FC2ブログ
2018_11
29
(Thu)05:29

蔵出し写真

海君がお空に遠足に出かけて今日で丁度一カ月になります

一カ月前の朝はおはようと言って目覚めてたのにね。。。。

まだ、お家の中には海君の面影が沢山残っています。

昨日は亀公園の近くを通ったので、車から降りて

ちょっとベンチに座ってみました。

ここを楽しそうに歩いてた海君と私に会える様な気がして。。。

心の中には海君はいますが、姿が見えない、あのふんわりとした

しっぽに触れないって事がこんなにも辛いなんて。。。。

古い携帯に残ってた海君の写真を眺めてみては

ついこの間の事のようだなぁと

15年なんてあっという間だったと感じています。

ブログを始める以前の懐かしい海君の写真も

少し見ていただこうかなぁって思って

貴重なお耳の毛が長い頃の海君


NEC_0040 (1)


海君のお耳は後ろの方についてて

長いスタイルが似合わなかったんですよ

取ってつけたようでしょ(笑


NEC_0078 (1)



これは1歳ぐらいの頃かなぁ



NEC_0071.jpg



NEC_0067.jpg



赤ちゃんの頃は黒や茶の毛が多かった海君ですが

1歳過ぎた頃からはなぜか、美白に成功したかのように真っ白になってて

また年を取るにつれてゴールドに代わってきて(私的には黄ばんできたとも言う




NEC_0026.jpg


お気に入りのプーさんハウスに

大好きなオモチャを沢山連れ込んでましたよ。



NEC_0018 (1)



これはお正月の頃かなぁ。。。

リボンつけてる貴重な写真。


NEC_0082.jpg


お散歩に行く前はいち早く玄関で私を待ってた海君。

居ない事は分かってても、時々廊下の方に目が行くんですよね

懐かしい写真はまだまだ沢山あるので

時々若い海君にも登場してもらえそうです。






スポンサーサイト



2018_11
28
(Wed)05:21

最後のお出掛Ⅱ

10月18日の下関へのドライブ

海君が生き生きしてお出掛けしたのも

これが最後になりました。

唐戸市場を後に、長府の町までぶらりと足を延ばしてみました。

長府を訪れるのも3~4年ぶりぐらいでしょうか

以前に行った時は見学しなかったお寺さんを見学



IMG_1023_R.jpg



長い階段の両脇には「もみじ」がいっぱいでした

長府でも指折りの紅葉のスポットだとか。。。。

この時はまだ青々としていますが

今頃は紅葉が素晴らしいんでしょうね




IMG_1027_R.jpg


曹洞宗「功山寺」


鎌倉時代創建、唐様(からよう)建築の美しさを保つ仏殿は、

わが国最古の禅寺(ぜんでら)様式を残しており国宝に指定されています。

 元々は長福寺と呼ばれており、

功山寺となったのは長府藩祖毛利秀元(ひでもと)の菩提寺とされてからです。

また、幾度となく歴史の舞台になったところで、

毛利元就に追われた大内義長が自刃した場所であり、

明治維新の転機となった高杉晋作が、奇兵隊からも賛同されないまま、

伊藤俊輔(の博文)率いる力士隊と石川小五郎率いる遊撃隊ら、

わずか80人程度で挙兵した地(功山寺挙兵)でもあり、

境内には馬上の高杉晋作像があり、

晋作を始め幕末・維新ファンなど歴史ファンが訪れております。

(観光HPより)


立派な山門をくぐると、休憩中の海君とお父さん



IMG_1028_R.jpg





IMG_1019_R.jpg


後ろから見ても立派な山門ですね~


こちらは、国宝の仏殿

IMG_1034_R.jpg


少し前までは団体さんの観光客でいっぱいでしたよ



IMG_1016_R.jpg



IMG_1036_R.jpg



境内の方は少しだけ紅葉が始まってました。


IMG_1035_R.jpg



IMG_1010_R.jpg



高杉晋作象の傍に

長寿の水というのがあって

お水汲みに来てる方がいて、もちろん海君も

頂いて飲んだんですけどねぇ。。。



IMG_1020_R.jpg


IMG_1030_R.jpg



境内ではほとんど、抱っこして

写真撮るときだけ下したんですが

歩きたさそうにしてたんで

この後、長府の武家屋敷を少しお散歩したりしましたよ。


IMG_1048_convert_20181127224925.jpg


帰るにはちょっと早いので

もう少しふらりと移動してみました。



2018_11
27
(Tue)05:37

最後のお出掛

海君が急にご飯を食べなくなったのは

10月19日の事でした

その前日には元気にドライブに出掛けていたのに

出先でもご飯もたくさん食べました。

お薬だってきちんと飲んでいたのにね。

日本語教室が急にお休みになったので

下関へ行ってみようって、ドライブに出掛けたのが

最後になるなんてね。



KGSogtxL8hUCZvw1543239539_1543239552.jpg



我慢強い海君はこの時は

本当は辛かったんじゃないかなぁなんて思ったりもします。

到着はお昼前、唐戸市場でお昼ご飯を食べるのが目的でした


IMG_0991_R.jpg




2018-10-18_convert_20181126223000.jpg



市場内、平日は意外に閑散としてるものですね

だけど、お目当ての回転すし屋さんはすでに行列でした

このお寿司屋さん、回転寿司だけど、

寿司飯、機械じゃなく、板前さんが目の前で握ってくれるんです。

順番を待つうちに、関門海峡の撮影。



IMG_0992_R.jpg



正面奥には観覧車や水族館があるんですよ。




IMG_1000_R.jpg



お天気も良くて行きかう船を眺めたり



IMG_1001_R.jpg




大きな貨物船の向こうの岸は

門司港のレトロ地区。

海君も遅めの朝食を車で食べてから

お昼寝の態勢に入りました。

お寿司屋さんの待ち時間はあっという間

中で食べる時間もあっという間




IMG_1005_R.jpg



食後はカモンワーフへ移動してみたけど

何年も前に来た時とはお店も全然代わってました。

以前は可愛い雑貨屋さんもあったけど、今は食べ物屋さんばかり。

武蔵と小次郎の戦いの巌流島へ渡る船もここから出てます。

ここで一番のお気い入り写真は

鈴木福君がフグになってる看板(笑




IMG_1006_R.jpg




これを眺めながら




IMG_1008_R.jpg


食後のスイーツをのんきに食べてたなぁ。。。


この後はお目ざめの海君も登場して

お寺散策へ行きました。


2018_11
25
(Sun)23:29

海太郎

気が付けば師走も目前ですね。

急に寒くなるはずです。

この所時間があれば、ぼーっとして思いだすことばかり

一カ月前の毎日の事、

海君と午前に午後に病院へ行ってたなぁとか

海君がご飯食べなくなったのも一カ月前だったなぁとか

そんなことを思いながらもうすぐ初めての月命日を迎えようとしています

まだ涙が出ない日はないけれど

お陰様で毎日が忙しくて、どうにかやり過ごせてるし

ちょっと温泉なんかにも行ってみたり。。。。

そんな一カ月でした。

海君が居なくなってから寂しくてたまらないのは

私やお父さんだけじゃなく

太郎しゃんも同じ。

お葬式を終えて、小さな海君を家に連れて帰ってから

太郎しゃんは三日間も海君のお気に入りの

ソファーで寝てました


20181030_204228_convert_20181125223803.jpg



今までここに座ってる姿は見た事がなかった。

海君の残り香を感じてるのか・・・・

はたまた、やっと憧れのソファーに座れて

嬉しかったのか。。。。

あと、太郎しゃんはよく、海君の写真の横にいる事も多い



20181117_151027_convert_20181125223735.jpg


闘病中も寄り添っていたからね

兄やんの傍がいいのかな。

で、ちょっと鳥肌が立ったのがこの写真




20181117_140130_convert_20181125223956.jpg



テーブルの脚に顔のせて寝てるんですけど

このスタイル、海君がよくやってた仕草。

勿論、太郎しゃんがこんな事したのを見たのも初めて。

もしかしたら、ソファーに座ってる時も

テーブルの下で寝てる時も

海君が太郎しゃんの身体を借りてるのかもしれないなぁ~~って




kMbyGY7uokpIQtn1543151547_1543151603.jpg



そういう時は海太郎って呼ぶようになった我が家です。


2018_11
19
(Mon)22:56

海君が見た紅葉

昨年の今頃は親戚の結婚式の為に東京まで行ったなぁ。

お嫁ちゃんも妊娠中だったけど、

頑張って上京して息子君も一緒に

家族みんなで、ケロちゃんファミリーと京都まで旅できました。

その時、最後の最後、帰り道に立ち寄った西本願寺と東寺の記事

ゆっくり書いてるうちに桜の季節になって

また秋になったら書こうと思ってたけど

まさか、海君が見た京都の秋はこれが最後になるなんて

あの時は夢にも思ってませんでした。


IMG_9055_convert_20181118002355.jpg


晴鴨楼さんの立派な菊の花も

今年は見ることができなかったね。




IMG_9057_R.jpg


晴鴨楼でくるみちゃん達とサヨナラして

高速に乗るまでの道途中にある

西本願寺さんの大銀杏を見物したね




IMG_9061_R.jpg




IMG_9066_R.jpg





影堂前の天然記念物「逆さ銀杏」というのだそうです

(樹齢推定約380年)幹周/6.5m、樹高/7.0m。

大銀杏の木は、低い位置から枝が横に伸びていて、

根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」と呼ばれています。

散ってしまう前のちょうどいいタイミングでした




そのあとは東寺


IMG_9077_convert_20181118002546.jpg



東寺の紅葉も凄く綺麗でした。



IMG_9083_R.jpg



IMG_9069_R.jpg




IMG_9070_convert_20181118002436.jpg



東寺は海君も入れるお寺さん

桜の時期も何度も来たね。


IMG_9080_convert_20181118002616.jpg



大好きだった海君の笑顔が懐かしいなぁ。




IMG_9087_R.jpg


今年は紅葉を見る余裕もなくて

ふっと色づいた木々を見ても

色あせて見えるのは

海君と一緒に見れないせいかなぁ。

春の桜も、夏の海も、秋の紅葉も、冬の白い雪も

海君と一緒だったから何もかもが輝いて見えてたのかな。




IMG_9082_convert_20181118002640.jpg



海君、今年はお空から綺麗な紅葉を見てますか?
2018_11
16
(Fri)01:01

思い出ドライブ

今年の紅葉もそろそろ終わりになってきましたね。

朝晩は随分と冷え込んだりしてますが

それでもお天気の日中は上着もいらないぐらいです。

11月はお相撲の九州場所が開催されてますが

思えば25年ぐらい前の九州場所は木枯らも吹く寒い季節でした。

確実の温暖化してるんですね。

記事は9月の中頃の事。

まだまだ海君もげんきでしたよ。

久しぶりに長崎方面へドライブに出掛けてみました。



IMG_0779_R.jpg


目的地は西海町

曇り空で生憎のお天気でした。

晴れてると凄く綺麗な景色なんですけどね。




IMG_0781_R.jpg


久しく来ないうちに西海橋も新しいのができてたんですね。

こちらが古い方の西海橋


IMG_0782_R.jpg



渦潮が見らてたりもするんですよ。



ここからまだ先に進むと「崎戸」という小さな漁港があって

秋には伊勢エビ祭りが開催されてます

なんとも素敵なお祭りでしょ~

お目当てはもちろん伊勢エビでした。



IMG_0791_R.jpg



入り組んだ住宅街の中にある小さなお店(ちょっと分かりにくい)



2018-09-211_convert_20181116002835.jpg


2018-09-212_convert_20181116002852.jpg



2018-09-213_convert_20181116002909.jpg



プリップリの伊勢エビのお刺身やお味噌汁

新鮮なお魚で、大満足。

漁港にあるバス停がユニークでした



IMG_0804_R.jpg



爆睡してた坊ちゃまに出演お願いして

やっと撮れた。



IMG_0805_R.jpg



IMG_0806_R.jpg


ずっと雨が降っててあまりお外に出なかったんで写真が少なくて(涙


帰りに立ち寄った眺望の良い道の駅



IMG_0810_R.jpg



ここの駐車場で会った

ププッ・・・と笑っちゃったニャンちゃん。


2018-09-21_convert_20181116002814.jpg


ムッチリとよくお太りになってる

そしてとてもフレンドリー。

ここで可愛がってもらってるんでしょうね

太郎しゃんよりはるかに栄養が行きわたってる。

そして…ズラのような頭の毛(笑

とてもインパクトがありました。

この頃のは、不気味な位に体調も良かった海君

それが反対に怖いなぁなんて思ってたんですよね。。。。。

悪い予感、的中しちゃったね、海君。









2018_11
14
(Wed)00:46

海君を偲ぶ夜

10日は一カ月で一番忙しい我が社。

お給料に支払いに集金と飛び回ってて

集金に見える業者さんが来るたびに聞かれる

「あら、今日は海君は」と・・・・

先月は元気だったので皆さんもビックリされてね。

寂しいね~ってションボりして下さいます。

すべての締めが終わって家に戻るのは夜9時前

疲れて食事の支度もしたくないので

お父さんと二人近くの割烹へ。

家のすぐ前にあるんで歩いて30秒。

そこで、近くのお弁当屋さんの大将とバッタリ。

仕出し屋さんのお弁当なんでとても美味しくて

会社などにも配達していただいたり、お父さんもお昼に買いに行ったりと

よく利用するんですよ。

海君もいつも一緒に行っててね

ここの大将がまた、ワンちゃん好きで

お店の玄関口に海君と待ってると、いつも唐揚げを

海君にもね!と2個おまけして下さるんです。

この日、お昼にお父さん、お弁当を買いに行って

海君はの事を話してたそうです。

大将、私の顏を見るなり悲しいね~ってウルウル。。。。

一緒の席に座ってから海君の事を話して写真なんか見てるうちに

「俺は、海君が大好きやった」~~と号泣されるんです。

それで私もお父さんもまた涙



0CqRGKjVEqUPyDD1542122114_1542122183.jpg



海君はご近所の方々からもいつも

お声かけていただいてて

八百屋さんやお菓子屋さん、商店街のお店の方もみんな知ってます。

歩いてスーパーに行った時は

八百屋さんでお水まで貰って預かってくださったりね。

沢山可愛がっていただきました。

それだけに、そこに行っても「海君は?」と尋ねられて

報告するのが辛いですね。

お弁当屋さんの大将は夜のお散歩の時に会ったりすると

一緒にお喋りしながらお散歩にもお付き合いしてくださったりして。

それだけにショックだったと仰ってくださいました。



_xAGPiJKWY0PdRc1542121973_1542122071.jpg



だいの大人3人で泣きながらお酒飲んで。。。

海君を偲ぶ夜になりましたよ。

海君の写真を見て「凛々しいなぁ~~」

「今は海君、不死身になったね」と。。。。




KMYpyFkWBReNyg51542122224_1542122295.jpg


虹の橋に行くときは若い元気なころに戻って

どこまでも走り回ってるのかなぁ。

ニコニコ笑って胸張って、お友達と仲良く出来てるといいなぁ。。。。

海君の事を思って下さる方が沢山いて

やっぱり幸せな犬生だったね。









2018_11
12
(Mon)00:12

お空へ

海君への沢山のメッセージをありがとうございます。

お空へ遠足に出かけて早2週間が過ぎようとしていますが

海君のいない我が家は火が消えたようです。

家に居ても、目に付くものすべてが海君と思い出

海君のお気に入りだった場所、使っていた毛布

お洗濯、出来ないままのお洋服。。。。。

何も片付けられないままですよ(涙

そういう時に日本語教室があって本当によかった~とも思うんですが

教室に行っても海君の使ってたお水入れやマット

皆さん競って海君の好きなおやつを買いそろえていただいてて

それが冷蔵庫を開けるたびに目につく訳で

事務のF女史も局長も、通訳さん達も時々涙ぐむという仕組み。

それでもね、家にいるよかは全然いいんですよ。

青年達とお勉強してる時もいつも一緒に居たから

指定席に海君お姿が無いのは寂しいけど。。。。

時々熱いものがこみ上げてくるけど・・・・・

ママは頑張っています



海君を送る日の朝方、疲れてて少しウトウトしてて

夢ならいいなぁと薄目をあけたら、ケロママさん

寝ないでずっと海君の傍に付いててくださってた。



IMG_1191_R.jpg



お商売をされてて月末のお忙しい所

ご夫婦で駆けつけて下さって。

くるみちゃんのスタイとくるみちゃんの綺麗な毛を

海君に持たせてくださった。

くるみん、未亡人になっちゃったね。

海君がお家を出発する時刻が迫ると胸がドチドチしてきて仕方なかった。

前日に原因不明の発熱・嘔吐に苦しんでたお嫁ちゃんも

嘘のように元気になってたんで、みんな斎場へ向かいました

途中で大好きだったカメ公園に寄って、海君を抱いて見せてあげました。

海君、ケロちゃんファミリーも一緒だよ

まるで海トラベルに出発するみたいです。

旅に出るときはいつも、「しゅっぱつしんこ~~」って

大きな声で号令かけてから出掛けたね。

斎場は我が家からも見えるお山の中腹

スタッフの方も丁寧で親切で人間より手厚いかもと思うほど

時間の事はいいですから、ゆっくりとお別れされてくださいと。。。

お坊さんも到着してお葬式が始まりました。



IMG_1198_R.jpg



IMG_1199_R.jpg



IMG_1200_R.jpg



2018-10-30_convert_20181112001433.jpg



お経をあげていただいてる時も

もうすぐ本当に海君とお別れしなきゃいけないと思うと

体の震えが止まらなかった。

ずっと泣いてる私を裕人さん、不思議に感じたのか

手をさわったり、腕を引っ張ったりして、心配してたのね。






IMG_1205_R.jpg


頂いたお花やお気に入りのおもちゃ、お弁当やおやつを

たくさん持って、荼毘に付す時間が過ぎても離れがたくて

海トラベルへ、一人で行かせる事が可愛そうで。。。。


斎場に行く途中でプリントした家族写真を持たせて・・・

虹の橋で皆自慢しあうんだそうですよ。。。




IMG_1206_R.jpg



IMG_1207_R.jpg



IMG_1208_R.jpg



ケロママさんがお花の赤いリボンを

海君の手に結んでくださって

ずっと赤い糸でつながってるからね~って。

これで絶対に迷子にならないね。

それから先は、斎場の方に託しました。

10分ほど経つと、海君はゆっくりとゆっくりと



IMG_1212_R.jpg



IMG_1214_R.jpg



お空に上がっていきました。




IMG_1216_R.jpg



見事な秋晴れの綺麗な空でした。

15年3カ月と9日、海君の事をお世話出来た私の責任も終わりました。

海君からもらったプレゼントは数え切れないほどの幸せでした。

本当に海君・・・ありがとう。



IMG_1221_R.jpg


小さくなった海君を海君号の指定席に座らせてお家へ帰りました。

このブログでいつも応援してくださった多くの方々やお友達からも

心のこもった綺麗なお花を頂きました。

海君、お花に囲まれてご満悦でしょう。

感謝いたします。




IMG_1245_convert_20181112004721.jpg






海君の事を時々思いだしてくださると幸いです。

ブログもどうしようかとも迷いましたが

海君のお出掛した思い出がいくつかありますので

書いて行こうと思っていますので

思いだしたら覗いてみてください。




LcuBAIdJPcASezv1541945550_1541945645_convert_20181111232456.jpg













2018_11
08
(Thu)05:13

心からありがとう

海君が旅立った朝の事は鮮明に覚えてます。

天気のいい気持ちのいい朝でした。

海君におはようを言って

いつものように病院へ行く準備をして、今日も

頑張ろうね~って目薬さしたりして病院へ電話をかけました。

今から出たら丁度待たないで診られるよとの事で

バッグを持って毛布に包んだ海君を抱き、玄関へ行きました

鍵をかけてる時に、海君の頭が私の胸に傾いたので

海君、ママ鍵かけにくいよ~って声をかけたら

何だか急にふっと、海君が軽く感じられました。

急いで玄関へ入りしっかり抱きしめたまま心臓に手を当ててみると

ゆっくりとジワジワトとしたような心臓の鼓動でした。

海が逝こうとしてる。。。。。。

ダメよ海君待って、と言ったけど最後に聞こえた言葉がダメ!じゃ

海君、叱られたと思っちゃうかもしれない。

すぐに「お利口だったね。海君ありがとう、ありがとう」と

しっかり抱きしめて何度も言えました。

静かにゆっくりと、苦しむこともなく心臓が止まりました。

きっと、海はもう、病院へは行きたくなかったのね。

私にしっかりと抱かれて静かに逝ってくれた海君の清々しいまでの

潔さに、只々涙が出て仕方なかった。

そのあとすぐに海を抱き、病院へ行き綺麗にしてもらおうかと思ったけど

車まで行ってエンジンかけたけど、止めた。

病院に行くのが嫌だった海君を今更連れて行くのも可愛そうで

ママが綺麗にしてあげるねといって、家に戻り病院に電話をかけて

先生に、海が逝ったことと、お礼を告げました。

先生は涙声で、「海は最後までカッコよかったね」と褒めてくださいましたよ。

それから、ずっと水も飲めなかった海君の口にお水を少し入れてあげて、

お顔や体を拭いてあげると、海君、見る見るうちに

生き生きとして見えてきました。

その頃、丁度お父さんから電話が入り、海の事をいうと直ぐに戻ってきて

夫婦でこんなにないほどに泣きました。

そして、毎日心配して様子を聞いてくださった方々にお知らせをすると

皆さん、海君に会いに来てくださいました。

ネイルの先生、サラママ、Tちゃん、煌ママさん、お仕事を早く繰り上げて

駆けつけてくださいました。

お嫁ちゃんもお仕事早退してくると電話がありましたが

夕方でいいよって言って。

夕方からも、トリミングの先生や実家の母と弟夫婦。。。



IMG_1177_convert_20181107233858.jpg


沢山の方々が海の為に来てくれて、悲しんでくださって

本当に本当に有りがたかったし、海君、幸せ者です。

裕人君と由莉ちゃんの無邪気さにまた涙。。。。

不思議な事はお嫁ちゃんが原因不明の発熱に嘔吐が急に。。。。

ちびっこの後ろでお布団敷いて寝込んでしまいました。


海君が逝く事があった時は

その姿は皆さんへ公開しないつもりでしたが

みなさん口々に、本当に綺麗ね~生きてるみたいよ。って

ある方も、大満足のお顔ですねと仰ってくださって。

なので、ちょっと悩みましたが、みなさんにも見ていただきたいと思いました。

苦手な方は、不快に思われる方はここまでにして下さい。











20181029_125416_convert_20181107233654.jpg



1541600855882_convert_20181107233755.jpg



穏やかな可愛いいつもの海君のお顔でしょ。

闘病中の方がショボショボしてたよ。

なんだか若返ったようにも見えます。

虹の橋では、元気なころの体を取り戻すと聞きましたが

海君・・・・あまりにも仕事が早いよ(暁整体さん談)



そして、凄く驚いた事がもう一つ

夜になって、東京からケロ家ご夫妻が飛んでこられました。

北九州からは、あまおうさんも、翌日のお仕事を代わってもらえたからと。



IMG_1185_convert_20181107233930.jpg


あまおうさんの結心ちゃんも一緒に来てくれたの。

本当に、海君の為に有りがたい事です。




1541062248242_convert_20181107233723.jpg



皆さん海君とのお別れの為、私たち夫婦の心配の為

優しい気持ちに包まれて、海君との最後の優しい時間が流れました。

皆さんに支えられて、これもね、海君が残してくれた最高の

親孝行だと思います。

悲しくて、辛くて、悔しくて耐えらないほど苦しいけど

海君と過ごした15年はいつも一緒で、輝く宝石のような時でしたし

出来る限りの事もしてあげれたと

後悔は一つもありません。

何よりも私の腕に抱かれて逝ってくれた海君には

私の理想通りの見送りだったと感謝しています。

ママとお父さんが寂しくないように、みんなを呼んでくれた海君

親ばかだけど、あなたほど立派なワンちゃんをママは知らないよ。

いつまでも私の誇り、自慢の息子でヒーローです。

ありがとう。。。。。


海の為に駆けつけてくださった皆様

今まで沢山の応援をして下さった皆様に

心より感謝いたします。


この翌日に海はお空へ向かいました。

その事もまた書きたいと思っています。









2018_11
07
(Wed)05:26

最後の頑張りⅡ

海君が食べなくなってから、9日め。

腎臓の数値は一向に下がらず

元々、増帽弁不全症を発症してて

欠かさず飲まなくてはいけない心臓の薬さえ飲めなくて

それで、心音も乱れ始めてるという事も告げられました。

先生にこの先どんな症状が出るのか、どんなふうに、なるのかと

お尋ねしたら、先生は「痛みとかはないはず、この儘、穏やかな気がするなぁ」と仰いました。





IMG_1157_R.jpg



急いで搬入して頂いた、酸素ハウス

入るんだろうか?と思ったら

海君も楽なんでしょうね

スヤスヤと眠ります。

身体の辛さが少し出も癒えたのかな。

先生が仰るように痛かったり息苦しかったりが無いようなので

それだけが救いでした。



IMG_1159_R.jpg



血流も悪くなってたのか

普段ねてる海君は、あんよもポカポカしてるんですが

数日間は冷たかった。

それが酸素ハウスに入ると、少し暖かくなるんです




IMG_1161_R.jpg



外に出たくなると首をあげてみたりするんです。



IMG_1166_R.jpg


ハウスから出るとマスクに代えて吸入してくれました。

好きな所に移動して好きな体制で好きなように。

時々、太郎しゃんの介。護付き

土曜の夕方にはチッコも出ないので病院へ電話してみたら

連れてきてみてと仰り。

エコーで見ていただいたら、ちゃんとチッコはできてて

腎臓の機能はまだ大丈夫そう。

出も海君はチッコをする元気もなかったようです

カテーテルで出して頂いて、スッキリして家に戻りました。

それからも穏やかに寝たり起きたりする海君に沢山の話をしました。

夜には煌ママさんご夫妻がお見舞いに来てくださり

旅のお土産やお守りを海君に下さいました。




IMG_1171_convert_20181104204943.jpg


元気になったらブンブン振り回して遊んでね~と

海君の大好きなオモチャ。

お疲れの所、お立ち寄りくださり

お父さん不在で、心細かったので凄くうれしかった。

その晩からは海君の事が気になり、ウトウトする位で

殆ど眠れてなくて。。。。

翌日曜にも朝から点滴に行き、お父さんが戻ると少し仮眠して

夕方になると、またチッコを出して頂くために病院。

お父さんも前日旅行に行く前には歩いてた海君の弱り様には驚きでした。

旅行中も気が気でなかったんでしょうけどね。

日曜の夜に初めてサラママに海君の体調が悪い事を話しました。

心配させたくなくてずっと言えなかったね。。。海君。

サラお姉ちゃんと二人夜も遅いのにすっ飛んで来てくれて



20181029_003113_convert_20181104205511.jpg



ずっと、ずっと体をさすり手足を温めてくれたサラママ

太郎しゃんも、その横でマットにお顔を乗せてずっと見守ってた

きっと頑張れ~~兄たんと応援してた。

私達が思ってたてた以上に太郎しゃんにとって海君は

大事な大事な家族だったんだね。

この夜も時々、ワン!とか寝言のように言う海君

なんの夢を見てたのかなぁ

一晩中体をさすりながら、涙がこぼれ落ちそうになるけど

絶対に泣かない!って決めたから。。。

楽しかった思い出話を一晩中して過ごしました。

また行こうね~、また行けるからね~って・・・・

海君もしっかり聞いてくれてたね。

だけど、これが私と海君との最後の夜になってしまいました。








2018_11
04
(Sun)21:31

最後の頑張りⅠ

海の旅立ちの際には沢山の温かいコメントや

私達家族へのご心配のお言葉を有難うございました。

明日、月曜で早くも初七日を迎えますが

未だにあの子がいない事が嘘のようで

家のいたる所には海の面影が残り、自然に涙ばかりこぼれてきます。

「海く~ん」と何度呼んでも、トコトコと可愛い顏して来てくれる海はいません。

お留守番が嫌いで一人が嫌いだったのに、どこにいるんだか。。。

なかなかPCにも向かうことも出来ませんでしたが

海の最後、数日間の頑張りを皆さんにも知って頂きたいと思い

これまた涙を拭き拭き、文字を消しては打ちながらの投稿になりした。




IvTnYYqeNyLbeMF1541331116_1541331179.jpg



食事を取らなくなってから一週間目、10月26日は

帰省してた息子君が東京に戻るときに


1ARFr8TWJwtCeRF1541331641_1541331730.jpg



次に戻るまで頑張れよ~って沢山の激励をして

息子君も別れがたかったようでしたが

今思えばいいタイミングでの帰省だったですね。



G0O9_LX6UUW_EM11541331761_1541331801.jpg


食べてないので横になってる時間も多くなってましたが



IMG_1147_R.jpg


IMG_1153_R.jpg


時折キッチンの方へ行き

何か食べたさそうな仕草も見られて

そんな時は好きなオヤツヤフルーツをあげるけどやはり食べてくれませんでした。

翌、10月27日の土曜は、お父さんは仕事関係の方々との旅行。

朝から海君もおトイレ外まで行き、自力で出来てたんですよ。


IMG_1155_R.jpg


その後は病院の時間までひたすら寝てたなぁ。

海君の行く病院は患者さんが凄く多くて平均待ち時間は一時間

予約とかできない病院ですが

先生や看護師さん、お優しくて、電話するとその時点で

順番表に海君の名前を書きこんでくださり、何時ごろに来てくださいと

待たなくてもいいようにして下さいます。

病院に行くとき、普通なら外に出たらおトイレをしますが

この時は海君、チッコ出なかったね。

立つのもやっとな感じで、急に弱ったなぁと感じました。

診察台の上でも絶対に座ることがなかった海君

いつも仁王立ちでの診察

「みんなの好きにはさせないでつ!」のスタイルでしたが

初めて診察台で寝た海君。

先生も、6年間診て初めての事・・・・・と。

それだけ辛かったんだね。

腹水も・肺水もないんですが、とにかく体がだるそうで

酸素ハウスをレンタルすることにしました。

先生の手配で、家に帰ると直ぐに業者の方が搬入してくださりました。

そして、先生の口から非常に難しい状態であること、覚悟してくださいと

いう事も告げられました。

とっても海の事を可愛がって下さった先生、あの時、何か言葉を飲み込まれましたが

今思えば、「もう点滴は止めないか」とおっしゃりたかったんじゃないかなぁ

針を打つたびに「海、ごめんな」と呟いてた。。。

帰りの車では涙が出て仕方なかった。

横でスヤスヤしてる海君を連れてこのままどこかに行ってしまいたかった。

でも海君は大好きなお家に早く帰りたいと思って急いで帰ったね。

食べなくなってから、逝くまでの事、

記録の為に書いていますが、思いだすと心が痛くなりますね。

今日はこの辺で。。。。