寒い寒い比叡山

琵琶湖の宿から何処に観光に行こうかと

頂いたパンフレットをロビーで眺めながら暫し検討会

琵琶湖周遊は海クンが無理だと言う事でパス。

石山寺と言う紫式部と縁のあるお寺に行きたい私

参道なども賑やかで楽しそうだし・・・・

しかし、海家のお父さんはそんなに甘くは無いんです

「比叡山に行こう!」と私が触れなかったコースを選択

山だよ!寒いよ!雪で行けないかもよ!と言ったけど

車は山深く比叡山ドライブウェイへと突き進みました

お宿でドライブウェイの割引券なるものを頂いたけど

この道を通るのが驚きの料金でした

比叡山まで行くのに約2400円もお支払するんですよ

これを払わないとお寺は見れないと言う事ですか

そしてまた入口で拝観料だよ。

車が大きくなるほどにこれが高くなるシステムでマイクロバスとかだと

確か5千円とか掛かるんだよ。

お父さん割引券500円握りしめて「琵琶湖が一望できるんだってよ~」だと




P1087634_convert_20130209004445.jpg




靄っててスッキリみえましぇ~ん

しかもクネクネの道で気持ちが悪くなってきたし。





2013-01-009_convert_20130209003816.jpg



そして延暦寺に到着


百人一首で有名な慈円は、比叡山について「世の中に山てふ山は多かれど、

山とは比叡の御山(みやま)をぞいふ」と比叡山を日本一の山と崇め詠みました。

それは比叡山延暦寺が、世界の平和や平安を祈る寺院として、

さらには国宝的人材育成の学問と修行の道場として、

日本仏教各宗各派の祖師高僧を輩出し、日本仏教の母山と仰がれているからであります。

また比叡山は、京都と滋賀の県境にあり、

東には「天台薬師の池」と歌われた日本一の琵琶湖を眼下に望み、

西には古都京都の町並を一望できる景勝の地でもあります。

このような美しい自然環境の中で、一千二百年の歴史と伝統が世界に高い評価をうけ、

平成6年(1994)にはユネスコ世界文化遺産に登録されました。

(パンフレットより)






2013-01-081_convert_20130209003752.jpg



とにかく山深いところなんですよ

修行の場にはふさわしいところなのでしょうが






2013-01-082_convert_20130209003840.jpg



こんな所までいくら信長の命令とは言え

焼き討ちに行かされたお侍さん達は大変だったろうよ~

只々それを思うばかり・・・・

嫌だ~~絶対に嫌だよ。

車でさえ行きたくないのに


比叡山は東塔・西塔・横川と3か所のエリアに分かれています。

着いた所は東塔。  大講堂だそうです。





2013-01-083_convert_20130209003859.jpg



お!開運の鐘とありますので

思いっきりつかせていただきましたが





2013-01-084_convert_20130209003916.jpg




50円、連打禁止だそうです。

お父さんと海クンも50円分力の限りつかせていただきました。






P1087656_convert_20130209011919.jpg



雪の残る中アスファルトも凍ってる。

滑りそうになりながら根本中堂へ。

寒いんですよ…足の先が痛くなるぐらいに。

でもここの方に言わせるとこの日はまだましな方だとか。。。。






2013-01-085_convert_20130209003940.jpg



この中へ靴脱いで行く訳ですが廊下も冷たい。

中ではお坊さんが心静かに読経と写経をされてました。

読経のお坊さんの息が白いの

唯一敷いてあるホットカーペットの上から暫く動かないあたし。

その頃海クンはお父さんと






・搾シ撤1087663_convert_20130209004419



外で震えてたんだよね。。。

私が出て来た時は抱っこされてた。





2013-01-086_convert_20130209004001.jpg



それからまた山を登り法華総寺院東塔とか言う建物へ

ここに行く途中は雪がちらついて来て

良い良い方をすれば情緒があるわ~ですかね。





2013-01-088_convert_20130209004037.jpg



2013-01-087_convert_20130209004020.jpg





でも水琴窟とい打処の前に立ち止まり耳を済ませたら

雪解け水が落ちて涼やかな美しい音が聞こえて来ましたよ。

完全に凍ってなくて良かった。







2013-01-089_convert_20130209004124.jpg




戒壇院とかいうところは

出家・得度して「沙弥」となった後、

さらに戒壇において授戒したものを「僧」というのである。

つまり、戒壇とは「僧」になる資格有するための授戒を行う場なんだそうです。






P1087664+(0)_convert_20130209004509.jpg




この石の車をグルグル回してお願いしたら良いと聞いたんで

海君が代表してグルグル回してみました。

西塔へ歩いて行くと凍死する恐れありだったので

もう帰りたい・・・・と直訴したのですが


比叡山引き回しの刑はまだ続く・・・・・・










スポンサーサイト

Comment

  • ユーアイネットショップうちまる。
  • URL

比叡山。
高校時代の修学旅行でいったきり。

ゆっくりと歩いてみたいです。

でも、あれこれとお金を取るのですね。
信長が怒るはずだ(^_^;)

  • 海ママ
  • URL
うちまる店長様

季節が良ければまだユックリと散策したかったですが
なにせ氷点下の寒さ。
寒いのには比較的強いんですが足の先まで痛いほどでした。
何でもお金で少々うんざりですよね~。

  • まるママ
  • URL

「比叡山引き回しの刑」って~~~~(爆)
この言葉に大爆笑ですよ!

ママさんの記事を見ていると、ほんとに山深くて
修行にぴったりなところなんだな~って思います。
すっごく寒そう。。。

それにしても・・・ドライブウェイで2400円、拝観料も支払って、
鐘をつくのにもお金がいるとは・・・。
せっかくお金払って見に行くなら
暖かくてのんびりできる季節が良かったですよねぇ(笑)

  • イヴォンヌ
  • URL

比叡山延暦寺ってすごい山深い所にあるんですね〜
ステキな所のようだけどちょっと寒すぎ?!(笑)

  • にっしー
  • URL

こんばんは★ミ

以前、大阪や京都へ行くときに、この比叡山巡りも検討しましたが、詳細を調べる前にやめてしまったことがありました。ぼくの場合は、バスに乗って行くようになるんでしょうけど酔ってしまいそうだなぁ。。。

ビール工場の知識。どんどん発揮しちゃてくださいな(笑)

「連打禁止」という箇所でププっと吹き出してしまいました。
連打したい気持ちになりますもんね。

  • あさみ
  • URL

比叡山のお坊さんたちもこんな極寒のなか
修行されているんでしょうね。
>比叡山引き回しの刑
この表現にどれだけ寒かったのかを
思い知らされました(;^ω^)

  • うっちー
  • URL

うわーっ比叡山行きましたかー!!
海パパさん、ナイスチョイス!?(笑
私はクラッシックカー・レースで、琵琶湖側から上り、京都へ降りました。
あの道を不安定な走り&オープンカーなので、涙ものでした~
連打禁止の鐘もついてきましたよ~(笑
同じ場所に時間差で訪れているって、不思議な感覚になりますね♪
海トラベル日記はホント楽しい♪♪♪

  • 海ママ
  • URL
まるママ様

引き回しの刑でなければ罰ゲームでしょうか(爆
さすがにここまで来たら体の芯まで
冷えこんでしまいましたよ~
修行の場とは厳しい自然の中でするもんですよね
チベットとか・・・・
1度見学したらもう沢山です。
気候が良くても行かなくていいかなぁ
通行料高過ぎるし(笑

  • 海ママ
  • URL
イヴォンヌ様

やはりここも一種のパワースポットなんでしょうか!
せっかくお参りに行ったので良い御利益が
授かればいいのですが。

  • 海ママ
  • URL
にっしー様

この近江の西辺りは比叡山ぐらいしか
観光コース無いみたいな感じですよね。
くねった山道、私は気持ち悪くなりましたよ~
しかも霞で思ったような景観の良さも無かったし。。。
ビール工場見学にしとけばよかったです(笑

  • 海ママ
  • URL
七星様

連打禁止って何だか「せこさ」を感じませんか(笑
そんなにみさかいなく叩く人も居ないといないかと思いますが。
書いてあると確かにわざと連打したい衝動に駆られました。

  • 海ママ
  • URL
あさみ様

厳しい環境の中で精神修行でしょうが
観光はちょっとこの時期辛いです。
北海道に行った時にさえここまで寒いと感じなかったけど
初めて靴の中にカイロが欲しいと思いましたよ。

  • 海ママ
  • URL
うっちー様

秘境ツアー好きの選びそうなコースですよね~。
あのカーブの道をすてきななオープンのクラッシックカーで
走り抜けたんですね。
私じゃ片手にビニール袋がいりますよ!(爆
正直いってもう二度と行かんでもいいかと・・・
連打の鐘山に響き渡るよう高らかについてやりましたよ。

Leave a Reply










Trackback