Post image

法隆寺での忘れ物

。法隆寺観光の後編ですわずかに咲き始めた桜にウットリ。海くん達も今年の初桜を楽しんだのかどうか・・・最近、食欲旺盛な海くんは何を見ても食べた~~い美味しそうに見えるんですかねぇ。大講堂の中もカートでお邪魔させて頂きました改修j工事に伴って瓦が奉納できると言うのでケロ家・海家それぞれ一枚ずつの奉納瓦には直接奉納者の名前を書き入れますお習字の達人、ケロパパさん、カッコ良いですね~。この瓦がまた長い年月...

Post image

法隆寺へ行こう!Ⅰ

福岡の桜もすっかり終わってしまい新緑の綺麗な季節の到来です。ブログの世界はと言うと。。。桜の咲き始めをウロウロしてる状況です。期待したほど咲いてなかった奈良の旅に巻き戻ります。明日香路から世界遺産の観光へ向かいます奈良は世界遺産の多い地域ですが今回は時間の関係で法隆寺、一か所の見学です。法隆寺にも海くん達、カートやバッグに入ってるとお参りできます。法隆寺もただいま改修工事の真っただ中明治36年(1903)...

Post image

ミステリアスな石

奈良の明日香地域には幾度か訪れたけど今回紹介するのは初めて見た物石舞台から北へ向かうと小高い丘の上にある竹やぶに突如現れる謎の石があります。その史跡へ行く途中に復元された石垣さらに竹林を進むと「酒船石」と書かれた石の下に大きな大きな石石の長さは5m、幅2.3m、厚さ1mの花崗岩のこの石は酒船石と呼ばれています。宇宙人のメッセージを思わせるような模様が特徴です。昔お酒を搾(しぼ)るのに使ったとか、薬を使うの...

Post image

夫婦仲良く

奈良観光はお昼ご飯を求めて移動します途中でケロママさんが見てみたいとおっしゃってた天武天皇・持統天皇陵へ立ち寄りますこちらも田園の道路沿いに小高い山として存在しています「天武天皇と持統女帝の合葬陵です」 律令国家の形成という壮大な夢を夫婦で成し遂げ、いまは同じ陵に眠っています。 文暦2(1235)年に盗掘にあったと記す『阿不幾乃山陵記』によると、全長約7.5mの横口式石槨の中には、金銅製の棺台の上に置かれた...

Post image

古墳パワー(*^^)v

今日はとても良い報告からです煌ママさんのお宅から脱走していた来楠ちゃんですが昨日無事に保護されましたご心配・応援いただいた皆様には心より御礼申し上げます来楠ちゃんが彷徨っていた期間は福岡、悪天候でしたが怪我もなく元気でいたようです。本当に良かった~~これで安心して奈良の旅の続きに行けます。飛鳥寺でお勉強をした海くんは高松塚古墳公園でお散歩に向かいました。綺麗に整備された遊歩道を足取りも軽く歩く海く...