海とママの秘密

<< | 2017-08 | >> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

痛々しい姿でも

オランダ坂から東山手までぶらぶらと歩き

遥か下の駐車場までまた下りていくのですが




・搾シ蝕MG_5190_convert_20130520025324



海クンチョッとお疲れが出たのか

東山手のベンチでマッタリし始めてウトウトしてました

帰るよ~と何度か声を掛けるとやっと重い腰を上げたけど

お顔はやっぱり眠たそうです。

石の階段は海クンの足腰に負担がかかるので

お父さんに抱っこされて下りたんだけど。







IMG_5194_convert_20130520023709.jpg



写真を撮ってる私のカメラバッグを持って下さるのは有難いのだけれど

そのバッグに持ち方・・・

春吉とか住吉(繁華街の近くの町)にお昼出現する

「おねえ」のおじさんみたいだわ(爆

ワンコを抱いてバッグをこんな風に下げてらっしゃるの。

ニヤニヤ笑いながら後ろをついてく・・・あたし







IMG_5196_convert_20130520023735.jpg



IMG_5199_convert_20130520023753.jpg



駐車場の前に煌びやかな中国の建物があったのだけど

ワンコは入れないと書いてあったんで

外観だけ見た。





IMG_5202_convert_20130520023815.jpg




車に乗り込んだらすぐにお昼寝が始まった海クン

沢山歩いて頑張ったもんね


長崎市内から移動しようとしてる時にお父さんは何やら

またガイド本やらタブレットを見て電話してる。

私は寄りたい所があったんで

お昼寝の海クンの見張りをお父さんにお願いして一人でブラブラ。






2013-05-057_convert_20130520022407.jpg




また石畳の坂道を上がっていきますと

浦上街道の碑。

龍馬たちもこの道を歩いて長崎まで遥々やってきたのでしょう。


この街道のそばに






IMG_5208_convert_20130520023939.jpg



「片足鳥居」と言う原爆で片足だけになった鳥居が残ってるんです。

綺麗に半分が無くなってます。

この姿を見た時は悲しい気持ちになりましたよ。



片足鳥居の倒壊部分



IMG_5209_convert_20130520024000.jpg



 かつて山王神社の参道には、一の鳥居から四の鳥居までありました。

1924(大正13)年に建立されたこの二の鳥居は、

原爆爆心地からは南東約800mの所にあり、高温の熱線で上部は黒く焼け、

爆風で左半分は倒壊しましたが、右半分だけは笠石を載せたまま奇跡的に残りました。

爆風で笠石の部分は約5cm横にねじ曲げられましたが、

笠石と貫の一部で微妙にバランスを保って立っています。

(ガイドブックより)




IMG_5206_convert_20130520023915.jpg



山王神社第一の鳥居があった跡なのでしょうか。








IMG_5204_convert_20130520023851.jpg




一本柱鳥居はこの山王神社第二の鳥居でした。


この神社の入り口にあるご神木の大楠も






2013-05-058_convert_20130520022427.jpg



被爆の大楠として今もなお神社に祭られているんですね

1度は黒く焼け焦げて枝も葉も枯れて

中は空洞化しててもまた、こんなに青々して葉を茂らせている

生命力の凄さに感動。

この生命力にあやかりたいと参拝客も絶えないそうですよ。


















スポンサーサイト

コメント

No title

長崎でもこの辺りは見たことがありませんでした。
爆風のすさまじさ感じますね。

へ・・・
おねぇはこういう姿で歩くのですか。
日中は余りいることがないので。。。

No title

やだやだー!
パパさんがホントにおねえみたいに見えてきちゃうじゃないですか!(爆)

片足の鳥居も・・・大楠も・・・
なんとなく震災を思い出しちゃいます・・・。
こんなに青々と復活した大楠のように人間も頑張らないと!ですね。

そういえば!今夜ですね!放送日!
録画予約もしたけれど、見ますよ!

No title

異文化情緒の町並みに海辺のリゾート地や美味しい物の他にも
原爆の地としての長崎も忘れてはいけませんね。
小学生のときの修学旅行が長崎でした。

痛々しい姿というのは目を背けたくなりますが
過去の悲劇を知るにはこれほど学べるものはありません。
写真をみながら修学旅行で原爆被害を受けた地域の
ガイドのおじいさまのことを思い出しました。
実際に爆風に吹き飛ばされ、被曝された話。
痛々しい傷跡、丈夫でない体のなか
ガイドをしてくだったのは今でも印象に残っています。

うちまる店長様

もう25年ぐらい前にこの近くに知り合いがいて
チラリと見た記憶がありました。
その記憶をたどって行ってみたんですよ。
真横から見たら石が少しねじれてるのも分ります。

プププッ・・・女装しない「おねえ」のかたって
こんな風にバッグを提げて小型のワンコ買ってる方多いんですよ。
歩くときは内股です(爆

まるママ様

先日の哀愁を帯びた後姿とは全然違うでしょ~
内股で歩かないだけましですけど(爆

この鳥居も大きなクスも悲しい遺産ではありますが
今もなおその姿で立ち続けるところを見たら
勇気づけられる気もしますよね。
いよいよ今夜!ですよ~
どのくらいの枠で紹介されるのかは分りませんが
予告編でも兄たんバッチリ映ってました。
楽しみです。

あさみ様

今はどこを見ても穏やかな時間が流れてる町ですが
至る所に戦争の傷跡も垣間見ることができます。
何でもない石垣には原爆で変色してるとかね。
年々戦争の体験をされた方も
お亡くなりになってそのことを
実際に伝える人も少なくなってらっしゃいますが
決して風化させてはならない事実ですからね。

パパがおねぇに?

こんにちは!
そのうちパパが、内股で走らないことを祈ります(笑
長崎って、歩いてなんぼ、な観光地ですよね~。
海クン、頑張ってますね^^vv
片足鳥居はTVで見たことがありますが、実際に見るともっと感情が湧くんでしょうね。。。
長崎の歴史は奥が深い~。

No title

長崎は原爆の被害ありましたものね~
でもこの大楠すごいですね。ホントご利益ありそう♪

No title

海ママさま
長崎の街歩きは、異国情緒もありーのお寺巡りありーの、小道歩きーの。
楽しいですね。いろいろ思い出しながら一緒に歩いた気分♪フンフン♪

レモンステーキ・・・どうもよだれが・・・(~_~;)
フットワーク重すぎていつもよだれで終わっているなつ家です・・・哀

イヴォンヌ様

広島・長崎と大きな被害の出た街ですが
今は穏やかな時を刻んでいます。
大楠、素晴らしい生命力ででしょ~
イヴォンヌさんが言うなら間違ないですよ!

ぎんママ様

1年ぶりの長崎でしたが
今回見学したところはどこも
数年ぶりの場所でした。
観光名所もいいですが脇道にある
名所もまた楽しいですよね
レモンステーキ!最高でしたよ
次回はビーフシチューをとチャンスを狙ってます。

No title

オネエに ぷぷぷでした
そう言われると 海パパさんがそう見えてくるから不思議ですね
この鳥居見ると人間ってなんだろうと思いますが
大楠の木で救われますね
TV観ましたよ 
本当に感謝の気持ちが表れてるお店ですよね
サプライズも感動だし 私も味わいましたぁ(笑
息子くん もっと画面に出てほしかったよ~
びーはっぴー!

No title

ちょうどニュースで韓国の新聞記事のことを報道してました(原爆は神の……っていうコラムのこと)

戦争はいやですね…
原爆も、2度とあってはいけない。
痛々しい姿だからこそ訴えるものがありますね。


海くんのおねんね顔。かわいい~
気持ちよさそうv-343
縁側が似合いそうなお顔ですねv-392

ルーシーママ様

ねぇ!いるでしょ~
こんな感じの「おねえ」昔はオカマちゃんって言ってましたよね(爆
このバッグのさげ方が不自然なんですよ。
長崎にはいくつもこういう姿のままの物があります
被爆のマリア像なんて目の前で見たら泣けて来ますよ
だけどこの大楠の生命力を見て
みんな力が湧くような気がしてくるんじゃないでしょうかね。
TV見て頂いたんですね~
うん!居酒屋甲子園の壇上シーンでかろうじて出てたり
お店でもチラリと映ってたりだったね
だけどメインはカリスマ店長とお店ですから。
ちなみに、客席で大泣きしてたのは
螢グループの社長さんでした(爆

くっきぃ様

今でも世界のどこかで戦争は起こってますよね
テロもそうですが人と人が傷つけ合って
巻き込まれるのは子供や動物
弱きものばかりです。。。
人に迷惑かけないか来るされたとこで争いたいものだけ
争えばいいのにと思いますよ。

プププッ・・・海クンお爺ちゃんですからね~
縁側にお茶でも置いてると絵になりますよ(笑

No title

洋館でのお茶シーンもさることながら
大きなおリボン付きバッグを抱える海パパさん、ステキです(笑
マリン柄のシャツも海クンとお揃いでいいですね~♪
・・・って実は私も最近マリン柄のTシャツを3枚も買っちゃったんです!
えぇ、まるちゃんと私、何気にペアルックですのよ♪
この鳥居はよくぞ残りましたね・・・
原爆の爪痕を見るたびに、今ある平和に感謝しつつ、哀しみも後を引きます。

煌ママ様

お父さんまかり間違っても内股なんて勘弁ですよ~
大股でドスドス歩くのも煩いんですけどね。
とにかく長崎は歩く街ですよね
自転車とか街中で少し見かけるぐらいですしね
坂の上の方じゃ家賃も安いみたいですよ。
この片足の鳥居も見落としちゃいそうな場所にあるんですよね
この場所も焼け野が原だったそうですよ。

うっちー様

この姿を見て勉強になりましたよ
今度バッグを買う時は
お父さんに持ってもらうことを想定して
甘いデザインは避けたい!と言う事。
お父さんのシャツと海クンの揃いマリンスタイル
第二弾としてお父さんのポロシャツも
マリン柄をかったんですよ~
私のも欲しいけど親子3人ではお笑い家族ですよね(爆
この鳥居の他にも鳥居はあったみたいですが
影も形も無くなってて
当時の写真を見たら何もなくなった所に
この鳥居だけが片足で立ってました。
ホントに今ある幸せには感謝しないといけないですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinmao.blog54.fc2.com/tb.php/1344-9df1f84c

 | HOME | 

プロフィール

maomao955

Author:maomao955
シーズの海君14歳になったでつ、海の日に生まれたから、海(かい)という名前でつ!うちべんけいの男の子で、おもちゃが大好きでつ、亀公園で散歩するのが日課でつよ。

みんなのLOVEパワー

1 Click Animalsへ

海家お奨め☆

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad