FC2ブログ

ハロン湾ククルーズ奇岩群編

世界遺産ハロン湾へ出掛けて

美味しいクルーズランチを食べてると

景色は湾の中の大きな奇岩が浮かぶ様子に代わりました。




IMG_0157_R.jpg



いくつかの岩には名前があったり

その意味があったりと、説明を聞くのも楽しいですよね




IMG_0155_R.jpg


ぽつりと離れてるこの岩は

その名もまさに「孤独」というらしい。



IMG_0158_R.jpg



これは夫婦岩だね。

鳥が向き合ってるみたいに見えます。




IMG_0146_R.jpg


同じようなクルーズ船が湾いっぱいに行きかう様子をみて

天草のイルカウォッチングの客船団にも似てるなぁって思いました。

中にはお船のホテルっていうのもあって

その船は結構大きくて一泊2万円位だそうですよ。

ハロン湾にお泊りするのも最近の欧米からの観光客に人気らしい。


2019-01-164_convert_20190201013254.jpg



これは香炉岩と言ってベトナムの紙幣にもなってる

ハロン湾の象徴のような岩だそうです。

ちなみに200,000ドン紙幣ね。

ちなみに20万ドンとはゼロを2つ取ってそれを半分にした金額が

日本円の額らしいので、1,000円という事。



IMG_0165_R.jpg



IMG_0166_R.jpg


ハロン湾で生活する人もいますよ。

漁師さんが多いみたいですね



IMG_0159_R.jpg



面白い岩もまだあります


IMG_0175_R.jpg

ニャンコちゃんがこちらを見てるような

猫岩もあれば



IMG_0178_R.jpg

犬岩もありました。


そうこうしてるうちに次の観光エリアに到着

次は一度船を降りて鍾乳洞見学です。


ハロン湾クルーズランチ編

早いもので今日から二月ですね。

何だか時間が砂のように手の平から零れ落ちていくようにさらさらと

過ぎていくように感じます。

急いでベトナム旅行記の写真の編集もやらなくちゃ

他にも色々と書きたいことも溜まる一方ですよ。

さて!ベトナムでのお仕事もチョコットこなして観光へと行きましょう。

ハノイから高速道路を使って休憩なしでの3時間。

高速はほとんど車はなくてスイスイですよ。




IMG_0130_convert_20190201015555.jpg



ハロン湾」は、ベトナム北部の街であるハロンの南に位置する自然世界遺産です。

その光景は美しく、数多くの奇岩や島が点在している世界でも珍しい場所となっています。

中国で有名な世界遺産「桂林」さながらの景色から「海の桂林」とも呼ばれ、

自然の神秘を感じられる観光スポットとして世界中から観光客が訪れます。

(ガイドHPより)


ここで自然がおりなく美しい景色を愛でながらクルージングだそうです。

その前に、観光地にどこでもあるお土産屋さんや売店をチラリと。

どこへ行っても売ってるのはフルーツ


2019-01-16_convert_20190201013115.jpg


これはベトナムのリンゴで日本の姫リンゴ位の大きさ

研修生達は日本のリンゴは大きくて甘いというのも納得




2019-01-161_convert_20190201013144.jpg


日本では高いトロピカルフルーツも100円とか。

そしてこの旅で一番気になったというか

買おうか迷ったのが、グロテスクなトカゲの干物??

これは漢方だと思うけど、何やら感じで「鼻炎」とかいてあって

鼻炎に効くと見た!!

これからの季節先鼻炎で苦しむ私は心が揺れたけど

これを煎じて飲む勇気がなくて。。。。

結局買ったのは


2019-01-162_convert_20190201013208.jpg



マンゴーとカシューナッツ

カシューナッツはベトナムの名産だからね!


IMG_0137_R.jpg


やっと船着き場へ到着

クルーズ船がここ狭しと停泊中。

なんとも贅沢に、私たちは1艘貸し切りでの観光です。




IMG_0144_R.jpg



IMG_0140_R.jpg



クルージングしながらランチを頂く事に。

このランチがとても豪華。


2019-01-163_convert_20190201013228.jpg


ゆでた蟹にエビ。

プリプリのエビはご親切に皮も向いてくれるサービス。

蟹はとても甘くて美味でございました。

この後も続々とお料理が出て、お腹もパンパン。




20190116_125502_convert_20190201013800.jpg



20190116_131146_convert_20190201013821.jpg


定番の春巻き、中身の具はここでは海鮮。

お魚のあんかけみたいな物も時々研修生が作ってくれて

食べた覚えがあるお味。

でも、これを食べたのも私と通訳さん。

男性陣はNGでした。。。美味しのにねぇ。。。

美味しい美味しいと躊躇なく食べる私に「慣れてますねぇ」と感心されてたけど

通訳さんは「先生はベトナム人だから」と言い爆笑してた。

ただね、ここまで食べといて何ですがこの旅で唯一食べれなかったのが


20190116_124021_convert_20190201013543.jpg


蒸した牡蠣。

行く前に理事長さんから、貝類には手を出してはダメですよ。と

釘を刺されてたので

それでも一応、事務局のF女史にラインで写真を送り

これ食べてもいいでしょうか?とお尋ねしたところ

「当ると酷いですから止めてください」との返信。

泣く泣く食べる事を断念しました。

食事が終わるとお船の中でのお土産販売

次から次へ民芸品やら石やら出して来て笑えた。


IMG_0145_R.jpg




で、肝心の美しい景色とやらは

写真が多いんでまた次回ね。

ハノイの街中で

ベトナムへ行ってる間は

雨こそ免れましたが毎日曇り空


IMG_0217_R.jpg



ホテルのお部屋から見える景色も

晴れてると綺麗だったかも。



P_emBQwtTVM7vB31548518900_1548518940.jpg



この日は3時間ほどかけ、観光に出かける予定。

その前にちょっと町へ


IMG_0116_R.jpg



車窓からじゃわかりにくいですが

道端では床屋さんが開店(笑

100円ほどで切ってくれるんだそうです。


IMG_0118_R.jpg




IMG_0117_R.jpg


前夜はよく見えなかったけど

高層ビルの裏側にはこういうアパートがいっぱいです


IMG_0119_R.jpg


IMG_0122_R.jpg



ビル建設中、こんな感じの工事中のビルが多いんですが

どの現場にも人の気配はありません。

平日なのに???



IMG_0129_R.jpg


建設中なのか解体中なのかよくわからないけど

これはもうほぼ出来上がりらしい

外構工事が途中のように見えますけど・・・足場は?

コンクリートのままの部分がありますが

この後塗装するそうです。。。。どうやって?

ほかの場所でしたが上からワイヤーでぶら下がって塗ってる

衝撃的な作用を目にしましたよ(驚



IMG_0123_R.jpg


ベトナムのお金に両替してくれるのは金を売るお店

レートがいいそうです。

横には携帯のお店。

通訳さんのiPhoneの画面が割れてて

日本の携帯会社で修理してもらうには¥18,000と言われたらしいけど

このお店では¥2,000で新品になって帰ってきました(安いねぇ


IMG_0125_R.jpg



IMG_0124_R.jpg



バイク軍団が来たかと思えば

それに交じって躊躇することもなく

荷台いっぱいに段ボールを積んだ自転車も通り過ぎます。

こんなの、少ないほう。

もっと山のように積んだのも見たよ。


IMG_0127_R.jpg


バイクの人の中によく見かけたこのグリーンのジャンバー。

この人はバイクタクシーの人らしい

Grabという会社で明朗会計で安心らしい

おじさんに「安いよ」って声かけられて乗ってボッタクられることもあるんだって。

この後は高速に乗り、3時間

世界遺産観光へ向かいますよ。







ハノイの夜

夕方のラッシュに巻き込まれて、近いはずのホテルまで

なかなかたどり着けないでいましたが、

その間も車中から見るハノイの街は楽しいもので

立ち並ぶお店にも興味深々です。



IMG_0084_R.jpg


これは、日本でいうところのカラオケの店。

カラオケボックスのように、各部屋に分かれてるんじゃなくて

知らない人も一緒に和気あいあいと歌うよう見たいですね(笑

ベトナムの若者はみんなカラオケが大好きですから。



IMG_0085_R.jpg


IMG_0087_R.jpg



駄菓子屋さんと日用品のお店が合体したような

昔田舎に行ったらこういうお店日本にもありましたね。

アイスクリームのお店もたくさん。

お料理は辛い系も多いんですがスイーツも大好きなベトナムの人達。



IMG_0086_R.jpg


IMG_0088_R.jpg



細い道幅で対向車のバイクはすぐ横をすり抜けていきます

身がすくむような感じ(笑

ホテルに行くより先に夕ご飯に行こう!ということになり

案内されたのは



IMG_0092_R.jpg



地元の方々にも人気のベトナム料理屋さん





IMG_0093_R.jpg


店内もベトナムの雰囲気漂うお洒落なお店です。


C81nibJqLLaLRms1548338507_1548338563.jpg



とても日本語がお上手で美人な通訳さんから

お料理の説明を聞いてますねぇ



私は食べたいものはすでに決まっててまずは



2019-01-152_convert_20190124223022.jpg




ブンチャーといって、米粉の麺に

炭火焼の味付き豚肉とお野菜をタレに付けて食べる

ポピュラーなもの。

フォーよりも好きかな。

ベトナムといえばエビ料理も有名です。




2019-01-151_convert_20190124222821.jpg



これはお好み焼きに似てて、ちょっと違うのは食べ方

カットしては生春巻きの皮に巻いていただきます。

バインセオといいます。


2019-01-15_convert_20190124222800 - コピー


勿論、あげ春巻きも忘れずに。

いつも研修生たちが作ってくれてるのと同じです。

他にもいろいろ食べたけど、しっかり撮り忘れていますね(滝汗

なんと言ってもシントーっていうフルーツスムージーが美味しくて

日本じゃお高いマンゴーも贅沢に2~3個使ってジュースにしてくれます。

日本で飲んだら1000円でも足りないと思うけど

ここじゃ300円ぐらい。

レストランでですからね~。

「街角で飲んだら50えん円だよ!先生」との事。

私は何でも躊躇なく食べれるんですが、慣れてるとも言うけど。

男性陣はやはりヌックマムという調味料の匂いが気になるらしく

ナンプラーなんですけどね(笑

私は本場のベトナム料理に大満足、お腹も満足でした。




IMG_0105_R.jpg


IMG_0104_R.jpg


ホテルも一番の中心地にある、地元の「ハノイホテル」交通の便もよろしいらしい。

ハノイじゃ4つ星ホテルだそうです。

お部屋も広々でしたよ。


IMG_0109_convert_20190124232430.jpg



IMG_0108_convert_20190124232405.jpg



バストイレも狭いユニットじゃなくて快適。


2019-01-153_convert_20190124223038.jpg



数日間過ごすのには文句なしです。


さて!一日中お付き合いしてくてた海君も


Wq3sPFcmNfjHNYZ1548335995_1548336163.jpg


快適お部屋でゆっくりとしていただきましょう。







日本語学校見学

田舎の集落の中にひときわ大きな施設が見えてきて



IMG_0057_R.jpg


ここが日本語の学校です。

看板に日本語の表記もありました。




IMG_0060_R.jpg


IMG_0063_R.jpg



何棟もの建物があり

男女別れての寮だったり、教室だったり

実習施設だったりしています。

ここで行き先の企業が決まった研修生は

4カ月~5カ月ほど、日本語の勉強をします。

そして、日本へやってきた後は、私が一カ月

日本での生活や日本語、専門用語などを教えるという訳



IMG_0064_R.jpg



それぞれのお勉強の進み具合により

授業の程度も分かれているようです。

街の方の学校には日本人の先生もいるらしいですが

このセンターにはいらっしゃらないみたいね。




IMG_0065_R.jpg



こちらは寄宿舎


IMG_0061_R.jpg


IMG_0062_R.jpg



企業さんとの面接室

候補生たちは緊張してるみたいでした。

覚えたての日本語で自己紹介をしてくれるんですが

皆さん、ここでお勉強してる時間はほぼ同じぐらいなのに

この時点ですでに差がかなりあります。

全然喋れない子、ビックリするほどに流暢に話す子

日頃の成果がうかがえました。




IMG_0066_R.jpg


IMG_0071_R.jpg



日本とのやり方が違うためにあまり参考にはなりませんが

実技も見せてくれます。

てきぱき動く子、同じ研修生に指示されてる子それぞれです。

これで面接は終了して結果が出る事になります。

私も学校の方に教えてほしいことなど、要望を伝えて

視察は終了しました。




eUPPe5V4LB1PcQ21548163241_1548163273.jpg


ここから小一時間ほどかけてハノイの街へ移動しました。



IMG_0073_R.jpg


IMG_0078_R.jpg



ハノイ市街へ入る頃は夕暮れ。



IMG_0080_R.jpg

IMG_0081_convert_20190122230731.jpg


街中に進むにつれ丁度帰宅ラッシュの時間みたいで

バイクが多くなってきました。



IMG_0083_convert_20190122231029.jpg


ホテル近くになると

周りをバイクに囲まれて大渋滞になりました。

しかし・・・・噂には聞いてましたが

このバイクの運転が凄い。

三人乗りなんて普通ですし、逆走もありですから(大汗



何気に横を見ると




IMG_0082_convert_20190122231055.jpg


何事もないように牛さんが繋がれてたり

この後も「えぇ~~」と仰天することは沢山ありましたよ。