海とママの秘密

<< | 2017-08 | >> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

大和に出会った呉

海トラベル2013もやっと最終です。

最終地に立ち寄ったのは広島の呉。

ここもまた初めて訪れた街。

道が広くて想像してた街よりは大きな街でした。

友人の娘さんが嫁いでるんですよ。

見学してみたいと思ってた場はここ





IMG_2768_convert_20130218003116.jpg



「大和ミュージアム」

海クン早速、古代進で登場です(爆

しかし入場は出来ないんでこの先は車でお留守番。





2013-01-09_convert_20130218002824.jpg





大和は、日本海軍が建造した史上最大[の戦艦、大和型戦艦の一番艦です。

あまりにも有名な大和。

悲しい物語も沢山ありました。






IMG_2738_convert_20130218003216.jpg



最初に目に飛び込んできたのは

10分の1の大和の姿。






2013-01-095_convert_20130218002949.jpg



印象的な船首。


IMG_2760_convert_20130218003240.jpg







IMG_2764_convert_20130218003430.jpg




完璧な美しいフォルムに見とれてしまいました。





2013-01-091_convert_20130218002844.jpg

2013-01-094_convert_20130218002932.jpg




資料展示館の中には色んな戦艦の模型も多数ありました











2013-01-092_convert_20130218002900.jpg



貴重な大和の設計図や





2013-01-093_convert_20130218002916.jpg



進水式で配られた記念品。






2013-01-010_convert_20130218003522.jpg




海の底で眠る大和から引き揚げられた数々の品物。


他にも乗組員の方々の遺品やご家族に残された手紙や遺書

どれを見ても胸が張り裂けそう気持になりました。





IMG_2757_convert_20130218003452.jpg


実際の「大和」は、北緯30度43分 東経128度04分 、

長崎県男女群島女島南方176km、水深345mの地点にこんな姿で

沈んでいるそうです。




戦艦「大和」は、昭和16(1941)年12月、呉海軍工廠(海軍直轄の工場)で、

当時の最先端技術の集大成でありながら極秘裏に建造された世界最大の戦艦です。

しかし昭和20(1945)年4月7日、沖縄特攻作戦に向かう途上、

米艦載機の攻撃を受け沈没、乗員3,332名のうち3,056名が大和と運命を共にしました。


しかし、戦艦「大和」建造の技術は生き続け、

世界一の大型タンカー建造だけにとどまらず、

自動車や家電品の生産など幅広い分野で応用され、

戦後の日本の復興を支えてきました。

10分の1戦艦「大和」は、平和の大切さと科学技術の素晴らしさを後世に語り継いでいます。

(パンフレットより)





日本の復興を支えた陰に沢山の尊い命があった事を思い

私の住む九州の海の底で眠る大和とその乗組員の方のご冥福を

思わずにはいられませんでした。


引き上げの為の募金なども募ってるようですが

私はね、もうこのままそっと静かに静かにしてる方が良いような気がします

深い海の中で眠る大和や乗組員の方には今の日本を見せたくないなぁ・・・

なんて言う気持ちも。








IMG_2781_convert_20130218003156.jpg



2013-01-097_convert_20130218003022.jpg




ミュージアムの公園でこの後の長い帰り道に

備えてお散歩してみました。




2013-01-096_convert_20130218003005.jpg



ワンコの面白いオブジェが良く出来てて

遠くから見た時は本当のワンコかと思ってたんです。









IMG_2790_convert_20130218003317.jpg




海クン何を感じてるのかなぁ。。。

平和な時代に生まれて来て良かった。。。とは思ってないよね(笑






・搾シ祢MG_2787_convert_20130218003052




本当に楽しい旅だったけど

最後に来た呉ではまた色々と考える事もありましたよ。

毎回お勉強になるね~海君。



次回の旅は何処に行けるのでしょうか。

桜の咲く頃に・・・桜前線と共に北上したいと秘かに思うママでした。













スポンサーサイト

コメント

No title

私も「大和ミュージアム」に行きましたが、当時の日本の技術がいかに素晴らしかったか・・・
日本は技術立国とあらためて思いました。

うちまる店長様

店長さんが以前に行かれた記事を見て
1度行ってみたいと思ってたんです。
貴重な物ばかりで見入ってしまいましたよ。
確かに優れた技術力でした。

No title

戦艦大和で3000人以上の命が失われたんですね〜
ホントに歴史に大きく貢献してますよね〜

No title

今回は「呉編」ですね~。

ワタシも好きで10何年か前に行きましたぁ~。
その時は「大和ミュージアム」無かったような・・・・。

戦争系の映画が好きでほとんどの邦画も観ました・・・“大和”や“人間魚雷”等々の悲しさも知りました。

是非、行ってみたい「ミュージアム」ですね~!

岡山の“動物園”~“大和ミュージアム”のコース、計画しようかな・・・・。

No title

たくさんの大和の写真たちにかっこいい!と
胸を踊らせていたのですが

>米艦載機の攻撃を受け沈没、乗員3,332名のうち
>3,056名が大和と運命を共にしました。

不勉強で大和のことはほとんど知らなかったのですが
この数字に最初の感想は吹き飛びました。
その人達は静かに海底で眠りたいのでしょうか
それとも海から出たいのでしょうか。
どちらにしても「今の日本を見せたくない」というママさんのお気持ちも分かります。
いろいろなことを考えてしまいますね。
ワンちゃんのブロンズ像には私も騙されかけました(o´ェ`o)ゞ

No title

こんばんは.。゚+.(・∀・)゚+.゚

まだ2月ですよ!! 2013年のトラベルはもう幕じめなんですか??

呉。1月に大分へ行きましたが、広島へ行くかどうかで迷っていたんです。結局は大分を選択しましたが、広島だったら呉も行く行程を組んでました。こんなにステキなところだったんですねw

No title

呉には仕事で何度か行きましたが、大和ミュージアムには寄れませんでした。
行った気分で写真を見せていただきました。ありがとうございます。
海くんはすごいなぁ。全国を旅するわんこはなかなかいませんよ~。

イヴォンヌ様

今のヌクヌクとした私達の生活がある陰で
多くの犠牲が払われたのだとつくづく思わされましたよ。
悲しい歴史ですよね。

kattin様

今回は初めての地に立ち寄る事が多い旅でした。
中でも呉は行ってみたいところでしたんで
いい経験になりましたよ。
私も戦争の映画数々みてましたが実際の資料を目にして
何とも言えない物がこみ上げてきました。
時間がもう少しあれば宮島よるのもいいですよね~
あとひと月もすれば桜も咲きだしますから
お出掛けには良いかもですね~。

あさみ様

ミュージアムに入ってすぐにこの大和が鎮座してるんですが
やはりテンション上がりましたよ~。
でもやっぱりいろんな資料を実際に見たりしたら
大きなため息でした。
この大和から生還された方の手記なども拝見しましたが
その方々も後にまた辛い人生だったみたいですね
大和の引き上げには複雑な気持ちだと
仰ってるインタビューも有りました。
公園のワンコのオブジェ可愛いと言うか良く出来れるでしょ~
海君、途中まで走って近寄って行きましたよ(笑

にっしー様

プププッ・・・確かに今年最後の旅のような締め括りだわ(爆
気持ちとしては今年最初の旅なのよ。。。
広島までは何度か行きましたが呉は初めてでした。
この近くで広島風のお好み焼きも食べたのに
写真撮り忘れてて失敗です。
贅沢言うともう1泊して宮島にも行きたかったです。
呉!良いところでしたよ~
にっしーさんも是非!

七星様

「宇宙戦艦ヤマト」世代なもんで
このミュージアムには1度行きたかったんですよ。
沢山の資料とガイドボラティアさんのお話などで
貴重な経験が出来ました。
海君はどこに行っても公園さえあれば幸せそうですよ(笑

No title

大和の形って綺麗ですね 
そして たくさんの方が亡くなってしまった大和
これからも そっと海底で静かに眠らせてあげたいです
犬のオブジェ 面白いです 今にも動き出しそう

商店街の閑散としてるのを見ると寂しくなりますね
なんとか隆盛を取り戻してほしいです
倉敷の旅館は大型犬もOKなんですね すごいなぁ
由緒ある旅館でワンと一緒に泊まれるなんて良いですね
広々一軒家 泊まりじゃなくて住みたいです

ルーシーママ様

当たり前でしょうが計算されつくした
美しいフォルムには見とれてしまいました。
この10倍の大きな戦艦は圧巻だったでしょうね。
九州の海の底に眠ってると言う事も初めて知りました。
このまま・このまま、そっとしといてあげたいもんですよね。
玉島は本当に懐かしさがこみ上げてくるような町でしたよ。
昭和にタイムスリップしたみたい。
ワンコの宿もママが言う様に住み着きたくなるような離れでした。
昔の間取りで一部屋が広いんですよね~
お掃除も大変そうだけど(笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinmao.blog54.fc2.com/tb.php/1255-9e366d32

 | HOME | 

プロフィール

maomao955

Author:maomao955
シーズの海君14歳になったでつ、海の日に生まれたから、海(かい)という名前でつ!うちべんけいの男の子で、おもちゃが大好きでつ、亀公園で散歩するのが日課でつよ。

みんなのLOVEパワー

1 Click Animalsへ

海家お奨め☆

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad