまんでたら、葡萄園のオジサンに「帰りながら食べなさい」と





・搾シ的MG_0065_convert_20120930222702



こんなに大きな粒の葡萄ひと房を頂きました。

お父さん・・・「やっぱりあんたの顔には何か頂戴」と書いてあるんだ!と笑う。

一粒入れたら口いっぱいに葡萄。

本当に大きいでしょ~~




P9206314_convert_20120930222836.jpg



そして山鹿の宿に到着「旅館巳㐂さん」(みき)

以前にも1度泊った事がある宿です。

急な予約と言う事で食事の用意は出来ませんけど・・・

この日の泊り客は私達のみだったし。

それは良いんです!  山鹿には大好きな焼肉屋さんもありますし。

取りあえず1度部屋に入り食事をしに出かけました。




焼肉屋屋さんに行くつもりで出たら

宿のすぐ傍に居酒屋さん発見





2012-09-201_convert_20120930222228.jpg



「かたな」というネーミングが

外国にある日本料理店みたいで笑えたけど

料理はどれも無難に美味しい。

宿の前なんで調子良くビールが進むお父さん

まだやる事が残ってるから飲めない、あたし





IMG_0072_convert_20120930232056.jpg




調査に備えてィ出納帳をきちんと整理して合わせとかないといけない

とても面倒臭い仕事が残ってる。

なので折角の温泉ですが仕事持込み。





2012-09-21_convert_20120930222201.jpg



その疲れを癒してくれる温泉が有難い

山鹿の湯は私のお気に入り

私の中では日本一の美肌湯だと思ってる。

貸し切りの大きなお風呂は夜遅いとチョッと怖いけど

入ってしまえばそれも忘れる気持ち良さ。

仕事もはかどった夜でした。





・搾シ的MG_0074_convert_20120930222747



プププッ・・・海クン

目つき悪くなってるところはそっくりかもね~。




やっと見つけた!!

小国ドライブの後編です。





P9126179_convert_20120930020628.jpg





小国エリアって意外に広くて私達が次にたどり着いたのは

宮原エリア、小国の中心地です。

滝の裏を見学できる「鍋ヶ淵」というCMでもお馴染みの滝も

このお国にあるんですよ~。






2012-09-013_convert_20120930020847.jpg




この辺りも下りてみた事は殆どなくて

美味しいと評判のメンチカツの揚げ立てを食べさせてくれる

お肉屋さんに立ち寄り熱々のメンチカツを片手に

散策してみました。

気が付いた時にはメンチカツは手から消えていました(爆



「富くじの道」

これは立ち寄ってみなくては・・・

私のオータムジャンボへの道へのお導きでしょうか。






2012-09-122_convert_20120930020335.jpg



細い路地を入ると

白い土壁の建物。

これは地域の皆さんの憩いの場所的な感じの物でした


お茶なんか飲んでお喋りするのでしょうね。

お店とかでもなくこういう使い方っていいですよね

独り暮らしのお年寄りもお喋りできる場所です。

この蔵の横をさらに進むと堂々とたたずむ欅の木。





P9126194_convert_20120930213208.jpg



樹齢1000年程のけやきの根元から湧水する水源。

福運三社の1社。願いが叶う伝説もあるそうです


ブログを通してですがこの木をご覧になってる皆さんにも

ご利益があると良いですね~。






2012-09-123_convert_20120930020256.jpg




川辺での風景に癒されますね。


あ!今日のタイトルの「やっと会えたね」とは

この大きな欅ではないんですよ



それはね・・・






P9126184_convert_20120930020651.jpg




普通の道端に置かれてる大変よくできた

「トトロ」だったんです。

7年ほど前にどこかで見た!!と思いながら見つける事が出来なかったんですよ。

帰り道、いきなり目に入って感激でした。




P9126186_convert_20120930213350.jpg


昔はデジカメも持って無くて

携帯のカメラでの撮影でした。

もう忘れないからね~

海クンやる気のない顔での記念撮影になりました。








P8285643_convert_20120904130102.jpg


山は少し色づき始めてましたよ


小国ドライブ・・・おしまい。



小さい秋見つけた

心配されてた大型台風も福岡方面には何の影響もなかったですが

直撃した地域の方々は大変でしたね。

曇りの日は日中も肌寒く感じて来ました。

お布団は少し厚手の物を出しては見た物の

箪笥の中は真夏のまんま。

私的にはまだ半袖でも過ごせますが、世間にでたら

もうブーツなんて履いてる方も見かけます。

10月と言えば衣替えですからね。

カレンダーも残すところあと3枚です。。。。



また少し前の事ですが

ぶらりドライブ熊本小国近辺です。

またあてども無久山道を行けば




P9126167_convert_20120930020525.jpg



山はもうすっかり秋の装いでした


何時もは通過してしまう小国をぶらついてみました。






2012-09-121_convert_20120930020405.jpg




小国で人気の「岡本豆腐店」昔ながらの製法で

ザル豆腐や大きな油揚げが大人気ですが

この日はお休みでした・・・残念。




「短足でも満足湯」



2012-09-12_convert_20120930020123.jpg



無料で入れる足湯があるんですよ。


何かないかと探しながら先に進むと






2012-09-124_convert_20120930020312.jpg



変わった建物を発見しました

何かの研修施設みたいでしたが

お風呂は一般の方も入れるようです。


海クンのお散歩をすることにしたんですけど

公園らしきところには蜂の巣が落ちてた

危険なんで横のグラウンドに場所を変更です。






P9126175_convert_20120930020607.jpg



緑の芝生がよく整備してありますが

海クンはグラウンド内には入れないように注意して

その周りをお散歩です。







・搾シ撤9126177_convert_20120930020506




海クンあまりの気持ち良さに木の陰で「もよおした」ようです。






P9126173_convert_20120930020547.jpg



タップリと2週、のんびり歩いて大満足した海クンと

なんかないかなぁ~と言いながら小国の町中に移動です。







P9126182_convert_20120930020722.jpg



たわわに実ったお米も刈取りを待つだけでしたよ。

 | HOME | 

プロフィール

maomao955

Author:maomao955
シーズの海君14歳になったでつ、海の日に生まれたから、海(かい)という名前でつ!うちべんけいの男の子で、おもちゃが大好きでつ、亀公園で散歩するのが日課でつよ。

みんなのLOVEパワー

1 Click Animalsへ

海家お奨め☆

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad