海とママの秘密

<< | 2017-08 | >> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ねねの道から

蹴り上インクラインから宿に戻るにはまだ時間が早く

久しぶりに寄ってみたいと「高台寺」へ


海クンは一緒に見学する事は出来ないんで

チョッとお疲れが出てきたお父さんと

車でお昼寝して待つことに





・搾シ蝕MG_4677_convert_20130501012455




1人でユックリと心ゆくまで見学できます(笑

お父さんと一緒だと慌ただしくてね~

見てるのか見てないのか分らないぐらいさっさと行くもんですから

時に見学ではなく、徘徊と言います(爆




P4058212_convert_20130501013631.jpg





その間の石畳の道は通称「ねねの道」と称され、

彼女の面影を求めて訪れる人は後を絶ちません。

ここには、戦乱の桃山時代を力強く、華麗に生きた女性達が偲ばれる、

趣深さがあります。





2013-04-05_convert_20130501011251.jpg




高台寺のへ向かう長い階段

何時もは横の駐車場から入るんで

この道を行くのも久しぶりの事。







IMG_4598_convert_20130501012012.jpg



かつて豊臣 秀吉の正妻

北政所 ねねが秀吉の菩提を弔うために建立した高台寺。

そしてねねが晩年を過ごし、その生涯を閉じた圓徳院へと。。。

この玄関の格子越しに垣間見える屏風に何時も足が止まります。









IMG_4600_convert_20130501012142.jpg



秀吉辞世の句

「露と落ち 露と消えにし我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢」

この句には儚さを感じますが

屏風の字は夢を追い続けたと言う意味の「夢」だと感じるんですよね。




2013-04-057_convert_20130501011608.jpg



絢爛豪華と言うお寺ではないんですが

ねねが晩成を静かに暮らした趣が感じられる庭も茶室も

こじんまりとしてて好感が持てるんですよね。


観月台(重要文化財) 右下の写真

書院と開山堂を結ぶ屋根つき廊の途中にある小規模な建築で

ここから北政所は亡き秀吉をしのびながら月を眺めたそうですよ。






2013-04-051_convert_20130501011336.jpg



2013-04-0512_convert_20130501011832.jpg




臥龍廊(がりょうろう) -

開山堂と霊屋(おたまや)を結ぶ屋根付きの階段、

龍の背に似ているところからこの名が付けられた野だそうです。

普段は霊屋にねねと秀吉の木像が並んで鎮座してるんですが

このお花の時期は下に降りてこれれて

入口近くに据えられていました。


京都の桜でも有名な高台寺のしだれ桜

丁度見頃だと書かれてて





IMG_4611_convert_20130501012047.jpg



IMG_4614_convert_20130501012255.jpg



IMG_4617_convert_20130501012118.jpg



沢山の花を付けてユラユラと枝を揺らす桜

ここの桜も例年より早い。







P4058215_convert_20130501013651.jpg





出口へ向かうと散りはじめの花びらが空へ舞ってて

気持ちいい風に包まれました。































スポンサーサイト

コメント

No title

ねねの道。
歴史に興味あるので行ってみたい。
戦国時代にタイムスリップするものいいですね。

No title

京都は四季折々楽しませてくれますね。
こんな石畳み歴史を辿りながら歩いたら癒されそう。
私も年齢を重ねたので
これからは、そんな時間を楽しめるようにしたいものです。
実は、昨日は大変でした!!
やぐちゃんがデベソだったので、いきなり膨らんで固くなってしまい
時間を争うヘルニアOPしました。
私も休みでしたし、病院も休診日でなくて助かりました。
やぐちゃん生命力ありましたね。

No title

高台寺やっぱり趣がありますね~♪
風に舞う桜の花びらすっごく風景に似合っててステキ!

うちまる店長様

高台寺まで進む「ねねの道」
お料理やさんや京都ならではの雑貨屋さんがあり
たどり着く途中も楽しいですよ。

キーママ様

そう、ママも色んな制限から
少し解放されるときが来たんだから
ノンビリと自由を満喫してくださいね。
やぐちゃん、本当に一大事にならなくて
よかった~
術後も順調ですか?
海クンも出ベソちゃんなんですよ。
いつもチェックしてないと!

イヴォンヌ様

沢山の京都のお寺の中でも
1番のお気に入りのお寺なんです。
「ねねさん」と言う戦国女性が好きなのかも。

No title

海ママさま
桜の京都、素敵!!
いい時期に行かれたんですね。
私は弾丸で行ってきまーす(^_^;)

桜が・・・美しすぎる~~~

No title

海ママさま
も一つありました!
「海晴れ」ちょうど今日、けやきをi-33で走っていたら
見つけたところでした。
雰囲気いいですね~ランチ!?いいですね~♪
近いしぜひ伺いたいです♪

PS,海くんのいたずら・・爆でした~~(^O^)

No title

こんばんは♪

今日は歴史を楽しみながらの徘徊レポートとなりましたねw いつものようなグルメレポや海クンのお茶目さが出てこなかったということは、いつもご主人がその種をまいているんだということがわかりましたよ(笑)

明後日、博多に青赤の輩が多くなると思いますが、お気になさらずに(笑)

No title

パパさんや海君と楽しむ桜も綺麗でしょうが
お一人で歴史や風情に浸る時間もいいことでしょう。
最後の桜すごいですね。
桜の噴水みたいです。いろんな桜があって見飽きませんね~!
福岡は早々に散ってしまいましたがママさんのお陰で
毎日お花見できて幸せです(o´ェ`o)ゞエヘ

ぎんママ様

まさに、「今でしょ!」の京都でした。
仕事のタイミングも良くて恵まれてましたよ。
ぎんママ様もパワフルに楽しんで来て下さいね
「海晴れ」お気づきになられたんですね~
お昼間から休憩なしでやってるそうですから
少し遅いランチとかでもイケそうです。
私もお昼に行ってみたいです。

にっしー様

先を急がず好きな所を好きなだけ楽しめました~
海君とお父さんのオヤジ組は
良いお昼寝が出来てスッキリしてましたよ(笑

あさみ様

邪魔者がいない1人見学って
心ゆくまでじっくりと楽しめますよね~
お堂の淵に座って空気を感じる事も
お父さんと一緒じゃ出来ませんから(笑
沢山の桜も圧倒されますが
こういう1本の桜も存在感があり素晴らしいですね。

いちこ♪

海ママさんのブログを読むとあちこち行ってみたいって
思ってしまいますが、ここも素敵ですね。

時間とマネーに余裕が出来たら(笑)ゆっくり校内旅行にも
行ってみたいなって思いますね♪

いちこ様

海クンもいるので行くところって言うのも
結構限られては来るんですけどね
海外とかに簡単に行けるなら
飛行機に何十時間も乗るのは無理だけど
釜山とかなら福岡からなら3時間半ほど
高速船に乗れば付きますから近くていきたいんですよ
二泊三日で安い時なら¥19,000とかですよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinmao.blog54.fc2.com/tb.php/1324-993ee8d3

 | HOME | 

プロフィール

maomao955

Author:maomao955
シーズの海君14歳になったでつ、海の日に生まれたから、海(かい)という名前でつ!うちべんけいの男の子で、おもちゃが大好きでつ、亀公園で散歩するのが日課でつよ。

みんなのLOVEパワー

1 Click Animalsへ

海家お奨め☆

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad