一子相伝を守る

10月は色んな所で秋の収穫祭や焼き物の

民陶祭などが各地で開催されていました。

海家の本家のある町の近くにもとても素朴な焼き物の里があり

そこで民陶祭が行われてると言う事で

ぶらりと出掛けて来た時の事です。





IMG_0584_convert_20121108024706.jpg



元々は山間の小さな集落

道にまで沢山の車で駐車スペースも無いぐらい

やっと車を止めて散策してみました。






2012-10-14_convert_20121108023319.jpg




「小鹿田焼」。「おんたやき」と読み、

大分県日田市皿山の小鹿田焼の里で江戸時代から続く焼きものです。

今から300年程前の宝永 2年(1705年)に開窯(かいよう)したと伝えられ、

福岡県朝倉郡小石原村にある小石原焼の分窯です。


江戸時代中期に筑前の国小石原焼から陶工・柳瀬三右衛門を招いて、

地元の大鶴村の黒木家・坂本家の協力で開窯された李朝系の登り窯です。

素朴な普段使いの「民陶(みんとう)」で、

開窯当時にもたらされた焼き物の技術や伝統は、

一子相伝でかたくなに守り続けられ、現在は10軒の窯元があります。

平成7年には国の重要無形文化財保持団体に、

平成20年には、国の重要文化的景観にも指定されました。

その伝統と奥義を受け継ぎ守ってきたという、知る人ぞ知る焼きものが「小鹿田焼」なのです。

(公式HPより)







2012-10-143_convert_20121108023653.jpg





小鹿田皿山は、集落全体の地質が厚い陶土層で形成されていて、

表土を少し掘り下げれば陶土を掘り出せます。

小鹿田焼の原土(陶土)は、すべて集落周辺の山からの自給です。






 山間に唐臼の音がこだまする民陶の里、小鹿田皿山の唐臼。

ここでは三百年近い伝統ある小鹿田焼が匠たちの手で作り出されているそうです。

 皿山の唐臼は、竿と杵と臼からできており、竿は根元をくり抜き、

水流を受けて先端の杵を動かして臼の中の陶土をつく。

 「ギィー……、ゴトン」と響きわたるのどかな唐臼の音は、

里の中央を流れる大浦川のせせらぎと調和して、

静かな山里の自然の中で心をなごませる風物詩でもあります。

 唐臼は全国でも珍しい水力を利用した陶土粉砕機で、

3~4基連なったものが多く、現在は36基が動いている。

 自然乾燥された原土は、この唐臼で細かく粉砕され、陶土として利用される。

(小鹿田焼のガイドブックより)






2012-10-141_convert_20121108023620.jpg





小鹿田焼きは、今では少なくなった足で蹴ってまわす、

蹴ろくろを使い、昔と変わらない技法で作られています。

ここで、飛びかんななどの美しい模様をつけていきます。

飛びかんななどを一人前にできるようになるまでには、10年の修行が必要だそうです。

先日の海家のなんちゃって陶芸なんかは足元にも及びませんよね~






2012-10-146_convert_20121108023746.jpg


2012-10-14_convert_20121108023920.jpg



皆さんご自分のお気に入りの一品や

掘り出し物を探して陶工窯を巡るのが楽しみですよね。






IMG_0590_convert_20121109023352.jpg



この村唯一の食事処

昔からここのだご汁はとても美味しいと有名です

お婆ちゃんが長年守ってこられてましたが

今は代変わり。






2012-10-144_convert_20121108023711.jpg



お昼時から少し経っていたのですが

アユの塩焼きのいい香りに誘われて

ついでに新蕎麦も頂きました

太い麺の田舎蕎麦が素朴な味です。

九州名物の柚子コショウが最高に合いますよ





・搾シ的MG_0593_convert_20121108024522


お塩がタップリの鮎は海クンには無理ですね






2012-10-145_convert_20121108023727.jpg



素朴な器には山の恵みがとても似合います

アケビ見たのは何年ぶりでしょうか

紫のみを沢山付けた植物

見ての通り「紫式部」と言う艶やかなネーミングの野草だそうです。


小さな集落見て回るのは小一時間ほどで十分です。

ぐるりと一周してお腹も満足したら

少しドライブに足を延ばしてみました。






・搾シ撤A146462_convert_20121108024614











スポンサーサイト

Comment

  • ユーアイネットショップ店長ウチマル
  • URL

嘉万峠の方は久しく行ってないので、
小石原しか記憶にありませんが、
立ち寄ってみたいところですね。

明日からはまた中国の山間部です。
寒そう・・・

  • あさみ
  • URL

春は華やかな有田陶器市
秋は素朴で味わいある小石原や
こちらのような陶器のイメージです。
どこか懐かしいと思ったら小石原の分窯なんですね。
だこじるも鮎も美味しいことでしょう(*´∇`*)
海君食べれなくて残念でつたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • イヴォンヌ
  • URL

焼き物のお祭りいいですね~

鮎の塩焼きおいしそう♪

  • 海ママ
  • URL
うちまる店長様

我が家も近くは通るんですが
久しぶりに小鹿田の里まで行きました。
ヒッソリとした村落もこの時は
賑わってますね~。

  • 海ママ
  • URL
あさみ様

秋の民陶祭は始めて行きましたよ。
素朴な土の陶器は手に取ると
馴染みが良くて温かもがありますよね。
長年愛されて来た手打ちそばも
だご汁も懐かしい味がしましたよ。

  • 海ママ
  • URL
イヴォンヌ様

数年ぶりに焼き物祭に来ましたが
もう我が家は置き場のないほどの
食器ですから買う物はないんですよ。
美味しい鮎を頂けただけで満足でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • にっしー
  • URL
NoTitle

こんばんは♪

今回の神奈川滞在中ですが、お時間があればぜひに鎌倉へ! まだ少し早いですが、紅葉と湘南の海を楽しんでいただけるかと。

それから、横浜『麺や維新』へも行って欲しいなぁw こっそりとクビレも覗き見してますから(笑)

  • 海ママ
  • URL
にっしー様

にっしーさん、今回は残念ながらみなとみらい近辺で
缶詰状態みたいです。
鎌倉まで行きたかったですよ~
にっしーさんのお奨めのお店もチェックしてみたいです。
クビレは無いのであしからず(爆

Leave a Reply










Trackback