昭和にタイムスリップしたでつ!

青い海と空・雲・光・花、美しい物が全部ある広くて大きな景色の小豆島

次に訪れた場所は「二十四の瞳映画村」と言う施設です。




P1280432_convert_20120314013202.jpg

2012-01-29_convert_20120314013316.jpg



昭和27年に壺井栄さんが発表した小説で

ドラマや映画で何度か映像化されています。



瀬戸内海を見渡す海岸沿い約1万平方Mの敷地に大正・昭和初期の小さな村が出現しました。

これは、映画「二十四の瞳」(監督:朝間義隆、主演:田中裕子)の

ロケ用オープンセットを改築したもので、あの名場面がここで撮影されました。

昭和62年に制作されたオープンセットを壊されるのを惜しんだ町の人々が保存したそうです。







2012-01-283_convert_20120314013339.jpg




海沿いなので映画村の中にある橋の掛かる小川には

鯛やコブ鯛がいて餌付けされてるのか

人が近づくと鯉のように寄ってきます。






2012-01-284_convert_20120314013359.jpg


2012-01-286_convert_20120314013434.jpg


2012-01-285_convert_20120314013415.jpg


2012-01-287_convert_20120314013533.jpg


昭和初期の頃の家屋やお店を再現されてて

お土産屋さんや・小物雑貨やさんになってます。

私が生まれ育った時代はこれよりも後ですが

夏休みなどに母(天草)の田舎などに行くとこんな風景が残ってた記憶があります。

こんな風景の中を弟を引き連れて家と家の間を走って遊んだ懐かしい思い出が

急に甦ってきました。

最近の子供は、我が息子クン達の時代もそうですが塾に習い事、遊びと言えばゲーム、

あくせくした潤いの無い子供の生活。。。。。可哀そう。。。。

ゲームなんて無かったけど自分たちの育った時代がとても贅沢な

光り輝く時間に思えてきましたよ。













2012-01-288_convert_20120314013550.jpg


石細工のゴジラも売り物ですよ。




2012-01-290_convert_20120314013625.jpg




家と家との路地にはこんな懐かしい映画の看板もあります。

ゴジラファンのお父さん・・・食い入るように見つめてました。

本当はあの石のゴジラも欲しかったのかと・・・・・

昭和の任侠映画のスターさんの顔看板 「キネマの庵」

ここでは給食があの懐かしいアルマイト食器で食べれるそうです。





・搾シ撤1280495-1_convert_20120314013907



う~~ん「君の名は」・・・この映画のタイトルは知ってます

先日お亡くなりになった淡島千景さんが出てらっしゃるんですね。

佐田啓二さんと言う俳優さんは、中井喜一さんのお父さんだと聞きました。

そして・・・・私の得意とする真夏に怪しい女スタイル「マチコ巻」は

この映画から流行ったんだそうです(母に聞きました)








P1280458_convert_20120314014042.jpg



磯の香りがする本当に綺麗な海

なんでか、五右衛門風呂が作ってあったり

少し風が強かったり・・・・・・





2012-01-289_convert_20120314013607.jpg



ね!海クンのお耳がパタパタとはためいてたんです。


映画村レポは後編に続きますよ。。。。

次回も本当に懐かしい~~~~











御願い

北九州小倉南区津田南町の自宅から行方不明になってる

コーギーのゼロ君8歳を捜しています。

129558371643916106595-2.jpg

ゼロ君らしきワンコが女性と散歩していた

との目撃情報もあっています。

今一度何か思い当たる事が無いかご近所の方ご注意お願いたします。

詳しい特徴や情報は

http://lovelyshihtzu3.blog50.fc2.com/ こちらまでお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment

  • ユーアイネットショップ店長ウチマル
  • URL

懐かしいなぁ。
後半は実際ロケに使われたバスと校舎ですね。

そういえば、島内を走る観光バスはボンネットバス。
島全体が昭和の香りがしますね。

  • 煌ママ
  • URL
鯛が・・・。

せっかくの二十四の瞳な感動のロケーションなのに、私の目はコブ鯛クンに釘付けに(笑
懐かし過ぎな家々ですねー。
子供の頃しばらくいた阿蘇の山奥の町外れを思い出しました。
「君の名は」はタイトル知ってるけど見てません^^;

寧々ちゃん、ホントに多くの方に可愛がられてましたねー。
明日、私もお花を・・・と思ってたんですが、違うのにしようかな。。。
これからは、ふわふわな寧々ちゃんがお母さまと一緒なんですね。
海クンとの可愛らしいツーショットも、たくさんお持ちでしょうね。
また拝見させて下さい♪

  • まるママ
  • URL

そうそう、小豆島というと『二十四の瞳』ですね!
と言っても見たことないんですけどe-456
「マチコ巻き」は私より年下の友人から教わったんですよ。
彼女はなぜ知っていたのでしょう???(笑)

寧々ちゃん、にぎやかでいいですね。
海くんのほほえみ・・・大爆笑でしたe-454
こうやってみんなに懐かしんでもらえたら寧々ちゃんも嬉しいでしょう!

  • うっちー
  • URL

海くんのはためくお耳に萌v-347
ゴジラは我が家のぷぅさんかと見間違えましたよ(爆
小豆島ってたくさん観光するところがあって驚いてます!
オリーブと醤油と素麺の島だと思ってたのに! ←食べ物ばかりv-403
私達の子供の頃、たぶん自分が親の立場だったら冷や冷やするほど
キケンやケガと隣り合わせでしたけど
思いっきり体を動かして遊んで、いかにより楽しく遊ぶことができるか
頭をフル回転させてましたよね~
今の子達は「疲れた」という言葉を使ってるからビックリですv-356
そんな言葉、大人になるまで知りませんでした(爆

お母様の寂しさを見守る海ママさんもお辛いですねv-390
今はこんな事を言う時期ではないことは重々承知ですが、
落ち着いたら、どうかパートナーを。
実は私の母も健ちゃんの急逝ですごくすごく落胆したんです。
すっかり弱気になっていた母に、新しい家族を迎える準備を
してあげれば良かった・・・と後悔してるんです。
やはりいつも寄り添ってくれるコの存在は大きいですものね。

  • ルーシーママ
  • URL

昭和の街並み 懐かしいですね
昔 近所にもちょっと奥に入ると木の塀の家がありましたよ
遊びといえば鬼ごっことかゴム段とか体を使ってました(一体 幾つじゃい???v-407
マチコ巻き・・・海ママさんの姿を思い浮かべてニヤニヤしちゃいますv-391
寧々ちゃん たくさんのウマウマとお花に囲まれて嬉しいですね
お母様のお誕生日 きっと寧々ちゃんもお祝いに参加してたことでしょうv-410
我が家も未だに そ~っとリビングドアを開けたりして。。。 
ああ居ないんだっけと思うことしばしばです

  • 海ママ
  • URL
うちまる店長様

そうですよ!次回は校舎の中の見学です。
木造校舎を懐かしんでくださいね~。
小豆島、本当に時が止まった町の様です。

  • 海ママ
  • URL
煌ママ様

私もね、このコブ鯛には衝撃でしたよ!
最初ちょっと気持ち悪かったけど
見てるうちに愛嬌が出てくるんですよ。
私の住んでた粕屋町、隣の志免町との境位には
炭鉱の住宅が沢山あって
その光景を思い出しました。

煌ママさんお気持ちだけで本当に嬉しいですよ。
母が仕事に出てた時間は
お留守番でしたがこれからは何時も一緒にどこでも行けますよ。
寧々ちゃん写真も沢山あるんで
少しずつ編集して行きます。

  • 海ママ
  • URL
まるママ様

私も二十四の瞳は見た事無いですけどね。。。
この映画村自体が本当に全て懐かしいんです。
ストーリーを大体ザーッと読んで見た気分ですv-398

寧々ちゃん・・・いつもお花に囲まれて
本当に賑やかですよ。
まるでそこに座ってるみたいに見える時もあるんです。
出てきて動いてくれたらいいのに・・・

海クンの不気味な笑いみて家族でも大爆笑。
なんでこんなに人間ぽい顔するんでしょうかね(爆

  • 海ママ
  • URL
うっちー様

写真見なおして海クンのダンボのようにはためいてる
耳に気が付きましたよ(笑
ゴジラの石……危うく購入しそうになるお父さんに
たまがりましたが、断固阻止させて頂きましたv-431
私の子供の頃も田舎暮らしでしたから
少し入り込むとこんな住宅多かったですよ。
マキでお風呂沸かしてるお友達の家もあったし。
そのお手伝いのマキ割を喜んでしてました。
何でも遊びに変えてたんですよね~。
そんな事も思い出しましたよ。

今日も母の所に行ってきましたが
海クンが行くと嬉しい反面
何で寧々ちゃんは・・・とまた涙です。
最近は家の前を行くワンコも見たくないんて言う始末です。
やはり、新しい子を迎えたい反面
寧々ちゃんと比べそうで怖いんだと思います。
まだまだ時間がかかりそうですが
きっとご縁のある子が寧々ちゃんの
生まれ変わりに来てくれると思ってます。

  • 海ママ
  • URL
ルーシーママ様

まるであの「三丁目の夕日」の世界ですよ。
ゴム飛びって私達は言ってました。(同じ世代ですよね~)
道も、今のようにアスファルトじゃなくて砂利道で
転ぶと痛かったですよね~。
秘密基地とかも作って帰りが遅くなり
つめだされた事もあったりね。
懐かしいですよ~~
マチコ巻も4月に紫外線が多くなるとまた登場ですよ
平成のマチコ巻と言えば私ですかね(爆
家の至る所に寧々ちゃんの写真だらけですよ
寧々ちゃんの食べた事無いお菓子まで
置くところが無いぐらいにお供えしてます。
これじゃ寧々ちゃんおでぶになっちゃいそうですね。
ルーシーさんもそりゃ~存在感と言う意味では
大きな大きな宝物でしたもんね。
私でさえ今でもルーシーさんの写真見て涙が出ることも
たまにあるし・・・・v-409
寧々ちゃんもルーシーさんも
叶う事なら本当に帰って来て欲しいばかりです。。。

Leave a Reply










Trackback