海クンの弟子入り(^_-)-☆

宿場町を後にして嬉野の市街地で向かう途中に

また面白そうな施設を見つけました。

1度は通り過ぎたんですが、何だか気になって戻ってみたんです。

この日に通ったコースは旧道になってるみたいで

今は皆さん新しいバイパスぇお利用するために

中々入ってこない地区みたいです

なので海家も初めて通る道となったんです。

こんな施設がある事も全然知る事もなかったんです。





P9106105_convert_20120924015342.jpg



「志田焼きの里博物館」

佐賀と言えば有田焼や伊万里焼があまりにも有名で

この志田焼きと言う物すら知りませんでした。


志田焼は、肥前の国鍋島藩、本藩領の東山と支藩蓮池領の西山、

いわゆる有田大外山の二つの窯場で焼かれたものをいいます。

初期は、陶器のみでしたが、1700年頃には天草陶石による、磁器の焼成が始まりました。

全盛期は文化年間以降で、東西5つの登り窯により、大中小の染付皿が大量に生産されました。

生産された種類は皿製品が中心で、それ以外は極端に少ないことが特徴です。

幕末期、鍋島藩全皿山の中で、志田染付皿の占める割合は、過半数に及ぶとみられ、

佐賀県窯業史上、重要な役割を果たしています。

この工場は大正時代から生産がはじまり

昭和30年代までは火鉢などの生産の中心的場所となりましたが昭和59年に工場が閉鎖されました。

(パンフレットより)







2012-09-105_convert_20120924014352.jpg



大きなドーム型の焼き釜の中もとても状態がよく

今でもすぐに使えそうなほどですよ。





2012-09-106_convert_20120924014524.jpg


2012-09-107_convert_20120924014612.jpg


敷地もとても広くて、これだけの施設をそのまま

保存してあるのは国内でも珍しいそうです。


霧雨が降ってる中、最初は独りで見学してたんです

お父さんは海クンと車でお昼寝して待ってると言いましたんで

見学者も私の他には誰も居なくてユックリと見て回ってると

この古い施設の中昔にタイムスリップした気分でしたが

その時、「第一村人発見!」って感じでオジサンが出て来ました。

入場口にも誰も居なかったし「人がいないときは中で300円お支払ください」って

書いた紙が貼ってあってね、だからズンズン入って行ったと言う訳

オジサンに入場料を払おうと声を掛けてパンフレットなど貰うと

焼き物を作れるよ!と仰います。

「ロクロも回して良いよ!教えてあげますから」ワクワクするようなお誘いが

そこで駐車場に居たお父さんにも電話したら

自分もロクロをやってみたいと起きてきたんです。

海クンも入場OKとの事で施設の1番奥にある攻防に移動しました。




2012-09-108_convert_20120924014635.jpg




綺麗にお手入れがされてて本当に陽広いんですよ。



それではロクロ体験を・・・始めようとしたら



・搾シ単9106120_convert_20120924015238



おぉっ!!海クンが1番バッターですかね。

どんな感じで修業するのか見てみましう。





・搾シ娠9106122_convert_20120924015139




師匠のお手本をよく見る出来のお弟子のフリをした海クンです(爆





・搾シ撤9106123_convert_20120924015313





・搾シ単9106124_convert_20120924015255




・搾シ娠9106121_convert_20120924015022



・搾シ撤9106125_convert_20120925005122



なんて・・・先生と海クンの小芝居はこの位にして(爆




お父さんの制作風景



2012-09-1010_convert_20120924014750.jpg




グローブの様な手で一生懸命に作ってますよ

なんだか怪しげな感じもしますけど、プププッヨガんで来てないかい。





2012-09-1011_convert_20120924014809.jpg



横でお手本を作る先生と比較してみたら


ちょっと歪ですが良いんじゃないでしょうか


3個作って良いそうです

1個目は先生のお手本みたいなお湯のみ・2個目はお茶碗

3個目は自分の好きな物を作っていいと言う事です

そして、気に入った物を焼いて下さいます

1カ月程して送って下さるそうです

1個¥1200円と言うリーズナブルなお値段に感激です。


そして、私も




2012-09-109_convert_20120924014728.jpg



えぇっと・・・・・

太い二の腕は見なかった事にしといてくださいませ

見ても忘れて下さいね



私はお茶碗と湯冷ましを作りました。

中々満足の出来でした。

1か月後が楽しみです。























スポンサーサイト

Comment

  • ユーアイネットショップ店長ウチマル
  • URL

志田焼き。
初めて知りました。
窯元も流れがあるのでしょうね。

女流作家の作品楽しみにしてます(^_^;)

  • 福岡笑顔整体+健康の知恵袋 副院長^^
  • URL

なかなかコメントに伺えなくてすみません。
海くんの弟子入りですか(・∀・)
ろくろは回せなくても足型くらいは
「海印」としてつけれないものでしょうか。
ぜひとも海印の器、実現して欲しいでつ(笑)

  • イヴォンヌ
  • URL

志田焼きの博物館もいいし、陶芸いいですね~

パパさんのも海ママさんのもなかなかうまくできていて焼いた後の出来上がりが楽しみですね♪

  • ポンまま
  • URL

うわぁ~、海ママさまもお父さんもお上手ですね!!
完成が楽しみですね~♪

先生の様子をジッと見つめる海クン、実は秘かに先生の技を盗んでいる?!
近いうちに弟子入り出来るとイイね~(^_^;)

  • まるママ
  • URL

ホントにタイムスリップしたみたいですね♪
映画のセットみたいです^^

ママさんもパパさんも上手じゃないですか!
ロクロって難しんですよね!?
出来上がりが楽しみです~!

  • 海ママ
  • URL
うちまる店長様

この近くは通った事あるんですけど
意外に見落としてた所でした。
どんなものが出来上がるのか楽しみです。

  • 海ママ
  • URL
副院長様

出来上がった作品の高台にでも
足型を残したかったんですが
少しでも触ると方が崩れそうだったんで
諦めましたよ。
手びねりの工法だとそれも可能なのかもしれないです。
絵付けの体験も出来るから
海クンの足型スタンプも可愛いかもしれないです。
次回までの宿題ですね~。

  • 海ママ
  • URL
イヴォンヌ様

その時代のままでの保存と言うのが素晴らしいですよね。
陶芸と言うのも随分昔にやったきり
夫婦での体験は初めてでした。
1か月後が楽しみです。

  • 海ママ
  • URL
ポンまま様

先生のご指導が凄く上手で
ソコソコ満足の良く出来でした。
でも、釉を掛けて焼きあがると雰囲気も変わるんでしょうね。
少し小さくもなると言う事ですから。

海クンは始終大人しく先生を観察してました(笑
やはり職人の世界、見て覚えるんでしょうか(爆

  • 海ママ
  • URL
まるママ様

そう!映画のセットさながらでしたよ。
今でもすぐにでも使えそうに手入れしてありました。
貴重な施設だと思います。
ロクロの体験は初めてしたが
力の入れ具合や手の動かしかた繊細なものでした。
また絶対に行きたい!!と熱望してるんです。

Leave a Reply










Trackback