海の美しい架け橋

道の駅で長い寄り道をしたら

今回の目的地まではもう目の前。





IMG_8177_convert_20131029203327.jpg




正面左手に見える島まで行くんですが

その島に渡る橋がとても素晴らしいんです。






IMG_8185_convert_20131029203344.jpg




青い海に掛かる美しい橋。



通行料金無料の離島架橋としては、日本第二位の長さを誇る角島大橋。





IMG_8199_convert_20131029203529.jpg



今からここを渡るんだよ~と思うとワクワクしてきます。






IMG_8186_convert_20131029203403.jpg




緩やかな山になってる曲線も優雅な感じがします。

海もとても美しくて白い砂浜もここの魅力だそう。

サーファーが沢山来てましたよ。

全国でも屈指の透明度を誇る海だそうです

息子クンにも教えてあげよう!



IMG_8187_convert_20131029203434.jpg



橋を渡って島の先端の方まで行くと





IMG_8188_convert_20131029203453.jpg




灯台も見られます。


明治9年に初点灯後、130年以上経った現在でも、

現役で毎日点灯している総御影石造りの洋式灯台、

「角島灯台」

公園もあって海クンのお散歩にもってこいだと思ったけど

この日は観光バスも多くて駐車場が満杯

仕方なくまた橋の方へ戻る事に。








IMG_8196_convert_20131029205307.jpg



反対から見ても本当に綺麗な景色です。





IMG_8198_convert_20131029203547.jpg




橋にも感動しましたが

この島でママは大興奮するもとに遭遇しました。

それは・・・また次回のお楽しみ~~






スポンサーサイト

Comment

  • ユーアイネットショップうちまる
  • URL

角島は渡船のときから何度も行きましたが、
とても、海も空気も綺麗なところです。

さぁ~何だろう。
続きも楽しみ。

  • くっきぃ
  • URL

キラキラしてますねo(^▽^)o
海の中をのびる橋が綺麗〜
コンクリートの椅って妙に景色とマッチして美しい!
海くん、海に浮かんでるみたいですねo(^▽^)o

  • パオママ
  • URL
色々

海くんファミリーはいつも素敵な所へお出かけしていますね!
やっぱり九州っていい所なんでしょうね~

あ、あの、前記事の返信で、パオママ様が2つありましたよ。
どなたか気づいていればいいですけど。

  • 海ママ
  • URL
うちまる店長様

この橋に来たんは2度目でしたが
前回は端をわたっちぇらすぐに引き返しました
店長さんの紹介してた灯台まで行きましたよ!

  • 海ママ
  • URL
くっきぃ様

南国ムード満点で
この高いから見てると
外国に来た気分でした。
砂浜にもおりたかったけど海クン
砂地は大嫌いなんで断念しましたよ。

  • 海ママ
  • URL
パオママ様

今の時期はどこに行くにも気持ちが良いですよ~
特にこの橋はこれから先の冬は寒くて
チョッと降りてゆっくり見るのはね(笑
前の記事のコメント教えて頂いてありがとうございました!
おかげで早目の修正できました(^^♪

  • まるママ
  • URL

ホントにキレイな海ですねー!
すごく青い!
そこに懸かる橋がステキ♪

ママさんを大興奮させるものってなんでしょう?
次回が楽しみです!

  • イヴォンヌ
  • URL

きれいな島と海の景色にかかる角島大橋すばらしいですね~♪
九州も見どころ満載ですよね~

  • 鈴猫
  • URL
ステキーーー(⌒∇⌒)

なだらかな道路がキレイな海と空に映えて、
とってもステキ(*^_^*)
そんな所で、何と遭遇したのかなぁ?
ゴジラ?ウルトラマン?<笑

何かしら?興味津々(*^_^*)

  • 海ママ
  • URL
まるママ様

正面に丁度いい住宅地があって
そこからの眺めが良かったんですよね~
この景色を毎日眺めて暮らすと清々しいでしょうね。
ワクワクの訳は懐かしい物との遭遇です(笑

  • 海ママ
  • URL
イヴォンヌ様

映画のロケでも使われる島らしいですよ~。
これだけのロケーションですからね。
博多とは違うお魚も豊富みたいですよ。

  • 海ママ
  • URL
鈴猫様

橋の途中から緩やかな上りなんですが
このまま空まで行ってしまいそうに気持ちが良いんです。
でもこの後、灯台にも行くんだけど
それもそっちのけする物を見るんですよ(笑

Leave a Reply










Trackback