不思議なお墓参り

2月の終わりの事、出掛けたのは熊本の人吉

久しぶりの人吉の駅舎が綺麗に立て変わってました。






IMG_3041_convert_20130307012817.jpg





梅まつりが行われてるそうだとお父さん

人吉市街地から少し離れた山手の梅祭り会場は






2013-02-023_convert_20130307013152.jpg



人影もなく梅もほとんど開花してなかった

仕方ないのでお昼ご飯でも入ったお蕎麦屋さんが

とっても美味しくて梅の事は忘れてやることにしたんです。

ここ人吉は義母の里がある町

そう言えば義母方のお墓には1度だけしかお参りしてないよね~

などと話してブラブラしてたら「川上哲治の生家跡」に

見覚えがあるお寺もあるよ!





2013-02-22_convert_20130307010723.jpg



もしかしてここのお寺にお墓あったんじゃないのと

微かな記憶をたどってお寺に行き

お墓を見渡してみたら有ったよ

義母の実家のお墓。

秋に五木に行った時も親戚の家でお参りしたっきりだったし

これはきっと呼ばれたね!と

近くのお店にお酒を買いに行き念入りにお参りをしてきました。

特別観光名所も無いしね~なんて言いながら立ち寄ったのは

「永国寺」曹洞宗のお寺です。

幽霊寺として有名な永国寺の歴史は大変古く、

室町時代初期の応永15年(1408)に実底和尚による開山といいますから、

今から約600年前の創立になります。

また、この寺は、田原坂(熊本県)で敗れて人吉に入った

西郷隆盛が薩軍本営に定めた寺としても知られています。







2013-02-222_convert_20130307010753.jpg


2013-02-024_convert_20130307013135.jpg



境内には綺麗な垂れ梅が咲き始めててここでやっと梅見物が出来たんです。






IMG_3054_convert_20130307013228.jpg



この幽霊掛軸についてのいわれについてですが、

永国寺の開山実底超真和尚が描いたと伝えられています。

創建当時、近郷の木上にさる知名な士がおり、

妾を囲ったがその妾は本妻の嫉妬に悩み、球磨川に身を投げて非業の死を遂げたのだそうです。

しかし、その怨みが幽霊となり、本妻を苦しめたとか

すると本妻は実底和尚の法力を頼り、当寺へ駆け込んで

和尚の前に現れた幽霊は、和尚より因果の道理を説き聞かされ、

和尚が描いた己れの醜い姿に驚き、和尚に引導を渡して欲しいと懇願したそうです

実底和尚の引導に依り成仏し、それから妾の幽霊は現れなくなったという

何とも恐ろしいお話が残るお寺

その掛け軸もレプリカですが見る事が出来ますよ。

私はちょっと怖くて遠めにチラリと垣間見ただけ





2013-02-223_convert_20130307010808.jpg



その幽霊が出た池だそうです

私の親友のご主人も同じ曹洞宗のお坊さん

以前このお寺に泊まった時にこの池の見えるお座敷に寝る事になったそうですが

怖くてなかなか眠れなかったと話してました(爆

お坊さんでも怖いんですね~。






IMG_3074_convert_20130307013346.jpg





球磨川下りでもお馴染みの球磨川、温泉街も有りますよ。

その対岸には人吉城跡





2013-02-224_convert_20130307010825.jpg


2013-02-225_convert_20130307010840.jpg



海クンのお散歩には最高の場所です。






2013-02-226_convert_20130307010854.jpg


2013-02-227_convert_20130307010910.jpg



小さな探検隊が足取り軽く散策してますよ。







IMG_3068_convert_20130307013251.jpg


海クン何を思って遠くを見つめてるのか

キリリとした横顔ですよ(笑






IMG_3072_convert_20130307013315.jpg



そして。。。。。。威厳のあるこの姿(爆

(友人がこの写真を見て銅像の様だと大笑いしてた)



後半へと続く。
スポンサーサイト

Comment

  • ユーアイネットショップうちまる
  • URL
No title

人吉は夜街中を走ったので、まったく初めての地区。
歴史ある街なのですね。

何時か途中下車したいものです。

  • 煌ママ
  • URL
見たいです。

有名な永国寺の幽霊画。
TVでしか見たことないんです。
一度見たいー!
海クン、かっこいい♪
素敵なアングルですね~。
寧々ちゃん、あの日から1年が経ったんですね。
お母様の寂しさが遠のくには、まだまだ月日が必要なんですね。
タロちゃん。。。
頑張ろうねぇ~^^;

  • あさみ
  • URL
No title

お義母さまのご実家がきっと会いたいと思われたのでしょうね。
不思議なこともあるものですね。
幽霊池なんてあるんですね。お坊さんも怖くて眠れなかったとは…!
いってみたいような行きたくないような(;´Д`)
海くん急にどうしちゃったのでしょう。とってもきりっと凛々しいです。
人吉城のお殿様の気分だったのでしょうか(笑)

  • うっちー
  • URL
No title

海くん、素晴らしい立ち姿!!
ホント、まるで銅像のようだわ~
全国津々浦々の銅像見学をしてきた海くんですから心得てますね(笑
梅も素晴らしい!
今年は気温が低かったから、梅もようやくこれからでしょうか。

ひひひ・・・お坊さんでもコワイだなんて、ちょっと安心しますね(笑
私、たぶん、即爆睡するタイプですよ♪
不思議なお墓参りといえばですね、、、
大分の佐伯に先祖代々のお墓があるんですが
一度仕事で佐伯に行った帰り、夜中一人で運転して博多に戻る際
ナビが違ったのか、私がぼんやりしてたのか、、、?
ご先祖さんのお墓に着いたことがありました!!
さすがに真夜中の山中に参るわけにもいかず、入り口で手を合わせましたけど(爆
あれ?笑い事じゃないですよね??(滝汗

  • イヴォンヌ
  • URL
No title

梅の花がきれいですね〜
幽霊の掛け軸ちょっと怖いですね!

  • 海ママ
  • URL
うちまる店長様

人吉も川下り以外にはあまり見学するところは無いんですよ。
町のヒッソリとしてて寂しい感じでした。
綺麗な鍾乳洞があるんですよ!

  • 海ママ
  • URL
煌ママ様

煌ママ、結構こういうの大丈夫なんですよね!
何とも不気味な絵の掛け軸ですよ。
女性の情念・怨念が上手く描けてると言えばそうなんだろうけど。。。
海クンは城跡で自由に遊べてご機嫌でした。

寧々ちゃんが虹の橋に出掛けて1年。
タロちゃんが着て母も随分と振り回されてるみたいですが
それが寂しさを暫し忘れられてると思います。
でも寧々ちゃんのことを話すとやっぱり涙ですよ。

  • 海ママ
  • URL
あさみ様

母の実家の菩提寺の前に出た時は
鳥肌が立ちましたよ~
ご無沙汰ばかりだったから
ここまで来て素通りは許さんよ~って事でしょうかね。
幽霊の掛け軸はこれまた鳥肌もの。
やっぱり気味悪いですよね。
海君の堂々とした勇姿(笑
高いところに上がって見晴らしが良かったのかも。

  • 海ママ
  • URL
うっちー様

海クンの威厳に満ちた立ち姿は
友人の間で爆笑の的でした。
銅像だよ銅像!って。
梅もわが家の近所のお宅などでは満開だったのに
山は寒いから今頃丁度いいのかも。

親友のご主人、住職さんなんですけど
本当に怖がりで笑っちゃいますよ
でもこのお寺には私も泊れないですよ
酒飲んで爆睡でもしないと・・・・
うっちーさんも似た様な事があるんですね
これはまさに呼ばれたんですよ!
たまには墓参りに来いと言う事なんでしょうね。

  • 海ママ
  • URL
イヴォンヌ様

梅の花の香りはほんのりと上品で良いですよ~
垂れは梅も桜も大好きです。
幽霊の掛け軸、本当に怖いですよ~~。

Leave a Reply










Trackback