海とママの秘密

<< | 2017-08 | >> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

伝え継ぐ力

お友達の息子ちゃんの歓送会沢山の友人達が集まり

またその中にはおじいちゃま、おばあちゃまも参加していられました。

友人のご両親、このご両親には私も若い頃から娘のように

可愛がって頂いています。

勿論我が息子クンも同じ。

北満州で幼少を過ごされて結婚

大変な時代の中御苦労されて、1958年に日本の地を踏まれるまでの

お話は幾度となく伺いました。

90歳になる今も矍鑠としてダンディでユーモア―溢れる素敵なお父様

お母様ともとても仲睦まじい。

そのお父様、この度本を出版されました



P3141855_convert_20160314235629.jpg



2年の月日を掛けて書かれた私小説

戦時中に日本の兵隊さん達がどのように暮らし生き抜いたか

そして・・・心の中に広がった大きな疑問。

私達が知らなかった事。

今現在の日本の在り方。

よむべき本だなぁと痛感させられます




P3131835_convert_20160315002418.jpg



お母様もまた満州での幼少期の事、人民解放軍に救われた話を

数年前に執筆されて「恐怖の逃避行」と言う本になり

六版を重ねて小学校の図書館にも置かれています。

この本もね涙なくしては読めませんよ。


お父様、まだこれからも続きを書く気満々。

ご夫婦のお話も書かれてて

少し読ませて頂いたんですがとても面白く心に響くものです。

今回の出版のお祝いでもあったんですよ。

もし書店などで見かける子会があれば手の取って頂きたい1冊です。



WN7k8QR6hrfkvVa1457968072_1457968125.jpg



お母さんの満州仕込みの餃子は最高に美味しいですし

ご夫婦仲良くこれからもお健やかに過ごして欲しいと願うばかり。

今は5人のお孫ちゃんみんなとても優しくて良い子で幸せだそうです



P3131854_convert_20160314212513.jpg



今年の8月に結婚が決まった1番上のお孫ちゃん

会うと必ずお爺ちゃんお婆ちゃんの耳掃除をしてあげるのだそうです

優しいお姉ちゃんね。

すぐに曾孫の顔も見れるかもね~って嬉しそうなお二人を見てると

私も幸せな気持ちになりました


CyKS0WEvGzRoC7h1457968256_1457968298.jpg



海くんも何だか羨ましそうねぇ~。


スポンサーサイト

コメント

あら、同年代。
いえ、私じゃないです、生きていれば父が、です。
父は大正14年の満洲生まれですにゃ。
ただ、父はもう少し楽に引き上げて故郷の岡山県津山で育ったような。
この年代の人たちは、家族によく体験談をしていた気がします。
だから自分たちは経験なくても、恐ろしいことがあったと耳や目で学びました。
こちらの本、その意味でとても大事だと思います。
わんにゃんが平和に暮らせるかどうかも、ヒトに懸かってるし。

お友達の息子さん、ご卒業、ご進学おめでとうございます。
みなさんにお祝いしてもらって素晴らしい門出となりましたね^^
皆さんの応援があるからこそ頑張れたのでしょうね。

そしてこちらのお父様の書かれた本、ぜひ読んでみたいと思います。
お母様が書かれた本は小学校に置いてあるという事は
子供も読んで理解ができるという事ですよね?
これはぜひ子供たちに読ませたいと思います!

戦争・・・

やだねぇ(T_T)
どんな生活になるんだろう?
想像も付かない事を経験されたんでしょうね。
亡き父が、シベリアは寒いねん、
ロシア人は嘘つきだって言ってました(笑)
今の政治に満足はしてないけれど、
今の平和は守りたいですよね(^^)

若々しくってしっかりされてるおじい様ですね~♪
家の父ぐらいの年齢です。この年代の方々の話はとっても貴重ですよね~

煌ママ様

ププッ、今日はお邪魔しました(笑
顔見て吹き出しそうにならなかったでしょうか(^_^;)

お父様と同じ年代の方々は色々なご苦労されてますよね
日本にいても激動の時代ですものね
そういう時を生きてこられた方は
やはり気高いというか品格も感じます。
今は平和ボケしてるなんて言われますけどね
私を含めて本当にそうだ!と思いますよ。

御夫婦そろって本を執筆されるなんてすごいわ!
それだけ語るべき経験をされていると言う事なんでしょうか。
辛い経験を次の世代のために形に残して下さるのはありがたいですね

今、日本はとても平和ですが
未来もずっと平和であるように
みんながそう思えばきっと大丈夫よね

海君、お耳掃除すきなの?
きっとお姉ちゃんにされてるのがうらやましいのよね(^^)

まるママ様

我が息子の時もそうでしたが
本当にあっという間に大きくなるんですよね~
ついこの間幼稚園の運動会にいったのにって感じ
沢山の親戚の様な友人達の応援団がいて
ある意味この子達は幸せですよね。

期会があればお父さんの本読んでみてください
リアルな体験とか描写とか引き込まれます。
お母さんの本もきちんと製本されてないんですが
これは子供ちゃんに読んで欲しいですよ
高学年、中学生にもなれば理解できる分りやすい言葉で書かれてます。
お母様の本、分けて頂けたら送りますね。

鈴猫様

想像もつかない現実ですよね
TVで見てる部分は美化されてると思うし
これだけ物が触れてて不便が無い私らは
生き抜く事自体できないかも。
鈴猫さんのお父様もシベリアを知ってらっしゃるんですね
大きな声じゃいけないけどさ。。。
やっぱりお父さんも「ロシ○はウソツキだといってますよ」

イヴォンヌ様

最近少し体調を崩されましたが
復活されてお元気そうでほっとしました。
実際に体験されたお話は本当に貴重ですね。

くっきぃ様

お父さんは北京大学で4年もお勉強されたかたで
お母さんは満州で保母さんだったの
お二人とも今でも中国語はペラペラですよ
物を書こうと言うバイタリティーが凄いわよね
後世に残したい!って一念が突き動かしてるのね。
戦争を知らない世代ばかりになるとちょっと怖いかもと
思う時があるんですよね。
ひとりひとりが思いやる気持ちって小さなことだけど基本よね。
海くんねお耳掃除大好きよ~
麺棒でフキフキするとウットリしてるの!(^^)!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

コメントわざわざありがとうございます
友人の御両親ですが私にとっても親のような方々
そしてこのお年増で仲良くされてることも
理想の夫婦ですよね
お母様は数年前に肝細胞がんを患われたんですが
ミラクルに復活されたんです
先生も驚くほどでした
それも過酷な時代を生き抜いてきた気持ちが
負けてないんですよね。
前向きな気持ち学ばなくちゃと思います
ママさんも今回の事では本当に不安な日々を送られた気とでしょう
それは1年前の私も同じですから
手に取るようにお気持ちは分るつもりです
お互いに何事も無く我が子が元気で戻って来たことに
感謝ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinmao.blog54.fc2.com/tb.php/2223-751403ad

 | HOME | 

プロフィール

maomao955

Author:maomao955
シーズの海君14歳になったでつ、海の日に生まれたから、海(かい)という名前でつ!うちべんけいの男の子で、おもちゃが大好きでつ、亀公園で散歩するのが日課でつよ。

みんなのLOVEパワー

1 Click Animalsへ

海家お奨め☆

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad